It is vital for Russian troops to wipe out West-supplied rocket launchers, says expert: ずくなしの冷や水

2022年06月07日

It is vital for Russian troops to wipe out West-supplied rocket launchers, says expert

It is vital for Russian troops to wipe out West-supplied rocket launchers, says expert
The M270 MLRS and M142 HIMARS are the most dangerous and capable weapons available to the Ukrainian armed forces that can influence combat operations, Alexey Sakantsev noted

MOSCOW, June 6. /TASS/. M270 and M142 HIMARS rocket systems that the West is suppling to Ukraine under a new military aid package are the most formidable weapons of all the armaments handed over to Kiev before but Russian forces are capable of destroying them, missile and artillery troops reserve officer, army veteran Alexey Sakantsev told TASS on Monday.

"Of all possible armaments supplied by the collective West, the M270 MLRS [multiple launch rocket system] and M142 HIMARS [High Mobility Artillery Rocket System] are the most dangerous and capable weapons available to the Ukrainian armed forces that can influence combat operations," the expert pointed out.

UK Defense Secretary Ben Wallace announced in early June that London would send Kiev M270 rocket systems with munitions capable of striking targets at a distance of up to 80 km. The decision was synchronized with the delivery of US M142 HIMARS systems and ammunition to Kiev. The US administration earlier said that the first batch would include four rocket systems while the strike range of a light wheeled HIMARS that would be handed over to Kiev would not exceed 80 km.
Formidable weapons

The British M270 and the US M142 rocket systems fire same-type munitions, with the only difference being that the M270 is a tracked vehicle with two packs of 6 rockets each (or one missile) while the M142 HIMARS is a wheeled launcher (mounted on the chassis of a five-tonne truck with an armored cabin) with a pack of 6 rockets or a missile, he explained.

"These packs are outfitted with quick-reloading systems and structurally almost do not differ from each other, like their fire control systems, while standard modules are a great advantage for logistics, training and equipment repairs," Sakantsev pointed out.



Western multiple launch rocket systems are also distinguished by a variety of ammunition rounds. As the expert told TASS, both systems use three types of ammunition: 227mm and 240mm rocket-propelled shells with a broad range of warheads, from conventional high explosive fragmentation rounds to cluster munitions of several types (capable of striking both armor and manpower).

These systems can also fire rockets that deliver an array of mines to the target: these rocket-propelled shells can strike at a range of 45 km to 70 km depending on the munition subtype, he explained.

"Importantly, some of them are guided munitions and are adjusted by GPS (NAVSTAR). Consequently, these shells feature low circular error probability and, therefore, require no adjustment fire: the target will be hit suddenly and accurately and, in case of cluster munitions, massively," the expert elaborated.

The third type of munitions for the M270 and M142 rocket launchers is designated as MGM-140 ATACMS, which is a tactical missile, the officer said.

"Let me just mention again that the M270 launcher can carry two such missiles and the M142 system carries one. This missile also has several modifications that differ in terms of their warheads and, basically, in terms of the flight range that varies between 140 km and 300 km. These missiles are also guided munitions (the GPS-adjusted inertial system) and feature low circular error probability and frequently carry a cluster warhead," Sakantsev said.

These rocket systems make it possible to strike targets both near the frontline and in the enemy rear, he said.

"If the Ukrainian armed forces get the longest-range rockets, they will be able to shell some Russian aerodromes, military bases and a lot of ammunition depots, command posts and troop amassment areas, and also air defense systems and artillery even not at positions but at the places of their maintenance, transportation and preparation," the expert stressed.

As its other advantage, the US M142 HIMARS launcher is highly mobile thanks to its wheeled platform and can be disguised as a truck that will complicate its detection and destruction, he said.
Countering Western rocket launchers

Russia can fight these Western rocket launchers with its missile systems, the expert pointed out.

"All the munitions of these systems can be detected in flight and destroyed by the Russian advanced air defense systems like the S-300, S-350, S-400, Buk, Tor-M2, Pantsyr-S and Tunguska that are operational in the troops and are involved in the special military operation," he said.



However, the Russian air and anti-missile defenses should be organized properly to strike US munitions as rockets and missiles are more dangerous and complex targets than aircraft, he stressed.

