元CIA長官ジーナ・ハスペルがタイの収容所で拷問による尋問を見学: ずくなしの冷や水

2022年06月05日

元CIA長官ジーナ・ハスペルがタイの収容所で拷問による尋問を見学

Ex-CIA director watched torture of prisoner – NYT
Gina Haspel observed an interrogation with waterboarding at a Thai black site, court testimony has revealed

Former CIA Director Gina Haspel watched as a prisoner was tortured by interrogators at a Thai black site that she ran for the agency in 2002, the New York Times reported on Friday.

As chief of the CIA base in Thailand in late 2002, Haspel personally observed interrogation sessions in which USS Cole bombing suspect Abd al-Rahim al-Nashiri was waterboarded, the newspaper outlined, citing testimony from a psychologist who took part in the torture. The doctor, James Mitchell, admitted in a Guantanamo Bay court hearing that he held a cloth over al-Nashiri’s face to direct the flow of water as another interrogator poured.

Al-Nashiri was strapped to a gurney during the torture sessions, and he was pivoted from lying on his back to an upright position to catch his breath between waterboarding pours, Mitchell reportedly testified. The prisoner was described as being nude and sometimes hooded. Interrogators used other coercive techniques, such as confining him in a small box, slapping him, or slamming his head into a burlap-covered wall, the psychologist reportedly said.

Haspel’s knowledge of the controversial interrogation techniques was previously disclosed. In fact, she wrote memos to Washington about what was done to al-Nashiri and what was learned from the interrogations. However, Mitchell’s testimony offered a more detailed peek at her work in Thailand.

Al-Nashiri was accused of orchestrating the bombing of the US Navy destroyer USS Cole, which killed 17 American sailors in 2000. According to the Times, the military judge in the criminal case against al-Nashiri allowed Mitchell’s testimony only because the CIA destroyed videotapes that defense lawyers claimed would show interrogators torturing the alleged terrorist and another prisoner at the black site.

Haspel previously acknowledged her role in destroying 92 interrogation tapes, most of which showed Abu Zubaydah, the first terrorism suspect known to have been targeted in the CIA’s post-9/11 torture program. At the time, she was chief of staff to CIA operations chief Jose Rodriguez Jr. She later went on to serve as CIA director under then-President Donald Trump, from April 2018 to January 2021.

During the 2018 Senate hearings for her confirmation as CIA director, Haspel said of the destroyed video footage, “I would also make clear that I did not appear on the tapes.” Asked by Senator Dianne Feinstein (D-California) whether she had overseen interrogations of al-Nashiri, she declined to answer, saying such information was classified. An internal review by the CIA “found no fault” with Haspel’s role in ordering the destruction of the tapes.

“The more we review the classified facts, the more disturbed we are – both by the actions she has taken during her career and by the CIA’s failure to allow the public the opportunity to consider them,” a group of senators opposing Haspel’s nomination as CIA director wrote in 2018. She got the job anyway, making her the first woman to head the agency.

A Senate probe of the torture program found that interrogators wanted to stop using such techniques on al-Nashiri because he was answering direct questions, but they were ordered by higher-ups to continue, the Times said. Al-Nashiri also was reportedly tortured later at another CIA black site. In one case, an interrogator revved a power drill next to the naked prisoner’s hooded head. In 2004, the CIA forced a dietary supplement into his rectum when he refused to eat, according to the report.

The CIA black sites were set up as part of America’s War on Terror, essentially as secret prisons to detain ‘enemy combatants’.

The European Court of Human Rights (ECHR) ruled in 2014 that Poland violated the European Convention on Human Rights, as the CIA had tortured Zubaydah and al-Nashiri in a secret facility in the country.

In 2018, the ECHR found that by allowing torture in their countries, Romania and Lithuania also violated the rights of Zubaydah and al-Nashiri.
ジーナ・ハスペル氏がタイの闇サイトで水責めによる尋問を見学していたことが、法廷証言で明らかになった。

元CIA長官のジーナ・ハスペル氏は、2002年にCIAのために運営したタイの闇サイトで、囚人が尋問官によって拷問されるのを見ていたと、ニューヨーク・タイムズが金曜日に報じました。

2002年後半、タイのCIA基地の責任者として、ハスペル氏は、USSコール爆撃の容疑者アブド・アル・ラヒム・アル・ナシリ氏が水責めで拷問されるのを自ら目撃したと、同紙は拷問に参加した心理学者の証言を引用し、概要を述べた。この医師、ジェームズ・ミッチェルはグアンタナモ湾の法廷審問で、別の尋問者が水をかける際にアル・ナシリの顔に布をかぶせて水流を誘導していたことを認めている。

アル・ナシリは拷問セッションの間、担架に縛り付けられ、水責めの間に息を整えるために仰向けから直立の姿勢にされたと、ミッチェルは証言していると伝えられています。囚人は全裸で、時にはフードを被せられたと記述されています。尋問者は、彼を小さな箱に閉じ込めたり、平手打ちしたり、麻布で覆われた壁に頭を叩きつけたりするなど、他の強制的な手法を用いたと、心理学者は語ったと報道されています。

