Latest US Data Shows Vaccine Injuries Skyrocketed; How Will We Recover?: ずくなしの冷や水

2022年06月05日

Latest US Data Shows Vaccine Injuries Skyrocketed; How Will We Recover?

Latest US Data Shows Vaccine Injuries Skyrocketed; How Will We Recover?
At present, the adverse events brought about by the COVID-19 vaccines are getting more and more attention from the public. If vaccination causes injury or damage, how can the body heal itself?

Juliana Mastrantonio of New York is an 18-year-old full-time college student and part-time pharmacy technician. Prior to the vaccination, she was in good health and exercised daily. Juliana was infected with COVID-19 in December 2020 and recovered without long COVID symptoms.

Juliana received her first dose of Pfizer vaccine on December 10, 2021 and her second dose on January 2, 2022. Within one week after the second dose, Juliana developed pelvic pain that gradually worsened, and she became hospitalized.

Four days after being discharged from the hospital, she developed other severe symptoms, headaches, and tremors. When she woke up the next morning, she found herself immobile from the waist down, and was paralyzed. And she is currently undergoing rehabilitation.

Juliana previously had no underlying medical condition. However, after the vaccination, she developed this set of symptoms in a short period of time without any other trigger, so it is entirely plausible that there is a link between the vaccination and Juliana’s paralysis.

It may be that the antibodies produced by the body against the spike proteins attacked nerve cells, including the spinal cord, and caused inflammation of the spinal cord. The spinal cord connects and controls all parts of the body, so serious damage to the spinal cord can cause paralysis. The European Medicines Agency has also updated the AstraZeneca COVID-19 vaccine’s product information to include rare spinal disorders as a side effect of the vaccine.

In addition, the COVID-19 vaccine can cause mitochondrial damage and induce cytokine storms that further impair the body’s immune function and lead to autoimmune diseases.

As studies, physician observations, and patient experiences have revealed many times previously, the COVID-19 vaccines, regardless of the technologies used to produce them, may cause autoimmune diseases in several organs of the body if they contain the spike proteins or other components of the virus.
Alarming Data in VAERS

Recently, controversy regarding the COVID-19 vaccines has been gradually growing.

Under the unique circumstances of the ongoing COVID-19 pandemic, the COVID-19 vaccines have been marketed rapidly and used worldwide without adequate safety testing or certainty regarding their effects on humans. With such a large vaccinated population, it is only natural that adverse events would occur on a massive scale, and the medical and scientific community is increasingly discussing these adverse events publicly.

As of May 13, 2022, the Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS), jointly administered by the Centers for Disease Control and Prevention and the Food and Drug Administration, had received more than 1.2 million adverse event reports since the introduction of the COVID-19 vaccines.

However, according to estimates published by the Agency for Healthcare Research and Quality, the number of adverse events reported by the VAERS was less than 1 percent of the actual number.

As of May 13 2022, OpenVAERS has compiled the data on adverse events from VAERS records, which include more than 28,000 deaths, over 157,000 hospitalizations, over 129,000 cases requiring urgent care, and more than 190,000 cases requiring doctor office visits. All of them meet the definition of a serious adverse event.

VAERS also has 32 years of data on deaths from all types of vaccines worldwide. According to its data, the number of deaths remained steady at a few hundred per year until 2021, when it suddenly spiked to 21,889. And as of May 2022, there had been 6,955 deaths, and the count is still ongoing.

Some may say that as the vaccinated population worldwide is large, so is the number of reported deaths. Nevertheless, the point is that the impact of this global vaccine program on human health as a whole is enormous.

Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine | NEJM
Efficacy and Safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 Vaccine | NEJM
Safety and Efficacy of Single-Dose Ad26.COV2.S Vaccine against Covid-19 | NEJM

For each adverse event, even if it was reported as a rare percentage (e.g. death rates 0.01 percent, serious adverse events 0.6 percent) in vaccine phase 3 trials, a huge number will be seen by a denominator of a 5 billion vaccinated population (two thirds of of total 7.7 billion).

A more important statistic is the vast majority of vaccine-related deaths that occurred within three days of vaccination, which shows the strength of the association.

現在、COVID-19ワクチンによってもたらされた有害事象が、一般の人々の関心を集めています。もしワクチン接種が傷害や損傷を引き起こすなら、身体はどのようにして自然治癒するのだろうか?

