Pentagon updates US goals in Ukraine: ずくなしの冷や水

2022年06月15日

Pentagon updates US goals in Ukraine

Pentagon updates US goals in Ukraine
The conflict should cost Russia more than it hopes to achieve, a top policy official says

The US is seeking to make the conflict in Ukraine more costly for Moscow than whatever Russian President Vladimir Putin hoped to achieve, Under Secretary of Defense for Policy Colin Kahl said on Tuesday. Kahl insisted that Russia was making only “tactical” gains in Ukraine and would be unable to achieve its “grandiose objectives” of taking over the entire country, in part thanks to massive US military aid.

“We’ll continue to provide Ukraine what they need for the fight,” Kahl said on Tuesday, opening a conference organized by the Center for New American Security (CNAS), a Democrat-linked think tank where he used to work.

The Biden administration alone has provided Ukraine with over $5.3 billion in military assistance, of which $4.6 billion has come since February 24, Kahl pointed out.

The US goal is “to make sure that Ukraine can defend itself, that a sovereign independent democratic Ukraine endures, that we give Ukraine the capability to strengthen their position at the bargaining table,” Kahl explained, and to “impose a cost on Russia in excess to whatever benefits Vladimir Putin hopes to achieve through this conflict.”

“Our goal was not regime change in Russia,” Kahl told the CNAS conference. President Joe Biden famously said otherwise in late March. His aides quickly backtracked, saying there was no change in US policy and that Biden was simply being “emotional.” The US president echoed that explanation after returning from Poland, but insisted he was not walking anything back.

According to Kahl, Putin “went into this war seeking to gobble Ukraine up. I think he had in his mind envisioned some kind of a thunder run to Kiev to change the regime,” only for the Russian military to be “badly defeated in battle” and thrown back from the Ukrainian capital.

The Pentagon official accused Putin of having “imperial ambitions” and “seeking to reclaim territory that he believes belonged to a glorious past of the Russian Empire.” With Ukrainian troops being “stalwart defenders” and “holding tough,” Kahl said he did not think the Russians would “have the capacity to achieve those grandiose objectives.”

While Russian troops have been making gains in Ukraine, they are “really on any given day measured in blocks” and are “not large, sweeping breakthroughs of Ukrainian defenses,” Kahl insisted. Both Ukrainians and Russians are taking casualties and “the front lines are not moving very much.”

Much of the fighting in Ukraine is indeed taking place in cities, where Ukrainian troops have set up fortifications because they lack heavy artillery, presidential adviser Mikhail Podolyak said in an interview on Tuesday.

Russian and allied forces crossed the Seversky Donets river last week after taking Sviatogorsk and advanced towards Slavyansk. Most of the heavily fortified town of Severodonetsk has also been taken, with the remaining Ukrainian troops cut off from the fallback positions in Lisichansk. The government in Kiev confirmed on May 26 that it had lost the key town of Krasny Liman, while the loss of Popasnaya in early May unraveled the central part of the Ukrainian line in Donbass.

As for when the conflict in Ukraine might end and how, Kahl said the US position “has been we’re not going to tell anybody what to negotiate and when to negotiate.”

“It’s not clear whether the minimum requirements of either side match up with the maximum concessions of the other side,” he said. According to the Ukrainian media, UK Prime Minister Boris Johnson told Kiev in early April that the West was not willing to make peace with Russia, at which point talks with Moscow stopped.

Kahl was previously the deputy assistant secretary of defense for the Middle East in Barack Obama’s first administration (2009-2011). In 2014, after Washington backed the coup in Kiev and then-Vice President Joe Biden was put in charge of Ukraine policy, Kahl became his national security adviser. He worked at CNAS during the Trump administration, before returning to the Pentagon after a party-line vote in the Senate.

紛争はロシアが望む以上の代償を払うべきであると政策当局トップが述べた。

米国はウクライナでの紛争を、ロシアのプーチン大統領が達成しようと望んでいたものよりも、モスクワにとってよりコストのかかるものにしようとしている、とコリン・カール国防次官(政策担当)が22日に述べた。カールは、ロシアはウクライナで「戦術的」な戦果しか得ておらず、米国の大規模な軍事援助のおかげもあって、国全体を征服するという「壮大な目標」を達成することはできないだろうと主張した。

「我々はウクライナの戦いに必要なものを提供し続ける」とカールは火曜日、かつて勤務していた民主党系シンクタンク、新アメリカ安全保障センター(CNAS)が主催する会議の冒頭で述べた。

バイデン政権がウクライナに提供した軍事支援は53億ドル以上であり、そのうち46億ドルは2月24日以降に提供されたものだとカール氏は指摘した。

米国の目標は、「ウクライナが自衛できるようにすること、独立した民主的なウクライナの存続、交渉の席での立場を強化する能力をウクライナに与えること」であり、「この紛争を通じてプーチン大統領が望むどんな利益よりも大きなコストをロシアに課すこと」だと、カールは説明した。

