ウクライナ赤十字社「健康な臓器」を持つ子供の記録: ずくなしの冷や水

2022年05月30日

ウクライナ赤十字社「健康な臓器」を持つ子供の記録

Russia to probe claims of suspicious activity by Red Cross
The Ukrainian branch of the aid group allegedly catalogued children with healthy organs
The Russian Investigative Committee said on Sunday it will look into allegations the Ukrainian Red Cross Society was involved in shady activities, including keeping records of children with “healthy organs” in the city of Mariupol.

The claim came from Vladimir Taranenko, the head of the Donetsk-based civic organization called ‘Peoples Retinue,’ a volunteer movement that states as one of its goals assisting law enforcement in the Donetsk People’s Republic (DPR).

The activist posted a video of what he called a search of the Red Cross office in Mariupol on his social media and claimed some of the evidence found there casts the Ukrainian national society in a very suspicious light.

He claimed the office had medical records for over 1,000 children, but they marked their “healthy organs” instead of any medical conditions or procedures.

Taranenko also claimed that some of the reading materials discovered at the office were instructions on “how to use weapons, including in a format intended for children.”

The video showed at least one military-related manual. It was a printout of “Practical Military Ordnance Identification” by Thomas Gersbeck, a retired US Marines Explosive Ordnance Disposal (EOD) technician. The book is a field manual on how to identify unexploded munitions and handle them in a safe manner.

Taranenko has said that DPR investigators will “shed light” on the activities of the society. The Russian committee said it will add the video to a list of evidence it already has regarding suspected crimes by Kiev.

Mariupol is a major port city in what the DPR claims as its sovereign territory. It was captured by Russian and DPR forces during the ongoing military campaign against Ukraine.

Neither the Ukrainian society nor the International Committee of the Red Cross would immediately comment on the allegations.
ロシア、赤十字の不審な活動の主張を調査へ
赤十字のウクライナ支部は、健康な臓器を持つ子供たちのカタログを作成した疑いがある。
ロシア調査委員会は日曜日、ウクライナ赤十字社がマリウポリ市で「健康な臓器」を持つ子供の記録を残すなど、疑わしい活動に関与していた疑惑について調査することを明らかにした。

この主張は、ドネツクを拠点とする市民団体「人民報復」の代表であるウラジミール・タラネンコのもので、同団体はドネツク人民共和国(DPR)の法執行を助けることを目標の一つとしているボランティア運動である。

この活動家は、マリウポルの赤十字事務所を捜索したビデオを自身のソーシャルメディアに投稿し、そこで見つかった証拠のいくつかは、ウクライナの国家社会に非常に疑わしい光を投げかけていると主張しました。

彼は、事務所には1,000人以上の子どもの医療記録があったが、そこには病状や処置の代わりに「健康な臓器」と記されていたと主張した。

タラネンコはまた、オフィスで発見された読み物の中には、"子供向けの形式を含む、武器の使用方法 "を説明したものもあったと主張している。

ビデオには、少なくとも1冊の軍事関連のマニュアルが映っていた。それは、米海兵隊の爆発物処理(EOD)技術者を引退したトーマス・ガースベックによる「実践的軍需品識別」のプリントアウトだった。この本は、不発弾の見分け方、安全な扱い方などの現場マニュアルである。

タラネンコ氏は、DPRの調査団が同会の活動に「光を当てる」と発言している。ロシア委員会は、キエフによる犯罪の疑いに関して、すでに持っている証拠のリストにこのビデオを追加すると述べた。

マリウポルは、ドネツク人民共和国が主権国家として主張する主要な港湾都市である。ウクライナに対する進行中の軍事作戦の間に、ロシア軍とドネツク人民共和国軍によって占領された。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:43| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。