ニューヨークのジュリアナ・マストラントニオは、18歳のフルタイムの大学生で、パートタイムの薬局技師である。ワクチン接種前は健康状態がよく、毎日運動をしていました。Julianaは2020年12月にCOVID-19に感染し、長いCOVIDの症状もなく回復しました。

Julianaは2021年12月10日にPfizerワクチンの1回目の接種を受け、2022年1月2日に2回目の接種を受けました。2回目の接種後1週間以内にジュリアナは骨盤痛を発症し、徐々に悪化し、入院となった。

退院から4日後、他の激しい症状、頭痛、震えが発生しました。翌朝、目が覚めると、腰から下が動かなくなり、半身不随になっていた。そして現在、彼女はリハビリテーションを受けています。

ジュリアナさんには、以前は基礎疾患がありませんでした。しかし、ワクチン接種後、他のきっかけもなく短期間にこのような一連の症状を発症したことから、ワクチン接種とジュリアナさんの麻痺の間に関連性があることは十分に考えられることです。

スパイクタンパク質に対して体内で作られた抗体が、脊髄を含む神経細胞を攻撃し、脊髄に炎症を起こしたと考えられます。脊髄は体のあらゆる部分をつなぎ、コントロールしているため、脊髄に深刻な損傷が生じると、麻痺が生じる可能性があります。欧州医薬品庁は、アストラゼネカ社製COVID-19ワクチンの製品情報も更新し、ワクチンの副作用として稀な脊髄障害を記載するようにしました。

さらに、COVID-19ワクチンはミトコンドリア障害を引き起こし、体の免疫機能をさらに損ない、自己免疫疾患につながるサイトカインストームを誘発する可能性があります。

研究、医師の観察、患者の体験がこれまでに何度も明らかにしてきたように、COVID-19ワクチンは、その製造技術にかかわらず、スパイクタンパク質やウイルスの他の成分を含む場合、身体のいくつかの臓器に自己免疫疾患を引き起こす可能性があるのです。
VAERSにおける警告的データ

最近、COVID-19ワクチンに関する論争が徐々に高まってきています。

現在進行中のCOVID-19パンデミックという特殊な状況下で、COVID-19ワクチンは、十分な安全性試験や人への影響に関する確実性がないまま、急速に市場に投入され世界中で使用されています。これだけ多くのワクチン接種者がいれば、有害事象が大規模に発生するのは当然であり、医学・科学界では、こうした有害事象について公に議論する機会が増えています。

2022年5月13日現在、米国疾病対策センターと食品医薬品局が共同で運営するワクチン有害事象報告システム(VAERS)には、COVID-19ワクチン導入以降、120万件を超える有害事象の報告が寄せられています。

しかし、米国医療研究・品質保証機構が発表した推計によると、VAERSから報告された有害事象の数は実際の数の1%未満でした。

2022年5月13日現在、OpenVAERSがVAERSの記録から有害事象のデータを集計していますが、その内容は死亡28,000件以上、入院157,000件以上、緊急治療を要する129,000件以上、医師の診察を要する19万件以上となっています。これらはすべて、重篤な有害事象の定義に合致するものです。

また、VAERSは、世界中のあらゆる種類のワクチンによる死亡に関する32年間のデータを持っています。そのデータによると、2021年まで死亡者数は年間数百人で安定していたが、突然21,889人に急増した。そして2022年5月現在、死亡者数は6,955人で、現在も集計中です。

世界的にワクチン接種人口が多いので、死亡報告数も多いという意見もあるかもしれません。しかし、この世界的なワクチンプログラムが人類の健康全体に与える影響は甚大であるということです。

BNT162b2 mRNA Covid-19ワクチンの安全性と有効性|NEJM
SARS-CoV-2ワクチン(mRNA-1273)の有効性と安全性|NEJM
Covid-19に対するAd26.COV2.Sワクチンの単回接種の安全性と有効性|NEJM

それぞれの有害事象について、たとえワクチン第3相試験で稀な割合(例えば死亡率0.01%、重篤な有害事象0.6%)で報告されたとしても、50億人のワクチン接種人口(全77億人の3分の2)の分母で見ると、非常に多くの有害事象が見られることになる。

さらに重要な統計は、ワクチン関連死亡の大半がワクチン接種後3日以内に発生していることで、その関連性の強さを示している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 18:19| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。