US willing to risk economic pain and global hunger to win in Ukraine − WaPo: ずくなしの冷や水

2022年06月19日

US willing to risk economic pain and global hunger to win in Ukraine − WaPo

US willing to risk economic pain and global hunger to win in Ukraine − WaPo
Washington prepared for a ‘protracted conflict’ in Ukraine even before Russia’s offensive, officials say

The US is ready to back Ukraine in the conflict with Russia for the long term, the Washington Post reported, citing administration officials who say the plans have been in the works for some time.

A senior State Department staffer told the Post on Friday that President Joe Biden would like to see an “eventual negotiated conclusion [to the fighting],” voicing hopes that waves of Western arms shipments to Kiev and the harsh sanctions campaign against Moscow would weaken the European power’s ability to fight.

“While it’s certainly challenging – we’re not certainly sugarcoating that – in terms of how to navigate these stormy waters, our guiding light is that the outcome of Russia being able to achieve its maximalist demands is really bad for the United States, really bad for our partners and allies, and really bad for the global community,” the unnamed official said.

They added that the Biden team had “discussed the possibility of a protracted conflict with global spillover effects” even before February, during a time when American officials repeatedly predicted an imminent attack by Russia.

Though support for the Ukrainian government has been costly for Washington – which has devoted more than $50 billion in various forms of aid since March – the Post noted that Biden is willing to risk “a global recession and mounting hunger” in order to prevent Russia from achieving its objectives.

Speaking during a recent meeting in Brussels, where officials from dozens of nations met to discuss ways to further bolster Kiev, US Defense Secretary Lloyd Austin said “we’re here to dig in our spurs,” adding “by working together, we can help Ukraine defend itself from Russia's cruel assault and we can strengthen Ukraine’s security for the long haul.”

General Mark Milley, the chairman of the US Joint Chiefs of Staff, has similarly stated that the hostilities could be “very protracted,” and may endure for “years.”

“This is a very extended conflict that Russia has initiated, and I think that NATO, the United States, Ukraine, and all of the allies and partners that are supporting Ukraine are going to be involved in this for quite some time,” the general said, though noted that it was unlikely Moscow could be deterred from its aims short of a US military deployment – a decision he said he “wouldn’t advise.”

米国はウクライナで勝利するために経済的痛みと世界的飢餓のリスクを負うことをいとわない - WaPo
ワシントンはロシアの攻勢以前からウクライナでの「長期的な紛争」を準備していたと当局者が述べた。

米国はロシアとの紛争でウクライナを長期的に支援する準備ができていると、ワシントン・ポストが、計画は以前からあったとする政権当局者の話を引用して報じた。

国務省の高官は金曜日にポスト紙に、ジョー・バイデン大統領は「最終的には交渉によって(戦闘が)終結する」ことを望んでいると語り、キエフへの欧米の武器輸送の波とモスクワに対する厳しい制裁キャンペーンがヨーロッパの大国の戦闘能力を弱めることを期待していると表明した。

「この荒波をどう乗り切るかという点では、確かに困難ではあるが、我々の指針は、ロシアが最大限の要求を実現できるという結果は、米国にとっても、パートナーや同盟国にとっても、国際社会にとっても本当に悪いことだ」と、無名の当局者は語った。

彼らは、バイデン氏のチームが2月以前にも「世界的な波及効果を伴う紛争の長期化の可能性について」議論していたと付け加えた。この時期、アメリカの当局者はロシアによる攻撃が差し迫っていると繰り返し予測していたのだ。

ウクライナ政府への支援は、3月以降、様々な形で500億ドル以上の援助が行われ、ワシントンにとってコストがかかっているが、ポスト紙は、バイデンはロシアの目的達成を阻止するために、「世界不況と飢餓の拡大」のリスクを負うこともいとわないと指摘している。

先日ブリュッセルで行われた、数十カ国の高官がキエフをさらに強化する方法を話し合う会議で、ロイド・オースティン米国防長官は「我々はここで拍車をかける」と述べ、「協力することで、ロシアの残酷な攻撃からウクライナを守ることができ、長期的にウクライナの安全を強化できるだろう」と付け加えた。"

米国統合参謀本部議長のマーク・ミリー将軍も同様に、敵対行為は「非常に長引く」可能性があり、「何年も」続くかもしれないと述べている。

「これはロシアが引き起こした非常に長期的な紛争であり、NATO、米国、ウクライナ、そしてウクライナを支援するすべての同盟国とパートナーは、かなり長い間これに関与することになると思う」と同将軍は語ったが、米軍の派遣(彼はその決定は「助言しない」と述べた)がなければモスクワがその目的を達成することを抑止することはできないと思われると指摘している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 19:56| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。