ファイザーのCOVIDワクチン、オミクロンに対する防御効果は数週間で消失: ずくなしの冷や水

2022年06月05日

ファイザーのCOVIDワクチン、オミクロンに対する防御効果は数週間で消失

Pfizer’s COVID Vaccine Protection Against Omicron Fades After a Few Weeks: Study
The protection afforded against the Omicron coronavirus variant fades quickly after a second and third dose of Pfizer–BioNtech’s COVID-19 vaccine, according to a peer-reviewed study published in the JAMA Network.

A Danish study published in the JAMA Network on May 13 found that there was a rapid decline in Omicron-specific serum neutralizing antibodies only a few weeks after the administration of the second and third doses of the vaccine.

The study evaluated 128 adults who were vaccinated, and of that number, 73 people received two doses of the Pfizer vaccine, and 55 people received three doses between January 2021 and October 2021 or were previously infected before February 2021, and then vaccinated.

“Our study found a rapid decline in Omicron-specific serum neutralizing antibody titers only a few weeks after the second and third doses,” an abstract of the study reads. “The observed decrease in population neutralizing antibody titers corresponds to the decrease in vaccine efficacy against polymerase chain reaction–confirmed Omicron infection in Denmark and symptomatic Omicron infection in the United Kingdom.”

The antibody levels, which are associated with protection against future infections, dropped within a few weeks of getting the vaccine doses. They were also much lower than the antibodies specific to the Delta and original COVID-19 strains, according to the study.

The proportion of Omicron-specific antibodies fell to 53 percent between the eighth and tenth week from 76 percent four weeks after the second dose. At weeks 12 to 14, these levels dropped even more to only 19 percent, according to the study.

オミクロン・コロナウィルス変種に対する防御力は、ファイザー・バイオテック社のCOVID-19ワクチンの2回目と3回目の接種後、急速に低下することが、JAMA Networkに発表された査読付き研究により明らかになった。

5月13日にJAMA Networkに掲載されたデンマークの研究では、2回目と3回目のワクチン投与後、わずか数週間でオミクロン特異的血清中和抗体が急速に減少することが明らかになった。

この研究では、ワクチン接種を受けた成人128人を評価し、そのうち73人がファイザー社のワクチンを2回接種し、55人が2021年1月から2021年10月までに3回接種した、あるいは2021年2月以前に既感染し、その後ワクチン接種を受けたという。

"本研究では、2回目と3回目の接種後、わずか数週間でオミクロン特異的血清中和抗体価が急速に低下することがわかりました。"と研究の要旨に書かれています。"観察された集団中和抗体価の低下は、デンマークでポリメラーゼ連鎖反応により確認されたオミクロン感染および英国での症候性オミクロン感染に対するワクチン効果の低下に対応している。"

将来の感染に対する防御に関連する抗体レベルは、ワクチン投与を受けてから数週間以内に低下しました。また、デルタ株やオリジナルのCOVID-19株に特異的な抗体よりもはるかに低かったとのことです。

オミクロン特異的な抗体の割合は、2回目の接種から4週間後の76%から8週目から10週目の間に53%にまで低下した。12週目から14週目には、このレベルはさらに低下し、わずか19パーセントになったとのことである。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:49| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。