「我々の目標は、ロシアの政権交代ではない」とカールはCNASの会議で語った。ジョー・バイデン大統領は、3月下旬にそうではないと発言したのは有名な話だ。彼の側近はすぐに撤回し、米国の政策に変更はなく、バイデンは単に "感情的 "であったと述べた。米国大統領もポーランドから帰国後、その説明を繰り返したが、何も撤回することはないと主張した。

カールによれば、プーチンは「ウクライナを食い物にするためにこの戦争に突入した。彼は心の中で、政権を変えるためにキエフに雷を落とすようなことを思い描いていたのだろう」。しかし、ロシア軍は「戦闘で大敗」し、ウクライナの首都から追い返されたのである。

国防総省の高官は、プーチンが「帝国の野心」を持ち、「輝かしい過去のロシア帝国に属していたと信じている領土を取り戻そうとしている」と非難した。ウクライナ軍は「堅固な守備」で「手ごわい」ので、カールはロシア軍が「その壮大な目標を達成する能力がある」とは思わないと述べた。

ロシア軍はウクライナで戦果を上げているが、それは「どのような日でもブロック単位で測定される」もので、「ウクライナの防衛を大規模に、徹底的に突破するものではない」とカール氏は主張した。ウクライナ人もロシア人も死傷者が出ており、「前線はあまり動いていない」という。

大統領顧問のミハイル・ポドリャク氏が火曜日のインタビューで語ったところによると、ウクライナでの戦闘の多くは、重砲がないためにウクライナ軍が要塞を設置した都市部で実際に起こっているとのことだ。

ロシア軍と連合軍は先週、スヴィアトゴルスクを占領した後、セベルスキー・ドネツ川を渡り、スラビャンスクに向かって前進した。要塞化されたセベロドネツクの町の大部分も占領され、残りのウクライナ軍はリシチャンスクの予備陣地から切り離されている。キエフ政府は5月26日に重要な町クラスニー・リマンを失ったことを確認し、5月上旬にはポパスナヤを失い、ドンバスにおけるウクライナ軍の戦線の中央部が崩壊した。

ウクライナの紛争がいつ、どのように終結するかについて、カールは、米国の立場は「何を交渉するか、いつ交渉するかは誰にも指示しない」ことだと述べた。

「どちらかの側の最低条件と、もう一方の側の最大限の譲歩が合致するかどうかは、明らかではない」と述べた。ウクライナのメディアによると、英国のボリス・ジョンソン首相は4月上旬、キエフに「西側はロシアと和平する気がない」と伝え、その時点でモスクワとの協議が停止したという。

カールは以前、バラク・オバマの第1次政権(2009〜2011年)で中東担当の国防副次官補を務めていた。2014年、ワシントンがキエフのクーデターを支持し、ジョー・バイデン副大統領(当時)がウクライナ政策を担当することになった後、カールは彼の国家安全保障顧問に就任した。トランプ政権時代にはCNASに勤務し、上院での党員投票の結果、国防総省に戻った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

53億ドルは、1ドル135円で7兆1千億円。46億ドルは5兆8千億円。

「米国の立場は『何を交渉するか、いつ交渉するかは誰にも指示しない』」・・・指示しなくてもカネを出すか出さないかでコントロールできる。

戦況に関する判断は、甘い。

Zelensky aide explains why Ukraine fights in urban areas
Mikhail Podolyak has told journalists it is easier to “find cover” in cities
Taking up positions in cities is the Ukrainian military’s calculated tactic to minimize their own losses and maximize those of Russian forces, a top adviser to Ukrainian President Volodymyr Zelensky has revealed.

In an interview with the New York Times published on Tuesday, Mikhail Podolyak argued that the “Russians fight poorly in the cities.” The Ukrainian official went on to explain that “in the cities, it is possible to maneuver, and find cover, and you minimize losses; you can resist a longer time and inflict significant casualties on the Russians.”

Podolyak added that combat in an urban environment is where the infantry stands a chance. And since Russian forces have far more artillery, Ukrainian troops have to resort to this strategy, according to the presidential adviser. As an example, he referenced the city of Severodonetsk in the Lugansk region, where heavy street fighting has been taking place for several days now.

The official noted that the Ukrainian military did not have very many alternate options due to a dearth of heavy weapons. Zelensky’s aide said that the apparent reluctance of Western leaders to provide Kiev with an adequate number of big guns was partly to blame.
Ukraine using civilians as 'human shields' – Russia READ MORE: Ukraine using civilians as 'human shields' – Russia

“If you think we should lose, just tell us directly: ‘We want you to lose’. Then we will understand why you give us weapons at this level,” Podolyak said.

The official complained that some of Kievs Western backers lacked a sense of urgency despite the Ukrainian army being seriously outgunned in Donbass.

