ロンドンの下水からポリオウィルス検出: ずくなしの冷や水

2022年06月23日

ロンドンの下水からポリオウィルス検出





UK raises alarm over deadly virus detection
Officials have warned of community spread after traces of poliovirus were found in London sewage
Traces of the virus causing poliomyelitis have been found in sewage samples in north and east London, the UK Health Security Agency (UKHSA) said on Wednesday. The authorities believe the virus was derived from a live vaccine still used in some countries and brought to the UK by a traveler from abroad. While no incidents of community spread have yet been found, health officials warn that it is “likely.”

The virus was identified as vaccine-derived poliovirus type 2 (VDPV2) and was detected several times between February and May at the London Beckton Sewage Treatment Works in Newham.

UKHSA officials say the virus samples are “closely related” but from different people, and that the virus has mutated twice already, suggesting community spread.

Health officials are trying to locate individuals who may have been infected and say the overall risk to the public is “extremely low.”

Britain was officially declared polio-free in 2003, but visitors from abroad sometimes carry the virus. If community spread is detected, it would be the first domestic polio infection in the UK since 1984.

British children normally take three doses of the polio vaccine at an early age. While the national vaccination rate is over 92%, London lags behind with just under 87%, however. The oral vaccine still used in some countries where the disease has not been fully eradicated might be the culprit in this case, with a traveler “shedding” the weakened virus.

Two out of three strains of “wild” polio have been eradicated across much of the world thanks to an aggressive vaccination campaign. The last case of Type 2 was detected in 1999, and the last instance of Type 3 was in 2012. However, Type 1 wild polio remains endemic in Afghanistan and Pakistan.

Poliovirus can spread through droplets or direct contact with feces-contaminated surfaces. Most of the people infected show no symptoms, with about 25% manifesting flu-like aches and pains. About one to five in 1,000 can develop more serious symptoms, as the virus attacks the brain and the spinal cord. In a small number of cases, the virus affects the muscles, leading to paralysis and permanent disability – or death, in the cases where muscles that help people breathe are affected.
ロンドンの下水からポリオウイルスの痕跡が発見され、当局は地域社会への拡散を警告しています。
英国保健安全局(UKHSA)は2日、ロンドン北部と東部の下水からポリオの原因となるウイルスの痕跡が見つかったと発表した。当局は、このウイルスは現在も一部の国で使用されている生ワクチンに由来し、海外からの旅行者が英国に持ち込んだとみている。地域社会で広がった事例はまだ見つかっていないが、保健当局は「可能性がある」と警告している。

ウイルスはワクチン由来ポリオウイルス2型(VDPV2)と確認され、2月から5月にかけて、ニューハムのロンドンベックトン下水処理場で数回検出された。

UKHSAの職員は、ウイルスサンプルは「密接に関連」しているが、異なる人からのものであり、ウイルスはすでに2回変異しており、地域社会での広がりを示唆していると述べている。

保健当局は、感染した可能性のある人物を探し出そうとしており、一般市民へのリスクは全体的に "極めて低い "と述べている。

英国は2003年に公式にポリオ無発生を宣言したが、海外からの訪問者がウイルスを保有していることもある。もし地域社会での感染が確認されれば、1984年以来、英国で初めての国内ポリオ感染となる。

英国の子供たちは通常、幼少期にポリオワクチンを3回接種する。しかし、全国的な接種率が92%以上であるのに対し、ロンドンは87%弱と遅れをとっている。まだ撲滅されていない一部の国で使われている経口ワクチンが、今回は旅行者が弱ったウイルスを「排出」したことが原因かもしれない。

野生型」ポリオの3つの株のうち2つは、積極的なワクチン接種キャンペーンのおかげで、世界の大部分で根絶されました。2型は1999年に、3型は2012年に、それぞれ最後の感染者が確認されています。しかし、アフガニスタンとパキスタンでは、現在も1型の野生株ポリオが流行しています。

ポリオウイルスは、飛沫や糞便に汚染された表面への直接接触により感染します。感染者の多くは症状を示しませんが、約25%はインフルエンザのような痛みや不快感を示します。1,000人に1人から5人は、ウイルスが脳や脊髄を攻撃するため、より深刻な症状を引き起こす可能性があります。ごく一部のケースでは、ウイルスが筋肉を侵し、麻痺や後遺症が残ったり、呼吸を助ける筋肉が侵された場合は死に至ることもあります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 07:21| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。