モンキーポックスは空気感染する 無症状者からも感染: ずくなしの冷や水

2022年07月08日

モンキーポックスは空気感染する 無症状者からも感染

@ サル痘が空気感染することが確認されています。
一番の感染経路は、接触感染のようです。患者の皮膚病変に触ることが最も危険。

A 発疹が起こる前から上気道スワブ検体からウイルスが検出されています。CT値も25以下と高い。

症状が出る前からウィルスが放出されている。感染が生じます。米国CDCがそのサイトから空気感染に関する記述を削ったことに強い疑問を呈する人がいます。

B 治療薬はない。(日本の安価な薬、トラニラスト(リザベン)が効くとの説もありますが、臨床などのデータがありません)

C 天然痘の予防注射が効果があるとの見解もありますが、WHOは現時点では推奨していません。
ベルリンで天然痘の予防接種を受けていた50代男性の感染確認

D 哺乳類のペットに感染する。

E 潜伏期は12日程度、3週間説も。

F 死亡率は1%説から10%説まで幅がある。

G 感染確認はPCR検査による。
日本は、PCR検査機器が海外よりも不備ですから、今回も検査不足の事態が生じえます。
現状、国内で検査可能なのは国立感染症研究所(東京)に限られる。

H 感染者の使用した衣類、寝具などに触らない。(感染者の皮膚に接したものはウィルスが付着している。)

まだ東アジアでは感染者が報告されていませんが、確認された感染者は氷山の一角です。日本にいつ入ってきてもおかしくない。

新コロナウィルスの出現当初と同じような状況です。
日本での対応は、遅れるでしょう。海外の情報に注目する必要。

最新のサル痘発生状況







2022年06月02日
サル痘 何が何でも感染できない事態
モンキーポックスについて、日本語での情報発信が早いのはAngama@Angama_Market氏のツイートです。フォロー推奨。

2022年05月25日
モンキーポックスの確認地域が広がっている

2022年05月24日
モンキーポックスで緊急事態宣言が出る見込み

2022年05月21日
モンキーポックスについて知っておくべきこと

2022年05月20日
モンキーポックスの拡大に警戒強まる
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | サル痘
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。