ロシアの都市が砲撃されたら西側のdecision centersを攻撃と警告: ずくなしの冷や水

2022年06月05日

ロシアの都市が砲撃されたら西側のdecision centersを攻撃と警告




NATOの本部はベルギーのブラッセル。Western decision centersがどこを指すかわかりません。

リブフはウクライナでそのような役割を担っていましたが、この警告はウクライナ外の施設を攻撃するとの威嚇でしょう。

ロシア本土からブラッセルまで2000kmです。攻撃するとなれば、公海上の軍艦から巡航ミサイルでということになるでしょう。北海からなら300kmの距離を置いて攻撃できる。

このツイートの情報は注目されますが、ロシア系のメディアではまだ見ていません。



[1日 ロイター] - ロシアのリャブコフ外務次官は1日、米国が高機動ロケット砲システム(HIMARS)をウクライナに供給することに反発し、米ロの直接衝突に発展するリスクが高まると警告した。

国営通信社RIAノーボスチに、米国の対ウクライナ軍事支援をロシアは「極めてネガティブに」受け止めていると述べた。HIMARSの供与を特に重要視しているとした。

米政府は1日に発表予定の7億ドル規模の対ウクライナ軍事支援策にHIMARSを盛り込むとしている。米政権高官によると、ウクライナはこれをロシア領内を攻撃するためには使用しないと約束した。

リャブコフ氏は米国とロシアが直接衝突する可能性について、どのような武器の供給もそうしたリスクを高めると指摘した。

「米国は解決策を見出すために何もしていない。特別軍事作戦(ウクライナ戦争)が始まる何年も前から変わっていない」と述べ、ウクライナでの戦闘行為をエスカレートさせたのは米国だと非難した。

Ukraine gave ‘assurances’ about US-supplied weapons – Blinken
The US trusts Ukraine’s word about using HIMARS against Russia
Kiev has given Washington assurances that US-supplied rocket launchers won’t be used to attack targets inside Russian territory, US Secretary of State Antony Blinken said on Wednesday. He was the latest US official to raise the issue, as Moscow voiced concerns over the escalation of hostilities in Ukraine.

Speaking to reporters after a meeting with NATO Secretary General Jens Stoltenberg, Blinken was asked about the HIMARS multiple launch rocket systems, the latest high-tech weapon the US has committed to sending Ukraine.

“The Ukrainians have given us assurances that they will not use these systems against targets on Russian territory,” Blinken said, adding, “There is a strong trust bond between Ukraine and the US, as well as with our allies and partners.”

He also dismissed Moscow’s warnings and concerns that Washington’s weapons deliveries to Kiev risked further escalating the conflict.

“The best way to avoid escalation is for Russia to stop the aggression and the war it started,” Blinken said, arguing that it could be “over tomorrow” if Moscow so chose, but is likely to go on for “many months” instead.
キエフは、米国が供給するロケットランチャーがロシア領内の標的を攻撃するために使用されないことをワシントンに保証したと、アントニー・ブリンケン米国務長官は水曜日に述べた。モスクワがウクライナでの敵対行為の激化に懸念を表明する中、この問題を提起した最新の米政府関係者である。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長との会談の後、ブリンケン氏は、アメリカがウクライナに送ることを約束した最新のハイテク兵器である多連装ロケットシステムHIMARSについて質問され、こう答えた。

"ウクライナ側は、これらのシステムをロシア領内の目標に対して使用しないと確約している "とブリンケン氏は述べ、"ウクライナとアメリカ、そして同盟国とパートナーとの間には強い信頼の絆がある "と付け加えた。

彼はまた、キエフへのワシントンの兵器提供は紛争をさらにエスカレートさせる危険性があるというモスクワの警告と懸念を否定した。

「エスカレートを避ける最善の方法は、ロシアが侵略と戦争をやめることだ」とブリンケン氏は述べ、モスクワが望めば「明日にでも終わる」かもしれないが、「何カ月も」続く可能性が高い、と主張した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Kremlin explains why it doesn't trust Zelensky
President Zelensky cannot be trusted not to use weapons to attack targets in Russia, Moscow says
Ukraine cannot be trusted to abide by Washington’s wishes and not use US-supplied rocket launchers against targets in Russia, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said on Wednesday. Kiev has a poor record on keeping its word, the official claimed.

Peskov was commenting on the US decision to provide Ukraine with HIMRAS multiple rocket launchers. US officials stated that the weapon systems would not be used against targets in Russia, arguing that this made Washington not a party to the Ukraine conflict.

Ukraine’s President Volodymyr Zelensky pledged to honor the US assurances when he spoke to Newsmax.

“We’re not interested in what’s happening in Russia,” he promised in an interview published on Wednesday. “We’re only interested in our own territory in Ukraine.”

