ガマの穂は食べられるらしい 備荒食物になる?: ずくなしの冷や水

2022年06月08日

ガマの穂は食べられるらしい 備荒食物になる?



Typha wikipediaから
ティファの植物の多くの部分は、人間が食べることができる。花が咲く前の新芽の内側の柔らかい部分を絞り出し、生や調理して食べることができる[19]。デンプンを含む根茎は栄養価が高く、トウモロコシや米に匹敵するタンパク質を含む[20]。 100gあたり266kcalの粉に加工でき、晩秋から早春にかけて最もよく収穫される[4]。繊維質であるため、硬い繊維からデンプンを掻き出すか、吸い取る必要がある[21]。地下にあることもある根茎から出る新芽は、摘んで生食することができる。また、地下には炭水化物の塊があり、皮をむいて生で食べたり、ジャガイモのように調理して食べたりすることができる[22]。汚染された水で育った植物は、その根茎に鉛や残留農薬が蓄積されることがあり、これらは食べてはいけない[21]。

若い茎の皮をむき、中の柔らかい白い心臓を生で食べたり、茹でてアスパラガスのように食べることができる[23]。ロシアのコサック族の間で人気があり、「コサック・アスパラガス」と呼ばれている[24]。特に晩春、若くて柔らかい時期に葉元を生や調理で食べることができる。初夏には緑色の花穂を伸ばして鞘を取り、茹でてトウモロコシのように食べることができる[25]。真夏に雄花が成熟したら花粉を採取し、小麦粉の補助食品や増粘剤として使用することができる[26]。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 19:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。