Podolyak also became the first Ukrainian official to outline the total number of each type of heavy weaponry Kiev thinks it would need to achieve parity with Russian forces on the eastern front: 1,000 howitzers, 300 multiple-launch rocket systems, 500 tanks, 2,000 armored vehicles and 1,000 drones.

While the US has supplied around 100 howitzers and several dozen self-propelled artillery guns to Ukraine, and pledged this month, along with the UK, to ship several multiple-launch rocket systems, this still falls far short of the Ukrainian military’s needs, Podolyak warned.

According to the official’s estimates, Russian forces are firing about 70,000 projectiles daily in Donbass, while Ukrainian troops can return 10 times fewer shells.

Podolyak went on to stress that any cease-fire calling for territorial concessions on the part of Ukraine would lead to a “permanent war” as Moscow would encroach further on Ukrainian territory down the road.

Zelensky’s adviser suggested that elites in some Western countries were unwilling to acknowledge that their previous attempts at establishing friendly relations with Russia were misguided. On top of that, a lot of the leaders in Western Europe would still love to restore pre-war business ties with Moscow and were susceptible to a pro-Russia lobby, Podolyak claimed.

“A problem is a problem,” the Ukrainian official said, adding that “there is reluctance of the elite, for example, the French, to make this a top topic for themselves. They are hiding from the war.”
Mikhail Podolyak氏はジャーナリストに対し、都市部では「隠れ場所を見つける」ことが容易であると語っている。
ウクライナ大統領の最高顧問であるヴォロディミル・ゼレンスキー氏が、都市部に陣地を構えることは、自軍の損失を最小限に抑え、ロシア軍の損失を最大化するために、ウクライナ軍が計算した戦術であることを明らかにした。

火曜日に掲載されたニューヨークタイムズとのインタビューで、ミハイル・ポドリアク氏は、「ロシア軍は都市部ではろくに戦わない」と主張した。ウクライナ政府高官は、「都市部では、機動し、隠れ場所を見つけ、損失を最小限に抑えることが可能であり、より長い時間抵抗し、ロシア人に大きな犠牲を与えることができる」と説明した。

ポドリアックは、都市環境での戦闘こそ歩兵のチャンスであると付け加えた。ロシア軍は大砲の数が圧倒的に多いので、ウクライナ軍はこの戦略に頼らざるを得ない、と大統領顧問は言う。その例として、ルガンスク州のセベロドネツク市では、数日前から激しい路上戦闘が行われていることを挙げました。

同大統領補佐官は、ウクライナ軍には重火器が不足しているため、代替手段があまりないことを指摘した。ゼレンスキー補佐官は、キエフに十分な数の大砲を提供することに西側指導者が明らかに消極的であることが一因であると述べた。

「負けるべきと思うなら、直接言ってくれればいい。『私たちはあなたに負けてほしいのです』と。そうすれば、なぜこのレベルの武器を与えてくれるのか理解できるだろう」とポドリアク氏は述べた。

この関係者は、キエフの西側後援者の中には、ドンバスで深刻な劣勢に立たされているウクライナ軍にもかかわらず、危機感を欠いていると不満を漏らした。

ポドリアク氏はまた、キエフが東部戦線でロシア軍と同等になるために必要だと考えている重火器の種類ごとの総数を概説した最初のウクライナ当局者となった:榴弾砲1000門、多連装ロケットシステム300基、戦車500両、装甲車2000台、ドローン1000個である。

米国はウクライナに榴弾砲100門と自走砲数十門を提供し、今月には英国とともに多連装ロケットシステム数基の輸送を約束したが、それでもウクライナ軍のニーズにはほど遠い、とポドリャク氏は警告した。

ロシア軍はドンバスで毎日約7万発の弾丸を発射しているが、ウクライナ軍はその10倍も少ない弾丸しか返せないというのである。

ポドリアク氏はさらに、ウクライナ側の領土譲歩を求める停戦は、モスクワがこの先ウクライナの領土をさらに侵犯することになり、「永久戦争」につながると強調した。

ゼレンスキー顧問は、西側諸国の一部のエリートは、ロシアとの友好関係を築こうとしたこれまでの試みが見当違いだったことを認めたがらない、と指摘した。その上、西ヨーロッパの指導者たちの多くは、戦前のモスクワとのビジネス関係を復活させたいと考えており、親ロシアのロビー活動に影響されやすいとポドリアク氏は主張した。

「問題は問題だ」とウクライナ政府関係者は言い、「例えばフランス人などエリートは、この問題を自分たちの最重要テーマとすることに消極的で彼らは戦争から身を隠しているのです」と付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

このインタビューで出ているのは、「お前らのために戦ってやっている」という姿勢です。アフガニスタンのタリバンもシリアも自らのために戦った。ところが、ウクライナでは政府自体が傭兵になっている。そして国民、兵士はビジネスの道具になっている。そのために投降しようとする兵士を背後から射殺できる。市民を盾にできるし、市民を攻撃する。国民のために戦っているわけではない。
posted by ZUKUNASHI at 07:49| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。