It is practically unrealistic to jam rockets of M270 and M142 systems that are guided by the GPS signal, the expert said.

"This may be done theoretically and technically but not practically. This is because the signal will have to be ‘suppressed’ along the rocket’s entire flight path while a part of this course extends over enemy territory and it is almost unrealistic to jam the rocket’s path over friendly territory just based only on energy," the expert pointed out.

The M270 and M142 rocket systems are effective weapons and require serious training to fight them, he said.

"To my mind, it is vitally necessary to destroy such systems at their stationing places before they move into firing positions and the Russian Aerospace Forces are capable of fulfilling this task. In some cases, this task can be fulfilled by Iskander-M systems and what’s more, without a risk for pilots," Sakantsev stressed, adding that Russia needed to further develop its air defenses. All these measures will deprive the enemy of the capability to deliver critical strikes, the expert emphasized.
Foreign MLRS

The M142 HIMARS (High Mobility Artillery Rocket System) is a highly mobile multiple launch rocket system developed by the US-based Lockheed Martin. The launcher with six tubes of 227mm rockets or one ATACMS (Army Tactical Missile System) ballistic missile is mounted on a five-tonne six-wheel chassis of FMTV (Family of Medium Tactical Vehicle) transporters.

The launcher fires over 20 types of munitions with a strike range of 30 km to 80 km (for rockets) and 300 km and more (for a tactical missile). The system has been accepted for service in some countries, including the United States, Singapore, the UAE, Canada, Poland, Romania and Jordan.

The M270 MLRS has also been developed by the US-based Lockheed Martin. The launcher is mounted on the US Bradley tracked platform and fires about 20 types of munitions. It can strike targets at a range of 32 km to 500 km. The system is in service with the armies of 17 countries.

M270 MLRSとM142 HIMARSは、ウクライナ軍が利用できる兵器の中で、戦闘行動に影響を与える最も危険で高性能な兵器であるとアレクセイ・サカンツェフ氏は指摘する。

モスクワ、6月6日。/TASS/. 西側諸国が新たな軍事援助パッケージでウクライナに供給しているM270とM142 HIMARSロケットシステムは、以前キエフに引き渡された全ての兵器の中で最も手強い兵器だが、ロシア軍にはそれらを破壊する能力があると、ミサイル・大砲部隊予備役で軍隊出身のアレクセイ・サカンツェフ氏が月曜日、TASSに対して語った。

"集団西側から供給された可能性のある武器の中で、M270 MLRS(多連装ロケットシステム)とM142 HIMARS(高機動砲ロケットシステム)は、ウクライナ軍が利用できる最も危険で戦闘作戦に影響を与えることができる武器だ "と専門家は指摘している。

ベン・ウォレス英国国防長官は6月初め、ロンドンがキエフに、最大80km離れた標的を攻撃できる弾薬を搭載したM270ロケットシステムを送ることを発表した。この決定は、米国のM142 HIMARSシステムと弾薬のキエフへの納入と同期して行われた。米国政府は、最初のバッチには4つのロケットシステムが含まれ、キエフに引き渡される軽車両型HIMARSの攻撃範囲は80kmを超えないと発表している。
強力な武器

イギリスのM270とアメリカのM142は同じタイプの弾薬を発射しますが、M270は6発のロケット弾を2パック(またはミサイル1発)ずつ搭載した追跡車両で、M142 HIMARSは6発のロケット弾またはミサイルを1パック搭載したホイール式ランチャー(装甲キャビンを持つ5トントラックのシャシーに搭載)であることが唯一の違いだと説明しています。

「これらのパックはクイックリロードシステムを装備しており、構造的には火器管制システムのようにほとんど違いがありません。一方、標準的なモジュールは、物流、訓練、機器の修理に大きな利点があります」とサカンツェフは指摘します。



西側の多連装ロケットシステムは、弾薬の種類が豊富なことも特徴です。専門家がタス通信に語ったところによると、両システムは3種類の弾薬を使用する。227mmと240mmのロケット推進弾で、弾頭は従来の高爆発破片弾から数種類のクラスター弾(装甲と人員の両方を攻撃できる)まで幅広く取り揃えている。