When asked about the promise, Peskov said Russia didn’t trust Zelensky to keep his word.
クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ウクライナはワシントンの意向に従い、米国が提供したロケットランチャーをロシアの標的に使用しないことを信用できないと述べた。キエフは約束を守った実績が乏しいと、同報道官は主張した。

ペスコフ報道官は、米国がウクライナにHIMRASマルチロケットランチャーを提供することを決定したことについてコメントした。米国当局は、この兵器システムはロシアの標的には使用されないと述べ、これによってワシントンはウクライナ紛争の当事者ではなくなると主張した。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、Newsmaxの取材に対し、米国の保証を尊重することを約束した。

「我々はロシアで起こっていることに興味はない」と彼は水曜日に発表されたインタビューで約束した。"我々はウクライナの自国の領土にしか興味がない。"

この約束について質問されたペスコフは、ロシアはゼレンスキーが約束を守ることを信用していないと述べた。

Ukraine to decide range of Washington’s rockets – US ambassador
The new envoy to Kiev has shrugged off Biden and Blinken guarantees
The range of rocket launchers supplied by the US will be up to the Ukrainians, Washington’s new ambassador, Bridget Brink, said after taking up her post in Kiev on Thursday. President Joe Biden himself denied the US was enabling Ukraine to strike Russia, while Secretary of State Antony Blinken said Kiev had made a promise to that effect as well.

Brink held a press conference on Thursday, after presenting her credentials to Ukrainian President Volodymyr Zelensky, declaring that her mission in Kiev was to “help Ukraine prevail against Russian aggression.”

Asked about the HIMARS multiple rocket launch systems (MLRS) that the US is supplying to Kiev as part of a $700 million military aid package, she volunteered the details about their command and control.

“The range itself is going to be up to the Ukrainian side,” Brink said.

The remark, translated into Ukrainian and re-translated into English, quickly made the rounds on social media, to the effect that the US would not “regulate” the range of the HIMARS.

Four M142 High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS) launchers were “pre-positioned” in Europe, the Pentagon revealed on Thursday, after Biden officially announced their delivery to Ukraine. They will be armed with “battlefield munitions,” the White House said, which was widely taken to mean barrage rockets with a range of 32-60 kilometers rather than the 300-kilometer range ballistic projectiles HIMARS is also capable of launching.

Moscow has warned the US about the risk of escalation if Kiev uses the new weapons to strike inside Russian territory, but the government in Washington has repeatedly insisted this would not happen.

“We are not encouraging or enabling Ukraine to strike beyond its borders,” Biden wrote in a New York Times op-ed on Tuesday. Speaking after a meeting with the NATO secretary-general in Washington, Biden’s top diplomat said the US had Ukrainian promises such an attack wouldn’t happen.

“The Ukrainians have given us assurances that they will not use these systems against targets on Russian territory,” Blinken said. “There is a strong trust bond between Ukraine and the US, as well as with our allies and partners.”

Russia has said it will use military means to mitigate threats posed by American and other NATO weapons in Ukrainian possession, and that Washington was obviously escalating the crisis and increasingly risking direct confrontation with Moscow – noting that this was something Biden himself said he wished to avoid.
ワシントンDCのブリジット・ブリンク新大使は、木曜日にキエフで着任した後、アメリカから供給されるロケットランチャーの範囲はウクライナ人次第であると述べた。ジョー・バイデン大統領自身は、アメリカがウクライナにロシアを攻撃させることを否定し、アントニー・ブリンケン国務長官は、キエフがそのような趣旨の約束もしたと述べた。

ブリンクは木曜日、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領に信任状を提出した後、記者会見を開き、キエフでの任務は "ロシアの侵略に対してウクライナが勝利するのを助ける" ことであると宣言した。

米国が7億ドルの軍事援助の一環としてキエフに供給しているHIMARS多連装ロケット発射システム(MLRS)について質問され、彼女はその指揮統制に関する詳細を自ら語った。

「射程距離そのものはウクライナ側次第だ」とブリンクは言った。

この発言はウクライナ語に翻訳され、英語に再翻訳されたもので、米国はHIMARSの射程を「規制」しないという趣旨のもので、すぐにソーシャルメディアで話題になった。

M142高機動砲ロケットシステム(HIMARS)ランチャー4基がヨーロッパに「事前配置」されていることを、バイデン氏がウクライナへの納入を公式に発表した後、ペンタゴンが木曜日に明らかにした。ホワイトハウスは、HIMARSが発射可能な300キロの弾道弾ではなく、32〜60キロの射程の弾幕ロケットを意味すると広く受け止められている「戦場弾」を装備すると発表した。

モスクワは、キエフが新兵器を使用してロシア領内を攻撃した場合、エスカレートする危険性があるとアメリカに警告したが、ワシントン政府はそのようなことは起こらないと繰り返し主張している。

バイデン氏は火曜日のニューヨークタイムズ紙の論説で、「我々はウクライナが国境を越えて攻撃することを奨励したり、可能にしたりしていない」と書いている。バイデン氏の首席外交官は、ワシントンでのNATO事務総長との会談の後、アメリカはウクライナに対し、そのような攻撃は起こらないと約束したと語った。

「ウクライナ人は、ロシア領土内の目標に対してこれらのシステムを使用しないという確約を我々に与えている」とブリンケン氏は述べた。「ウクライナとアメリカ、そして同盟国やパートナーとの間には強い信頼の絆があるのです。

ロシアは、ウクライナ保有のアメリカや他のNATOの兵器がもたらす脅威を軽減するために軍事的手段を用いるとし、ワシントンは明らかに危機をエスカレートさせ、ますますモスクワとの直接対決のリスクを高めているとし、これはバイデン氏自身が避けたいと述べたものであることに言及しています。

posted by ZUKUNASHI at 20:29| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。