ロシア南部の炭疽病の症例: ずくなしの冷や水

2022年06月23日

ロシア南部の炭疽病の症例

Anthrax in southern Russia: What we know so far
A woman in Stavropol region has been diagnosed with the dangerous bacterial infection
Anthrax in southern Russia: What we know so far
A woman in Stavropol region in southern Russia has been diagnosed with the dangerous bacterial infection, anthrax, local authorities said on Tuesday.

Stavropol region governor Vladimir Vladimirov took to Telegram to announce that he had received “information that required utmost attention” about a resident of the village of Rozhdestvenskaya having contracted anthrax.

The female patient was in a satisfactory condition, with medics looking after her. The woman’s life was out of danger, the governor added.
What is anthrax?

Anthrax is a serious infectious disease, caused by the Bacillus anthracis bacteria, that is sometimes found in rural areas and most commonly affects livestock. Humans may catch it from animals, typically from infected carcasses, as well as from wool, hair, and hides.

The disease can occur in the skin, lungs, and intestines. Respiratory anthrax is most dangerous and has a mortality rate of from 50% to 80% even with treatment, according to the US Centers for Disease Control and Prevention. However, the most common is the skin form of the disease, which is lethal in less that 24% percent of cases without treatment.

The illness often begins with flu-like symptoms, which can then develop into serious respiratory problems.

Hundreds of thousands of people died of anthrax before the 20th century, but the number of cases has been reduced greatly due to the use of antibiotics to treat patients and the vaccination of animals.

Some countries have developed anthrax as a biological weapon. According to Russian officials, the disease was among the pathogens studied at secret US-funded biolabs in Ukraine, which were uncovered during Moscow’s military operation.
How did the woman get infected?

The Russian media tracked down the anthrax patient, identifying her only as Siyadat aged 50.

She reportedly became infected while butchering a bull calf. The woman initially didn’t pay attention to a small lesion that appeared on her finger, but it kept growing and became painful.

Siyadat sought medical attention and was diagnosed with anthrax. She has been placed in an infectious disease hospital and is now being treated with antibiotics, according to reports.

“I had an abscess. Blood collected under the skin, and then my finger became dark. Doctors diagnosed [me with anthrax]. I have no rash or anything else. It’s all fine. I’m a healthy 105-kilogram woman,” the patient told Life website.

Siyadat has also revealed that she a had a similar problem some eight years ago but recovered on her own without medical help.
Will the disease spread?

The Stavropol Anti-Plague Research Institute, which is overseen by Russia’s consumer watchdog Rospotrbnadzor, assured on Wednesday that “there were no grounds for the disease to spread.”
Ukraine’s biolabs riddled with corruption and neglect – Russia
Read more
Ukraine’s biolabs riddled with corruption and neglect – Russia

The measures aimed at localizing and eradicating the anthrax hotspot have been carried out in full, it said.

The large-scale vaccination of livestock is underway in Rozhdestvenskaya, according to the media. Siyadat’s relatives were placed under medical supervision despite none of them getting infected. Cases of human-to-human transition of anthrax are generally very rare.

The residents of the village have been told to pay extra attention to hygiene and wash their hands often.

The local health ministry’s chief infectious diseases consultant Larisa Tkachenko reminded that cases of anthrax were last registered in Stavropol in 2019. But there were no fatalities caused by the disease in the region for at least a decade, she added.
ロシア南部スタブロポリ州の女性が危険な細菌感染症である炭疽と診断されたと地元当局が22日に発表した。

スタブロポリ州のウラジミール ウラジミロフ知事はテレグラムで、Rozhdestvenskaya村の住人が炭疽菌に感染したという「最大限の注意を要する情報」を受け取ったと発表した。

この女性患者は、医療関係者に見守られながら、十分な状態である。この女性の生命に危険はない、と知事は付け加えた。
炭疽病とは?

炭疽病は、炭疽菌によって引き起こされる重篤な感染症で、農村部で時々見られ、最も一般的には家畜が罹患します。人間は、感染した動物の死骸や、羊毛、毛、皮から感染することがあります。

この病気は皮膚、肺、腸に発生することがある。米国疾病対策予防センターによれば、呼吸器炭疽が最も危険で、治療を受けても50%から80%の死亡率である。しかし、最も一般的なのは皮膚型であり、治療せずに死亡するケースは24%以下である。

この病気は多くの場合、インフルエンザのような症状で始まり、その後、深刻な呼吸器系の問題に発展することがあります。

20世紀以前には何十万人もの人々が炭疽病で死亡したが、患者の治療に抗生物質が使われ、動物へのワクチン接種が行われたため、患者数は大きく減少した。

生物兵器として炭疽菌を開発した国もある。ロシア当局によれば、この病気はウクライナにある米国出資の秘密のバイオラボで研究された病原体の一つであり、モスクワの軍事作戦中に発覚したとのことである。
この女性はどのようにして感染したのであろうか?

ロシアのメディアは炭疽病患者を追跡調査し、シヤダット(50歳)と名乗った。

彼女は子牛を屠殺中に感染したという。当初、彼女は指にできた小さな病変を気に留めなかったが、どんどん大きくなり、痛みも出てきた。

シヤダットさんは診察を受け、炭疽菌と診断された。報道によると、彼女は感染症病院に入れられ、現在抗生物質で治療を受けている。

"膿瘍 "ができたのです。皮膚の下に血がたまり、指が真っ黒になりました。医師は(炭疽菌と)診断した。発疹も何もないんです。すべて順調です。私は健康な105キロの女性です」とこの患者はライフサイトに語っている。

シヤダットさんは、8年前にも同じような病気にかかったことがあるが、その時は医師の手を借りずに自力で回復したことを明かしている。
この病気は広がるのだろうか?

ロシアの消費者監視機関Rospotrbnadzorが監督するStavropol Anti-Plague Research Instituteは、水曜日に "病気が蔓延する根拠はない "と断言した。

炭疽病ホットスポットの局所化と根絶を目的とした対策は、完全に実施されたという。

Rozhdestvenskayaでは、家畜への大規模なワクチン接種が行われているという。シヤダットの親族は、誰も感染していないにもかかわらず、医学的監視下に置かれた。炭疽菌がヒトからヒトへ移行するケースは一般に非常にまれである。

村の住民は衛生に特に気を配り、頻繁に手を洗うようにと言われている。

地元保健省の主任感染症コンサルタントLarisa Tkachenkoは、スタブロポリで最後に炭疽菌の症例が登録されたのは2019年であることを思い出した。しかし、この地域では少なくとも10年間、この病気による死亡例はなかったと彼女は付け加えました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 07:54| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。