米軍バイオ研究所が米国依存のシステムを構築している: ずくなしの冷や水

2022年06月07日

米軍バイオ研究所が米国依存のシステムを構築している

US military biolaboratories create system of dependence on US, Duma Deputy Speaker says
In fact, Washington is creating a mass network of managing the number of people residing in various countries, Irina Yarovaya stressed

MOSCOW, June 6. /TASS/. The US is practically creating a network of managing population numbers in various countries and making other states dependent on it by using military biological laboratories worldwide, Russian State Duma Deputy Speaker Irina Yarovaya who co-chairs a parliamentary commission on the investigation into the operations of biological laboratories in Ukraine said on Monday.

"Those military laboratories that the US is creating nowadays worldwide are a new system of the entire world’s dependence on the US, only in a more dangerous aspect - in the capability of preserving, saving lives. In fact, the US is creating a mass network of managing the number of people residing in various countries," the deputy speaker said following the commission’s meeting.

She stressed that Russia’s efforts nowadays are directed at "literally forcing the US to interact with other countries" within the framework of the Biological Weapons Convention as well as to make all procedures transparent. "This is the task that is designated to resolve the most important issue - to free all peoples and countries from the real threat that is being created in the US military biological laboratories," she added.

The Duma deputy speaker also reiterated that US Under Secretary of State Victoria Nuland is not responding to an invitation to participate in a meeting of the parliamentary commission on the investigation into the operations of US biological laboratories in Ukraine. She emphasized that the commission views this silence as a "confirmation of the United States state structures’ improper activity in a military biological project on Ukrainian soil.".
米軍バイオ研究所が米国依存のシステムを構築している、とドゥーマ副議長
実際、ワシントンは、様々な国に居住する人々の数を管理する大規模なネットワークを構築している、とイリーナ・ヤロバヤは強調した。

モスクワ、6月6日。/ロシア下院のイリーナ・ヤロバヤ副議長(ウクライナにおける生物学的研究所の運営に関する調査委員会の共同議長)は、月曜日、「米国は、世界中の軍事生物学的研究所の利用によって、実質的に様々な国の人口数管理のネットワークを作り、他の国をそれに依存させようとしている」と語った。

「米国が最近世界中に作った軍事研究所は、全世界が米国に依存する新しいシステムであり、より危険な側面、つまり人命の保護や救済の能力においてのみ、である。実際、アメリカは様々な国に住む人々の数を管理する大規模なネットワークを構築している」と副議長は委員会の会合後に述べた。

彼女は、最近のロシアの努力は、生物兵器条約の枠組みの中で、「文字通り、米国に他国との交流を強制する」ことと、すべての手続きを透明化することに向けられていると強調しました。「これは、米軍の生物兵器研究所で生み出されている真の脅威から、すべての国民と国々を解放するという最も重要な問題を解決するために指定された課題である」と付け加えた。

また、ヌーランド米国務副長官が、ウクライナの米軍生物学研究所の運営に関する調査委員会の会合への招待に応じないことを改めて指摘した。彼女は、委員会がこの沈黙を「ウクライナ国内の軍事生物学的プロジェクトにおける米国の国家機構の不適切な活動の確認」と見ていることを強調した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 19:51| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。