ウクライナ情勢が急展開か 2022/6/8: ずくなしの冷や水

2022年06月08日

ウクライナ情勢が急展開か 2022/6/8

Ukraine suspends coal, gas exports ahead of winter season − president
Due to the war, it will indeed be the most difficult winter during all years of independence, Vladimir Zelensky said
KIEV, June 8. /TASS/. Ukrainian President Vladimir Zelensky announced his country was suspending all coal and gas exports ahead of what he described as "the most difficult winter during all years of independence."

"Due to the war, it will indeed be the most difficult winter during all years of independence. <…> During this period, we won’t sell our gas and coal abroad. All domestic production will focus on meeting the internal demand," Zelensky said in a video address, posted on his Telegram channel.

Prime Minister Denis Shmygal said earlier coal production in Ukraine’s state-run mines had declined by one third since late February and recommended "to brace for Ukraine’s most difficult heating season ever."

The government tasked the state-run oil and gas company Naftogaz with accumulating at least 19 billion cubic meters of gas in Ukrainian underground storage facilities. According to Shmygal, Ukraine completed its previous heating season with 9 billion cubic meters of gas remaining in its storages. As of June 1, the country had 10 billion cubic meters of gas at its disposal.
1,095 / 5,000
翻訳結果
IEV、6月8日。/TASS/。ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、彼が「独立のすべての年の中で最も困難な冬」と述べたものに先立って、彼の国がすべての石炭とガスの輸出を停止すると発表した。

「戦争のため、独立のすべての年の中で最も困難な冬になるでしょう。<…>この期間中、私たちはガスと石炭を海外に販売しません。すべての国内生産は内需を満たすことに焦点を合わせます。」 Zelenskyは、彼のTelegramチャンネルに投稿されたビデオアドレスで述べました。

デニス・シュミガル首相は、ウクライナの国営鉱山での初期の石炭生産は2月下旬から3分の1減少したと述べ、「ウクライナで最も困難な暖房シーズンに備える」ことを推奨しました。

政府は、国営の石油ガス会社Naftogazに、ウクライナの地下貯蔵施設に少なくとも190億立方メートルのガスを蓄積するように命じました。 Shmygalによると、ウクライナは前の暖房シーズンを完了し、90億立方メートルのガスが貯蔵庫に残っていました。 6月1日の時点で、国は100億立方メートルのガスを自由に利用できました。


Four routes to export grain from Ukraine
Safe passage of ships is necessary for shipping grain of Ukraine
MOSCOW, June 8. /TASS/. Russia, Ukraine, Turkey and the United Nations are negotiating ways to resolve the issue of blocked grain supplies from Ukraine. To that end, Turkey is ready to create a so-called grain hub in Istanbul.

Safe passage of ships is necessary for shipping grain of Ukraine. Russian President Vladimir Putin came up with several variants of solving the problem and expressed readiness to assist the process. However, Kiev insists that Russian troops should be withdrawn before the deliveries can begin.

Global prices for wheat and corn have increased significantly since the start of the year. The UN Security Council declared during its May 21 session that the world has enough wheat for ten weeks, and forecasts are worse than during the crisis years of 2007 and 2008.

Below are the possible routes and scenarios that make grain deliveries from Ukraine possible.
Via Berdyansk and Mariupol

- According to Russian President Vladimir Putin, Russia is ready to create "the required logistics" and ensure easy transportation of grain from the ports of Berdyansk and Mariupol "without any preconditions."

- Peaceful transportation and guaranteed safe passage to the ports, as well as security of navigation via the Black Sea and the Sea of Azov is among Russia’s possible guarantees.

- Efforts to clear mines from waters next to the ports of Berdyansk and Mariupol have been practically completed.
Via Odessa

- Russia does not oppose attempts to transport grain via the Kiev-controlled port of Odessa in Ukraine's south and is ready to guarantee safe passage of ships.

- Ships loaded with grain can leave the port only after mines are removed from the surrounding waters, and the ships, earlier sunk by the Ukrainian side, are lifted from the seabed.

- Putin assured that Russia would not make use of the situation to stage a hypothetical seaborne attack on Odessa.

- According to a Bloomberg report, Russia and Turkey have tentatively agreed to unblock the port of Odessa. Ankara plans to set up a special center in Istanbul to track and coordinate cargo ships. Moscow, in turn, insists on inspection of all ships coming to Odessa to prevent possible arms deliveries.
Via Western countries

- Putin also hinted at the possibility of transporting grain via the Danube River, towards ports in Romania.

- Ukrainian grain can also be delivered by rail to Hungary, Romania and Poland. However, since Ukraine’s official railroad track width is 1,520 mm, carriages need to be adjusted to the European standard of 1,435 mm. The process may take a few hours.