これらのシステムは、地雷の数々を目標に投下するロケット弾を発射することもできます。これらのロケット弾は、弾薬のサブタイプによって45kmから70kmの範囲で攻撃することができると、彼は説明しています。

「ロケット砲の射程は45km〜70kmで、砲の種類によって異なります。そのため、円形誤差が少なく、調整射撃が不要で、目標に突然、正確に、クラスター弾の場合は大量に命中します」と専門家は詳しく説明した。

M270とM142ロケットランチャー用の第3の弾薬は、MGM-140 ATACMSと呼ばれる戦術ミサイルである、と同将校は述べている。

"もう一度言っておくと、M270ランチャーはこのミサイルを2発搭載でき、M142系は1発搭載できる。このミサイルにもいくつかの改良が加えられており、弾頭や、基本的には140kmから300kmの間で変化する飛距離の点で異なっている。これらのミサイルは誘導弾(GPSで調整された慣性システム)でもあり、円形誤差の確率が低いのが特徴で、クラスター弾頭を搭載することが多い」とサカンツェフ氏は述べた。

これらのロケットシステムによって、前線付近と敵の後方の両方のターゲットを攻撃することが可能になる、と彼は言った。

「ウクライナ軍が最長の射程のロケット弾を手に入れれば、ロシアの飛行場、軍事基地、弾薬庫、司令部、部隊駐屯地、防空システム、大砲を、位置ではなく、その整備、輸送、準備の場所から攻撃できる」と専門家は強調した。

また、米国のM142 HIMARSは、車輪付きのプラットフォームのおかげで機動性が高く、トラックに偽装できるため、発見と破壊を困難にするという利点もあるという。
欧米のロケットランチャーに対抗する

ロシアは自国のミサイルシステムで西側のロケットランチャーに対抗できると専門家は指摘する。

「S-300、S-350、S-400、Buk、Tor-M2、Pantsyr-S、Tunguskaなど、特殊作戦に参加しているロシアの最新防空システムによって、これらのシステムのすべての弾薬は飛行中に探知され、破壊することができる」と彼は言った。



しかし、ロケットやミサイルは航空機よりも危険で複雑な標的であるため、ロシアの防空・対ミサイル防衛を適切に組織し、米国の軍需品を攻撃する必要がある、と同氏は強調した。

GPS信号で誘導されるM270やM142のロケット弾を妨害するのは現実的ではない、と専門家は言う。

「理論的、技術的には可能かもしれないが、現実的には不可能だ。なぜなら、ロケットの全飛行経路で信号を『抑制』しなければならないが、その経路の一部は敵地にも及んでおり、エネルギーだけを頼りに友好国でのロケット経路を妨害することはほとんど現実的ではないからだ」と専門家は指摘している。

M270とM142は有効な兵器であり、これに対抗するためには本格的な訓練が必要だという。

「私の考えでは、このようなシステムが発射位置に移動する前に、その配置場所で破壊することが極めて重要であり、ロシア航空宇宙軍はこの任務を遂行することができる。場合によっては、イスカンダルMシステムでこの任務を遂行することも可能であり、しかもパイロットのリスクを伴わない」とサカンツェフ氏は強調し、ロシアはさらに防空力を高める必要があると付け加えた。これらの対策は、敵から重要な攻撃能力を奪うことになると専門家は強調した。
海外製MLRS

M142 HIMARS(High Mobility Artillery Rocket System)は、米国のロッキード・マーチン社が開発した高機動型多連装ロケットシステムである。227mmロケット弾6本またはATACMS(Army Tactical Missile System)弾道ミサイル1発を搭載したランチャーを、FMTV(Family of Medium Tactical Vehicle)運搬車の5トン6輪シャシーに搭載している。

発射装置は20種類以上の弾薬を発射し、攻撃範囲は30km〜80km(ロケット弾の場合)、300km以上(戦術ミサイルの場合)です。このシステムは、米国、シンガポール、UAE、カナダ、ポーランド、ルーマニア、ヨルダンなど一部の国で運用が受け入れられている。

また、M270 MLRSは米国のロッキード・マーチン社によって開発された。米国のブラッドレー追跡プラットフォームに搭載され、約20種類の弾薬を発射する。射程32kmから500kmの標的を攻撃することができる。このシステムは17カ国の軍隊で使用されている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 00:05| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。