ワクチンがサル痘の原因?: ずくなしの冷や水

2022年06月23日

ワクチンがサル痘の原因?



・・・・・

自己免疫性水疱形成疾患なら感染性はないですよね。
よくわからないです。

以下は参考
Autoimmune Blistering Disorders
Medically Reviewed by Stephanie S. Gardner, MD on September 16, 2020
What Are Autoimmune Blistering Disorders?

Autoimmune blistering disorders (also called autoimmune blistering diseases or autoimmune bullous disorders) are a group of rare skin diseases. They happen when your immune system attacks your skin and mucous membranes -- the lining inside your mouth, nose, and other parts of your body. This causes blisters to form.

Researchers have found many types of this disorder. Although there's no cure for them, your doctor can give you treatments to help heal the blisters and prevent complications.
Types of Autoimmune Blistering Disorders

Autoimmune blistering disorders are broken down into different types. These are some of the main ones:

Pemphigus is a group of disorders that cause blisters to form on the skin and inside the mouth, nose, throat, eyes, and genitals. They are soft and can break open easily.

Pemphigoid is another group. It has three main types:

・ Bullous pemphigoid usually affects people older than 70. It causes itchy blisters to form on the arms, thighs, and belly.
・ Mucous membrane pemphigoid affects the lining of the mouth, eyes, nose, throat, and genitals.
・ Pemphigoid gestationis affects women during pregnancy or just after their baby is born. It starts as a bumpy rash on the belly, arms, and legs. Then the bumps turn into blisters.

IgA mediated bullous dermatoses are disorders in which the immune system makes a lot of immunoglobulin A (IgA), a type of antibody that fights bacteria, toxins, and viruses. It comes in two types:

Dermatitis herpetiformis affects people with celiac disease (who are sensitive to the wheat protein called gluten). It causes clusters of itchy blisters to appear on the elbows, knees, scalp, and buttocks.
Linear IgA disease causes new blisters to form a ring around old ones on the skin. This is sometimes called a “cluster of jewels.” This type affects mucous membranes, too.

Epidermolysis bullosa acquisita mostly affects middle-aged and older adults. It makes the skin so fragile that blisters form from minor injuries.
Autoimmune Blistering Disorder Symptoms

The places on your body where blisters form depends on which disorder you have. Some types cause blisters to grow on the skin. Other types cause them to form in the mucous membranes that line the mouth, nose, throat, eyes, and genitals.

They can be painful or itchy. They can break open and leave a sore.

自己免疫性水疱症とは?

自己免疫性水疱症(自己免疫性水疱症または自己免疫性水疱症とも呼ばれます)は、まれな皮膚疾患の一種です。免疫系が皮膚や粘膜(口や鼻など体の内側の粘膜)を攻撃することで発症します。これにより、水疱が形成されます。

この病気は、研究者によって多くの種類が発見されています。治療法はありませんが、医師は水疱を治し、合併症を予防するための治療法を提供することができます。
自己免疫性水疱形成疾患の種類

自己免疫性水疱症は、様々なタイプに分類されます。その中でも主なものを紹介します。

天疱瘡は、皮膚や口、鼻、喉、目、生殖器などの内部に水疱を形成する疾患群である。水疱は柔らかく、簡単に破れてしまいます。

天疱瘡は別のグループです。主に3つのタイプがあります。

水疱性類天疱瘡は、通常70歳以上の人がかかります。腕や太もも、お腹にかゆみを伴う水疱ができます。
粘膜天疱瘡は、口、目、鼻、喉、生殖器の粘膜が侵されます。
妊娠性天疱瘡は、妊娠中または出産直後の女性が罹患します。お腹や腕、足にぶつぶつとした発疹ができるのが始まりです。その後、隆起が水疱に変わります。

IgA介在性水疱性皮膚炎は、免疫系が細菌や毒素、ウイルスと戦う抗体の一種である免疫グロブリンA(IgA)を大量に作る疾患である。2つのタイプに分けられます。

疱疹状皮膚炎は、セリアック病(グルテンと呼ばれる小麦タンパク質に過敏な人)の人が罹患します。肘、膝、頭皮、臀部などに、かゆみを伴う水疱が多数発生します。
線状IgA症は、皮膚にできた古い水疱の周りに新しい水疱が輪のようにできる病気です。これを "宝石の集まり "と呼ぶこともあります。このタイプは粘膜も侵されます。

後天性表皮水疱症は、主に中高年が罹患します。皮膚が非常にもろくなり、ちょっとしたケガで水ぶくれができます。
自己免疫性水疱症の症状

水疱ができる部位は、どの疾患に罹患しているかによって異なります。あるタイプでは、皮膚に水疱が生じます。また、口、鼻、喉、目、生殖器などの粘膜に水疱ができるタイプもあります。

水疱は痛みやかゆみを伴うことがあります。水ぶくれが破れて、ただれが残ることもあります。

Deeplで翻訳
posted by ZUKUNASHI at 21:57| Comment(0) | サル痘
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。