ドンバス、ヘルソン、ザポロジェがロシア編入の国民投票へ : ずくなしの冷や水

2022年06月03日

ドンバス、ヘルソン、ザポロジェがロシア編入の国民投票へ

Kherson region intends to accede to Russia soon, becoming its constituent, authorities say
The region will become Russia’s full-fledged territorial entity, Kirill Stremousov stressed
シンフェロポリ、5月31日。/TASS/。ヘルソン地域の当局は、この地域がロシアの本格的な領土組織になるために、近い将来、ロシア連邦に入る地域の問題を提起する予定であると、ヘルソン地域の軍事文民政権の副長官であるキリル・ストレモソフ氏はTASSに語った。火曜日に。
「ヘルソン地域は近い将来、ロシア連邦に加盟し、本格的な構成員になる予定だ」と当局者は述べた。

・・・ヘルソンのこの計画は前から表明されていましたが、ロシアルーブルの使用などのロシアが進んでいます。この8年のウクライナ内政を知っていれば、この際にロシア連邦の傘下に入って保護を求める市民の希望は強いでしょう。クリミア半島の付け根の地域ですからクリミヤのようにロシアに併合されようとしているのですね。



Kremlin says up to Donbass population to decide on referendum to join Russia
"Firstly, it must be the people’s will, secondly, proper conditions must be set in place to organize referendums," Dmitry Peskov stressed
MOSCOW, June 2. /TASS/. Arranging potential referendums to join Russia in the Donetsk People’s Republic (DPR), the Lugansk People’s Republic (LPR), the Kherson Region and Zaporozhye requires the will and the desire of the people living there as well as ‘certain conditions,’ Kremlin Spokesman Dmitry Peskov said on Thursday.

Peskov’s statement comes on the heels of an earlier remark made by the leader of the Liberal Democratic Party and Chairman of the State Duma’s Committee on International Affairs, Leonid Slutsky, who said that referendums on the territories of DPR, LPR, the Kherson Region and Zaporozhye were likely to be organized this summer.

"It is not up to the Kremlin to make decisions on [the organization of] referendums," Peskov told journalists. "We have repeatedly stated that it is completely up to the people living on these territories to decide on their future."

"Firstly, it must be the people’s will, secondly, proper conditions must be set in place [to organize referendums]," the Russian presidential spokesman said.

Asked by a correspondent to specify the nature of possible conditions on the issue, Peskov said: "It is obvious that at the times, when security in not fully guaranteed given that we see continuous strikes by Ukrainian troops and nationalists targeting these territories, we don't see the possibility of talking about this [the organization of referendums] right now."

"We need to have - a) The will and desire of the people; b) to organize a set of required conditions," he stipulated.
モスクワ、6月2日。/TASS/。ドネツク人民共和国(DPR)、ルガンスク人民共和国(LPR)、ヘルソン地域、ザポロジェでロシアに参加するための潜在的な国民投票を手配するには、そこに住む人々の意志と願望、および「特定の条件」が必要です。ペスコフは木曜日に言った。

ペスコフの声明は、自由民主党の指導者であり、下院の国際問題委員会の委員長であるレオニード・スルツキーが、DPR、LPR、ヘルソン地域、ザポロジエの領土に関する国民投票が今年の夏に組織される可能性があるとの発言に続くものです。

「国民投票の決定を下すのはクレムリン次第ではない」とペスコフはジャーナリストに語った。 「私たちは、これらの地域に住む人々が彼らの将来を決定するのは完全に責任があると繰り返し述べてきました。」

ロシアの大統領スポークスマンは、「第一に、国民投票を組織するために、国民投票を実施するための適切な条件を設定する必要がある」と述べた。

特派員からこの問題で起こりうる状況の性質を特定するよう求められたペスコフは、次のように述べています。今のところ、この[国民投票の組織]について話す可能性は見当たらない」と語った。

「私たちは-a)人々の意志と願望; b)必要な条件のセットを整理する必要があります」と彼は規定しました。
posted by ZUKUNASHI at 13:03| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。