米国はウクライナ紛争の外交的解決を支援する用意?: ずくなしの冷や水

2022年06月25日

米国はウクライナ紛争の外交的解決を支援する用意?

次のツイートはソースが確認できませんが、来週の動きで確認です。

ブリンケン:

米国は、ウクライナの紛争に対する外交的解決策を支援する準備ができています。

そのメッセージが来週の今度は一貫しているかどうか見てみましょう。


・・・・

ウクライナ紛争が外交的な解決に向かうことになれば、結論が出るまでに時間がかかるとしても、金融市場にインパクトがあるでしょう。
2022/6/24の米国株式市場は、ダウが823ドル、2.68%の上昇となりました。これは、ミシガン大学が発表した6月の消費者態度指数が低かったことが影響したと言われていますが、おそらく米国金融界では、上の情報が早くに流れていたでしょう。

ただ、ブリンケンの言葉をそのように受け止めない意見も多いです。


しかし、米国はウクライナ紛争を止める以外には物価高騰を抑える手段を持っていません。

US makes confession about skyrocketing food and energy prices
The Federal Reserve has no tools to deal with the problem, Jerome Powell says
US Federal Reserve Chair Jerome Powell on Thursday vowed to do whatever it takes to tackle inflation but admitted he can’t control some cost spikes, including food and prices at the pump.
Powell told the Senate Banking Committee he doesn’t expect gas or grocery prices to fall as a result of the Fed’s campaign of rate hikes.

“There’s really not anything that we can do about oil prices,” Powell said, explaining that “they’re set at the global level.”

According to the Fed chair, the Covid-19 pandemic and the war in Ukraine have added to inflation pressures across the world. He noted that global supply chains are still experiencing strains, which the Fed doesn’t have the tools to address. Surging food prices “would certainly be much lower” if not for the war in Ukraine, Powell stated.

Price pressures have continued to build for months, forcing the US central bank to ramp up its tightening of financial conditions. Last week, the regulator raised rates by three-quarters of a percentage point in its biggest hike since 1994, signaling that the economy is continuing to weaken.
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は24日、インフレに対処するために必要なことは何でもすると宣言したが、食料品や給油所の価格など、一部のコスト上昇を抑えることができないことは認めた。
パウエル議長は上院銀行委員会で、FRBの利上げキャンペーンの結果、ガソリンや食料品の価格が下がることはないと述べた。

"原油価格について我々ができることは本当に何もない "とパウエル氏は言い、"世界レベルで決まっている "と説明した。

FRB議長によると、Covid-19のパンデミックとウクライナ戦争が世界的にインフレ圧力に拍車をかけている。FRB議長によると、世界のサプライチェーンは依然として緊張状態にあり、FRBはそれに対処する手段を持っていないと指摘した。パウエルは、ウクライナ戦争がなければ、食料品価格の高騰は「確実にもっと低くなっていただろう」と述べた。

物価上昇圧力は何ヶ月も続き、米中央銀行は金融引き締めを強化せざるを得なかった。先週、中央銀行は1994年以来最大の4分の3ポイントの金利引き上げを行い、経済が弱体化し続けていることを示唆した。

IMF sees significant downside risks for US economy growth in 2022 − IMF Chief
IMF Managing Director Kristalina Georgieva noted that, the US economy is unlikely to avoid a recession
WASHINGTON, June 25. /TASS/. Experts of the International Monetary Fund (IMF) think that there are significant downside risks for the US economy this year and especially next year, IMF Managing Director Kristalina Georgieva said presenting the annual report on the state of the American economy in Washington.

"We see very significant downside risks [in the US economy] this year and especially next year," she said. Georgieva noted that, according to the baseline scenario, which is being considered by the IMF, the US economy is unlikely to avoid a recession.

High energy prices pose risks to the global economy and also affect the pace of its development, Georgieva told.
posted by ZUKUNASHI at 13:32| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。