ハスペル氏が物議を醸した尋問技術について知っていることは、以前から公表されていた。実際、彼女はアル・ナシリに何が行われ、尋問から何がわかったかについて、ワシントンへのメモを書いた。しかし、ミッチェルの証言は、彼女のタイでの仕事ぶりをより詳細に窺わせるものであった。

アル=ナシリは、2000年に17人のアメリカ人船員が死亡した米海軍駆逐艦USSコールの爆破を画策した罪に問われていた。タイムズ紙によると、アル・ナシリに対する刑事裁判の軍判事は、黒サイトで尋問官がテロリストとされる人物ともう一人の囚人を拷問している様子を映していると弁護団が主張するビデオテープをCIAが破棄したため、ミッチェルの証言を認めたという。

ハスペル氏は以前、92本の尋問テープの破棄に関与したことを認めた。その大半は、9/11以降のCIAの拷問プログラムの対象となったことが知られている最初のテロ容疑者、アブ・ズバイダを映したものであった。当時、彼女はCIA作戦主任のホセ・ロドリゲス・ジュニアの首席補佐官で、その後、ドナルド・トランプ大統領(当時)のもとで、2018年4月から2021年1月までCIA長官を務めました。

2018年の上院のCIA長官承認公聴会で、ハスペル氏は破壊されたビデオ映像について、"私はテープに出演していないことも明確にする "と述べた。ダイアン・ファインスタイン上院議員(カリフォルニア州選出)から、アル・ナシリへの尋問を監督したかどうかを問われた彼女は、そうした情報は機密であるとして回答を拒否した。CIAの内部調査では、テープの破壊を指示したハスペル氏の役割に「何の落ち度もない」とされた。

ハスペル氏のCIA長官指名に反対する上院議員グループは2018年、「機密扱いの事実を確認すればするほど、彼女のキャリアで取った行動と、それを国民に検討する機会を与えないCIAの失敗の両方によって、我々はより不安になる」と記した。彼女はとにかくその職を得、女性初のCIA長官となった。

拷問プログラムに関する上院の調査によると、尋問者はアル=ナシリが直接的な質問に答えたので、そうした技術の使用を止めようとしたが、上層部から続けるよう命じられたと、タイムズ紙は述べている。アル・ナシリはその後、別のCIAのブラックサイトで拷問を受けたとも伝えられている。あるケースでは、尋問官がフードをかぶった裸の囚人の頭の横で電動ドリルを回転させたという。2004年には、食事を拒否したアル・ナシリに、CIAが栄養補助食品を直腸に押し込んだという。

CIAのブラックサイトは、アメリカの対テロ戦争の一環として設置され、基本的に「敵性戦闘員」を拘束するための秘密刑務所として使用されていた。

欧州人権裁判所(ECHR)は2014年、ポーランドが同国の秘密施設でCIAがズバイダとアル・ナシリを拷問していたとして、欧州人権条約に違反するとの判決を下した。

2018年、ECHRは、ルーマニアとリトアニアも自国での拷問を許可することで、ズバイダとアル・ナシリの権利を侵害したと判断した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

米CIAの拷問、関与した心理学者2人の裁判開始へ
2017年8月9日 13:36
【8月9日 AFP】米中央情報局(CIA)が2001年9月11日の米同時多発攻撃以降、拘束されたテロ容疑者に対して厳しい尋問を行っていた問題で、水責めや食事制限、鎖でのつり下げといった拷問方法の開発に関わったとして、心理学者2人の陪審裁判が9月に行われることが決まった。米ワシントン(Washington)州の連邦裁判所が7日、訴訟の開始を命じた。この問題で裁判が開かれるのは初めて。

 CIAの施設に収容されていた3人の代理として、米国自由人権協会(ACLU)が訴えを起こしていた。うち1人は厳しい尋問の末、既に死亡している。

 裁判が行われることになったのは心理学者のジェームス・ミッチェル(James Mitchell)、ブルース・ジェッセン(Bruce Jessen)両被告。2002年にCIAに雇われ、テロとの戦いの一環でアフガニスタンなど各地で拘束された容疑者に対する尋問方法を開発し、尋問の実施を手助けしたとされる。

 米同時多発攻撃の首謀者とされるハリド・シェイク・モハメド(Khalid Sheikh Mohammed)被告や、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)幹部のアブ・ズベイダ(Abu Zubaydah)容疑者に対する尋問にも関与した。報酬として合計8000万ドル(約88億円)が支払われた。

 ACLUは訴状で両被告について、タンザニア人、リビア人、アフガニスタン人の元収容者3人への違法な拷問に対して責任があり、金銭的な利益も得たと主張している。
posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。