ウクライナは最悪の結果に向けて進んでいる 2: ずくなしの冷や水

2022年07月11日

ウクライナは最悪の結果に向けて進んでいる 2













エルドアンはシリア北西部にいるテロリストを持て余している。ウクライナに再就職させればロシア軍が始末してくれる。


https://twitter.com/taiyonoibiki/status/1543206051809415168






















・・・命からがら逃げていくのに弾薬を運んでいられませんよね。





Top Ukrainian official lashes out at Zelensky adviser
The head of the Security Council criticized Mikhail Podoliak for becoming the self-proclaimed “voice of the army”
The head of Ukraine’s National Security and Defense Council (NSDC), Alexey Danilov, has called out presidential adviser Mikhail Podoliak for making statements on behalf of the military.

Earlier this week, Podoliak unveiled an arms wish list for the West, saying Kiev needs 300 multiple-launch rocket systems, 500 tanks, and 1,000 howitzers to achieve heavy weapons parity with Russia.

On Saturday, in an interview with news outlet Liga, Danilov stressed that only senior military officials can make statements like this, questioning why Podoliak “is now the voice of the army.”


・・・キエフが米国から渡されたロケット砲でクリミヤの橋を破壊したらdecision centerを破壊するとロシアが警告しています。これまでは、ロシアはキエフの官公庁は攻撃していませんが、軍の本部や通信施設を破壊するでしょう。ウクライナ政府の施設を攻撃するときはおそらく事前に警告するでしょう。ゼレンスキーが非難しなければならなくなります。相手の自制を当然のことと甘く見ているのは、間違いです。そこまで行ったほうが早く決着するかもしれません。





Kremlin comments on EU leaders’ visit to Kiev
Moscow says it can hardly expect Ukraine to return to the negotiation table
Moscow hopes a visit by German Chancellor Olaf Scholz, French President Emmanuel Macron, Italian Prime Minister Mario Draghi, and Romanian President Klaus Iohannis contributes to Ukraine adopting a more “realistic” stance on its conflict with Russia, Kremlin spokesman Dmitry Peskov told journalists on Thursday.

Russia is, however, skeptical about the prospect of Ukraine returning to the negotiation table, he added. Moscow hopes the four leaders “would not focus solely on supporting Ukraine by pumping it full of arms,” the spokesman to Russian President Vladimir Putin said, pointing out that this policy would be “absolutely useless” and would only “prolong the suffering of people and deal further damage to this nation.”

Instead, Moscow hopes the four European leaders could use “these contacts” to make Ukrainian President Volodymyr Zelensky adopt “a realistic stance on the situation,” Peskov added.

Earlier on Thursday, Victor Andrusiv, an aide to the Ukrainian interior minister, told journalists that Macron, Draghi, and Scholz might have come to Ukraine to encourage it to return to talks with Russia. “According to my information, Macron, Scholz, and Draghi are bringing us an EU candidacy status … and a request to return to the negotiation process with Putin,” he said.

Moscow also hopes the visit would help clarify Ukraine’s position on grain exports. Russia’s position on the issue has not changed, Peskov said, adding that Moscow is still ready to facilitate grain export from the Ukrainian ports. Earlier, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said Ukrainian forces should demine the coastal areas first to make that possible.

“We do not know exactly if Ukraine wants it … because they stay silent on the issue,” Peskov said on Thursday, adding that the topic would “obviously” be on the visit’s agenda. The head of the Ukrainian president’s office, Andrey Ermak, also told journalists earlier on Thursday that “food security, weapons and support for Ukraine” would be among the issues Zelensky was expected to discuss with the four leaders.

モスクワは、ドイツのショルツ首相、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相、ルーマニアのイオハニス大統領の訪問により、ウクライナがロシアとの紛争についてより「現実的」な姿勢をとることを期待していると、ドミトリ・ペスコフ報道官が木曜日に記者団に語った。

しかし、ロシアは、ウクライナが交渉のテーブルに戻るという見通しには懐疑的であると、彼は付け加えた。プーチン大統領報道官は、4人の首脳が「武器を大量に供給してウクライナを支援することだけに集中しない」ことをモスクワは望んでいると述べ、この政策は「全く役に立たない」し、「人々の苦しみを長引かせ、この国にさらなる損害を与えるだけ」だと指摘した。

その代わりにモスクワは、欧州の4人の首脳が「これらの接触」を利用して、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領に「状況に対する現実的な姿勢」を取らせることを期待していると、ペスコフ報道官は付け加えた。

木曜日、ウクライナ内相の補佐官であるヴィクトル・アンドルシフ氏はジャーナリストに、マクロン、ドラギ、ショルツがウクライナにやってきて、ロシアとの交渉に戻るよう促しているかもしれないと語った。"私の情報によると、マクロン、ショルツ、ドラギの3人は、EUの立候補資格...そしてプーチンとの交渉プロセスへの復帰要請を持って来ている "と彼は言った。

モスクワはまた、今回の訪問が穀物輸出に関するウクライナの立場を明確にする一助となることを期待している。ペスコフは、この問題に対するロシアの立場は変わっていないと述べ、モスクワは依然としてウクライナの港からの穀物輸出を促進する用意があると付け加えた。これに先立ち、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、それを可能にするために、ウクライナ軍はまず沿岸部の地雷除去を行うべきであると述べた。

ペスコフは木曜日、「ウクライナがそれを望んでいるかどうかは正確にはわからない...彼らはこの問題について沈黙を守っているからだ」と述べ、この話題は「明らかに」訪問の議題になるだろうと付け加えた。ウクライナ大統領府のアンドレイ・エルマク長官も木曜日、記者団に対し、「食糧安全保障、武器、ウクライナへの支援」などがゼレンスキー氏と4人の指導者の間で話し合われる予定であると述べた。

posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。