上海協力機構でイランが新通貨を提案: ずくなしの冷や水

2022年06月03日

上海協力機構でイランが新通貨を提案


Iran proposes new currency for trade with China, Russia, India, Pakistan in Shanghai Cooperation Organization
Iran has proposed creating a new currency to do trade with China, Russia, India, Pakistan, and other members of the Shanghai Cooperation Organization (SCO).

Tehran sent a letter to the SCO in early 2022 suggesting that a new currency could help the Eurasian nations strengthen their bilateral trade with each other, according to Iran’s foreign minister for economic diplomacy, Mehdi Safari.

A Eurasian currency would also make it easier for these countries to circumvent unilateral Western sanctions, which are illegal under international law.

Such a development would directly challenge the US-dominated financial system and the status of the dollar as the de facto global reserve currency. The US dollar is still used in the majority of global trade transactions, although the overall percentage is shrinking by the year.

Brazil’s left-wing leader Lula da Silva has similarly pledged that, if he wins the October 2022 presidential elections, he will create a new currency for trade within Latin America, called the Sur (“South”), in order to combat “the dependency on the dollar”.

The Shanghai Cooperation Organization is a Eurasian political and economic alliance that brings together countries representing more than 40% of global population and roughly one-third of the world’s GDP.
イランは、中国、ロシア、インド、パキスタン、その他の上海協力機構(SCO)加盟国との貿易を行うための新しい通貨を作ることを提案している。

イランのメフディ・サファリ外相(経済外交担当)によると、テヘランは2022年初めにSCOに書簡を送り、新しい通貨がユーラシア諸国が互いに二国間貿易を強化するのに役立つと提案したという。

また、ユーラシア通貨は、国際法上違法とされる欧米の一方的な制裁を回避することも容易にしてくれるだろう。

このような展開は、米国が支配する金融システムと、事実上の世界基軸通貨であるドルの地位に真っ向から挑戦するものである。米ドルは、世界貿易取引の大半で依然として使用されているが、全体の割合は年々減少している。

ブラジルの左派指導者ルーラ・ダ・シルバも同様に、2022年10月の大統領選挙に勝利した場合、「ドルへの依存」に対抗するため、ラテンアメリカ内の貿易に用いる新しい通貨「スール(「南」)」を創設すると公約している。

上海協力機構は、世界の人口の40%以上、GDPの約3分の1を占める国々が加盟するユーラシア大陸の政治・経済同盟です。


上海協力機構
中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタン・インド・パキスタン、イランの9か国
オブザーバー:モンゴル
posted by ZUKUNASHI at 22:15| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。