- According to Ukrainian authorities, the country has six facilities where the adjustments can be made, including two on the border with Poland (Yagodin with the capacity of servicing 28 carriages per day) and Mostiska (18), Yesen on the border with Hungary (30) and Vadul-Siret on the border with Romania (40). Along with foreign facilities of this kind, about 175 carriages can cross the border daily, while an average cargo train has about 75 carriages.

- Lithuania suggested its port of Klaipeda for Ukrainian grain exports and sent several trains to Ukraine via Poland, bypassing Belarus. However, the time those trains spend in transit exceeds the margins of commercial feasibility. Another problem is the lack of rail carriages. About 4,000 of them are necessary for the purpose, but neither Ukraine nor Lithuania have the required number at their disposal.
Via Belarus

- Transportation via Belarus will not require any carriage adjustments. It also makes direct deliveries to Baltic ports possible.

- Western nations and Ukraine reject the initiative, because it envisages removal of sanctions imposed on Belarus.
モスクワ、6月8日。/TASS/. ロシア、ウクライナ、トルコ、国連は、ウクライナからの穀物供給がブロックされている問題を解決する方法を交渉している。そのために、トルコはイスタンブールにいわゆる穀物ハブを創設する用意がある。

ウクライナの穀物を輸送するためには、船舶の安全な航行が必要である。ロシアのプーチン大統領は、この問題を解決するためのいくつかのバリエーションを考え出し、そのプロセスを支援する用意があることを表明した。しかし、キエフは、輸送を開始する前にロシア軍を撤退させるべきであると主張している。

小麦とトウモロコシの世界価格は、今年に入ってから大幅に上昇している。国連安全保障理事会は5月21日の会合で、世界には10週間分の小麦があると宣言し、予測は2007年と2008年の危機の年よりも悪くなっている。

以下は、ウクライナからの穀物搬入が可能なルートとシナリオである。
ベルディアンスク、マリウポリ経由

- ロシアのプーチン大統領によると、ロシアは「必要なロジスティクス」を構築し、ベルディアンスク港とマリウポリ港から「いかなる前提条件もなしに」穀物を容易に輸送できるようにする用意があるとのことだ。

- 平和的な輸送と港までの安全な航路の保証、そして黒海とアゾフ海を経由する航行の安全が、ロシアの可能な保証の中に含まれている。

- ベルディアンスク港とマリウポリ港に隣接する海域の地雷除去作業は、実質的に終了している。
オデッサ経由

- ロシアは、キエフが支配するウクライナ南部のオデッサ港を経由した穀物輸送の試みに反対しておらず、船舶の安全な航行を保証する用意がある。

- 穀物を積んだ船は、周辺海域の機雷が除去され、ウクライナ側に沈められた船が海底から引き上げられた後、出港できる。

- プーチンは、ロシアがこの状況を利用して、オデッサへの仮想的な海上攻撃を行うことはないと断言した。

- ブルームバーグの報道によると、ロシアとトルコはオデッサの港の封鎖を解除することで暫定的に合意した。アンカラは、イスタンブールに貨物船を追跡・調整するための特別センターを設置する予定だ。一方、モスクワは、武器輸送の可能性を防ぐため、オデッサに来るすべての船舶の検査を主張している。
西側諸国を経由して

- プーチンは、ドナウ川を経由してルーマニアの港へ穀物を輸送する可能性も示唆した。

- ウクライナの穀物は、ハンガリー、ルーマニア、ポーランドに鉄道で輸送することも可能である。ただし、ウクライナの正式な線路幅は1,520mmなので、客車を欧州標準の1,435mmに調整する必要がある。この作業には数時間かかるという。

- ウクライナ当局によると、ポーランドとの国境にある2つの施設(1日28両の整備が可能なヤゴディン)とモスティスカ(18)、ハンガリーとの国境にあるイェセン(30)、ルーマニアとの国境にあるヴァドゥル・シレト(40)など、6つの調整可能な施設があるとのことであった。このような外国の施設と合わせて、1日に約175両、平均的な貨物列車は約75両の車両が国境を越えることができるのです。

- リトアニアはウクライナの穀物輸出に自国のクライペダ港を提案し、ベラルーシを迂回してポーランド経由でウクライナに複数の列車を送った。しかし、これらの列車がトランジットに費やす時間は、商業的に実現可能な限界を超えている。また、鉄道車両が不足していることも問題だ。約4,000両が必要なのだが、ウクライナもリトアニアもその数を自由に使える状態ではない。
ベラルーシ経由

- ベラルーシ経由の輸送は、車両調整の必要がない。また、バルト海の港に直接届けることも可能になる。

- 欧米諸国やウクライナは、ベラルーシへの制裁解除を想定しているため、この構想に否定的である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 15:46| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。