ロシア衛生局、サル痘対策でEAEUとWHO欧州地域を支援する用意あり: ずくなしの冷や水

2022年06月02日

ロシア衛生局、サル痘対策でEAEUとWHO欧州地域を支援する用意あり

Russia’s sanitary watchdog ready to assist EAEU, WHO European Region in fighting monkeypox
The sanitary watchdog emphasized that nowadays, the solutions of Russian virologists and epidemiologists are in demand at the venues of specialized international organizations
ロシア衛生局、サル痘対策でEAEUとWHO欧州地域を支援する用意あり
ロシア衛生局は、現在、ロシアのウイルス学者と疫学者の解決策が、専門的な国際機関の場で求められていることを強調した。
MOSCOW, June 2. /TASS/. The Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing is ready to provide consultations and practical assistance in the fight against the spread of monkeypox to the countries of the Eurasian Economic Union (EAEU) and the WHO European Region, the press service of the sanitary watchdog told journalists on Thursday.

"The Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing has already received requests from the EAEU countries and the WHO European Region for consultations and practical help in counteracting the spread of the monkeypox virus, including on the use of Russian test systems. If necessary, the partners will receive appropriate assistance," the statement said.

Earlier, the agency presented scientific research results on fighting the spread of the disease at an international conference organized by the WHO. Experts on epidemiology and virology reviewed the general epidemiology of monkeypox, including the current outbreak, its diagnostics as well as recommendations on laboratory testing for the presence of the virus.

"The Vector Center of the Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing presented to the international community the results of scientific developments of the modern diagnostic means of the monkeypox virus and other orthopoxviruses that are pathogenic to humans. The demonstrated systems help detect the disease and distinguish it from similar infections rapidly and with high precision. Russian research caused great interest," the agency’s press service said.

The sanitary watchdog emphasized that nowadays, the solutions of Russian virologists and epidemiologists are in demand at the venues of specialized international organizations. The agency’s researchers and specialists continue to actively interact with the WHO and the EAEU countries on preventing and responding to new epidemiological threats, including monkeypox, the press service noted.

Earlier, the agency’s press service noted that Russia did not have any monkeypox infections. The sanitary watchdog is taking the necessary steps to prevent the import of the infection and curtail the possibility of its spread in Russia.

モスクワ、6月2日。/消費者権利保護・人間福祉監視連邦局は、ユーラシア経済連合(EAEU)諸国およびWHO欧州地域に対し、サル痘の蔓延対策に関する相談・実務支援を行う用意があると、衛生監視団のプレスサービスが木曜日に記者団に伝えた。

"消費者の権利保護と人間の福利に関する監視のための連邦サービスは、すでにEAEU諸国とWHO欧州地域から、ロシアの検査システムの使用を含む猿痘ウイルスの拡散対策に関する協議と実践的な支援の要請を受けています。必要であれば、パートナーは適切な支援を受けることができる」と声明は述べている。

これに先立ち、WHOが主催する国際会議において、同機関は病気の蔓延対策に関する科学的研究成果を発表しました。疫学とウイルス学の専門家は、現在の流行を含むサル痘の一般的な疫学、その診断法、およびウイルスの存在に関する実験室での検査に関する推奨事項を検討しました。

「消費者権利保護と人間の福利に関する監視のための連邦政府サービスのベクターセンターは、サルポックスウイルスとヒトに病原性を持つ他のオルソポックスウイルスの最新の診断手段の科学的開発の結果を国際社会に発表しました。この診断システムは、サル痘ウイルスを検出し、類似の感染症との区別を迅速かつ高い精度で行うことができるものです。ロシアの研究は大きな関心を呼んだ」と同庁のプレスサービスは述べている。

衛生監視団は、現在、ロシアのウイルス学者や疫学者のソリューションは、専門の国際機関の場で求められていることを強調した。同機関の研究者や専門家は、サル痘を含む新たな疫学的脅威の予防と対応について、WHOやEAEU諸国と積極的に交流し続けている、と同記者らは述べています。

これに先立ち、同庁のプレスサービスは、ロシアではサル痘の感染が発生していないことを指摘しています。衛生監視機関は、この感染症の輸入を防ぎ、ロシアで広がる可能性を抑制するために必要な措置をとっている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 18:00| Comment(0) | サル痘
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。