ウクライナ難民が風俗店で働いている: ずくなしの冷や水

2022年06月07日

ウクライナ難民が風俗店で働いている

Japan warns Ukrainians against adult entertainment jobs
Some Ukrainians have been “working at certain types of establishments they’re not allowed to,” according to the justice minister
Ukrainian refugees who have fled to Japan from the conflict with Russia have been warned that their visas don’t allow them to work in adult entertainment establishments, according to Japanese Justice Minister Yoshihisa Furukawa.

“There have been cases in which evacuees [from Ukraine] have been reported to be working at certain types of establishments they are not allowed” to work at, Furukawa explained, following a Cabinet meeting on Friday.

These ‘establishments’ include hostess clubs, bars and other adult entertainment venues in Japan, the minister clarified. The Immigration Services Agency has already sent written notifications to Ukrainian refugees informing them that their visas don’t allow them to take jobs that are covered by the adult entertainment law, he said.

The evacuees are allowed to switch their visa status to be able to stay in Japan for a year, but even residential status won’t make jobs in the adult entertainment sector available for them.

Some 14 million people have fled Ukraine since the start of the Russian military operation in the country in late February, according to UN estimates. Over 1,000 of them have ended up in Japan. Furukawa has also expressed concerns that Ukrainian women could become victims of human trafficking, with such reports coming from other countries.

Earlier this month, a researcher for the Organization for Security and Co-operation in Europe (OSCE) revealed that online searches for sex workers from Ukraine spiked by 600% around the globe after the outbreak of the conflict.
法相によると、一部のウクライナ人は「許可されていない特定の種類の施設で働いている」という。
古川禎久法務大臣によると、ロシアとの紛争から日本に逃れてきたウクライナ人難民は、ビザが風俗店での就労を許可していないと警告されているそうです。

「ウクライナからの)避難者が、働くことが許可されていない特定の種類の施設で働いていると報告されているケースがある」と、古川法相は金曜日の閣議後、説明した。

この「施設」には、日本国内のホステスクラブ、バー、その他の風俗店が含まれると、大臣は明言した。入国管理局はすでにウクライナ人難民に、ビザでは風俗営業法の適用を受ける仕事に就けないことを伝える通知書を送ったという。

避難民は在留資格を切り替えて1年間日本に滞在できるようになっているが、在留資格でも風俗関係の仕事に就くことはできない。

国連の推計によると、2月下旬にウクライナでロシアの軍事作戦が始まって以来、約1400万人が国外に避難している。そのうち1,000人以上が日本にたどり着いたという。古川はまた、ウクライナの女性が人身売買の犠牲になる可能性に懸念を示しており、そのような報告は他の国からも寄せられている。

今月初め、欧州安全保障協力機構(OSCE)の研究者は、紛争勃発後、世界中でウクライナ出身の性労働者のオンライン検索が600%急増したことを明らかにした。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 18:30| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。