天然痘の予防接種は、猿痘に対する防護になる: ずくなしの冷や水

2022年05月29日

天然痘の予防接種は、猿痘に対する防護になる



Lack of control could lead to terrorists using smallpox pathogens, says Defense Ministry
The chief of Radiation, Chemical and Biological Protection Force Igor Kirillov noted that smallpox vaccination, which many countries do not currently have, provides protection against monkeypox

MOSCOW, May 27. /TASS/. Lack of proper control could lead to the use of smallpox pathogens for terrorist purposes, Chief of Russian Radiation, Chemical and Biological Protection Force Igor Kirillov said on Friday.

"Lack of proper control and violations of biosafety requirements in the United States could cause the use of this pathogen for terrorist purposes. Between 2014 and 2021, unaccounted-for ampoules of the virus were repeatedly found in laboratories of the US Food and Drug Administration (FDA), the US Army Medical Research Institute of Infectious Diseases (USAMRIID) in Maryland and the Vaccine Research Center (VRC) in Pennsylvania," Kirillov said.

According to him, the work at these organizations was conducted in violation of the 1996 World Health Assembly resolution, according to which smallpox pathogen can be stored in only one US laboratory, which is the National Center for Infectious Diseases in Atlanta.

The chief of Radiation, Chemical and Biological Protection Force noted that smallpox vaccination, which many countries do not currently have, provides protection against monkeypox. He pointed out the World Health Organization has announced an emergency meeting of member states on the occurrence of an outbreak of this dangerous infectious disease in May 2022.

"We know that so far, 98% of those who caught the disease are homosexual males over 20. Earlier, Dr. David Hermann, who formerly headed WHO's emergencies department, said in an interview with the American press that sexual transmission is the main cause of the spread of the disease," Kirillov added.
管理不足により、テロリストが天然痘の病原体を使用する可能性があると国防省が指摘
放射線・化学・生物防護部隊のイーゴリ・キリロフ部長は、現在多くの国が行っていない天然痘の予防接種は、猿痘に対する防護になると指摘した

モスクワ、5月27日。/ロシア放射線・化学・生物防護部隊のイゴール・キリロフ隊長は、適切な管理の欠如により、天然痘の病原体がテロ目的で使用される可能性があると、金曜日に述べた。

"米国における適切な管理の欠如とバイオセーフティ要件への違反は、この病原体のテロ目的での使用を引き起こす可能性があります。2014年から2021年にかけて、米国食品医薬品局(FDA)、メリーランド州の米国陸軍感染症研究所(USAMRIID)、ペンシルバニア州のワクチン研究センター(VRC)の研究所で、このウイルスの所在不明のアンプルが繰り返し発見されました」と、キリロフ氏は述べました。

これらの組織での作業は、1996年の世界保健総会決議に違反して行われたもので、それによると、天然痘の病原体は、アトランタの国立感染症センターという米国の研究所にのみ保管することができる。

放射線・化学・生物防護隊長は、現在多くの国が行っていない天然痘の予防接種が、サル痘に対する防護になると指摘した。彼は、世界保健機関が2022年5月にこの危険な感染症の発生に関する加盟国の緊急会議を開催すると発表したことを指摘した。

"これまでのところ、この病気にかかった人の98%が20歳以上の同性愛者の男性であることがわかっています。これに先立ち、かつてWHOの緊急事態部門を統括していたデビッド・ハーマン博士は、アメリカの報道機関とのインタビューで、性的な感染が主な感染原因であると述べています」とキリロフ氏は付け加えた。

Russia calls on WHO to investigate US-funded laboratories in Nigeria − Defense Ministry
According to the Defense Ministry’s briefing slides, two US-controlled biolaboratories operate in the city of Abuja, one in the city of Zaria, and another one in Lagos
ロシア、WHOに米国が出資するナイジェリアの研究所を調査するよう要請-国防省
国防省の説明用スライドによると、米国が管理するバイオラボがアブジャ市、ザリア市、ラゴスにそれぞれ2つずつ運営されています
MOSCOW, May 27. /TASS/. Russia calls on the WHO leadership to investigate the activities of US-funded Nigerian laboratories in Abuja, Zaria and Lagos, Chief of Russian Radiation, Chemical and Biological Protection Force Igor Kirillov said on Friday.

"Against the background of numerous cases of US violations of biosafety requirements and facts of negligent storage of pathogenic biomaterials, we call on the leadership of the World Health Organization to investigate the activities of US-funded Nigerian laboratories in Abuja, Zaria, Lagos and inform the world community about its results," Kirillov said.

He recalled that according to the WHO report, the West African strain of the monkeypox pathogen came from Nigeria, another state in which the US has deployed its biological infrastructure. "According to available information, there are at least four Washington-controlled biolaboratories operating in Nigeria," the official stressed.

According to the Defense Ministry’s briefing slides, two US-controlled biolaboratories operate in the city of Abuja, one in the city of Zaria, and another one in Lagos.
モスコー、5月27日。/TASS/. ロシア放射線・化学・生物防護隊長イーゴリ・キリロフは、金曜日、WHO指導部に対し、アブジャ、ザリア、ラゴスの米国資金によるナイジェリア研究所の活動を調査するよう要請した、と述べた。

「米国がバイオセーフティ要件に違反し、病原性生体物質の保管を怠ったという多くの事例を背景に、我々は世界保健機関の指導者に、アブジャ、ザリア、ラゴスの米国出資のナイジェリア研究所の活動を調査し、その結果を世界社会に報告するよう要請する」とキリロフ氏は述べた。

彼は、WHOの報告書によると、西アフリカのサル痘菌は、米国が生物学的インフラを配備しているナイジェリアから来たものであることを思い出した。「入手可能な情報によれば、ナイジェリアには少なくとも4つのワシントンが管理する生物学的実験室がある」と同職員は強調した。

国防省の発表資料によると、アブジャ市に2ヶ所、ザリア市に1ヶ所、ラゴスに1ヶ所の米国管理下の生物実験室が稼動しているという。
posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(2) | 健康・病気
この記事へのコメント
天然痘の予防接種ですか。

サル痘の危険性と天然痘ワクチンの副症状のどちらが大きいか、自腹組手からやったほうがよいように思います。

新型コロナと新型コロナワクチンの時もそうであったと思いますが、天然痘ワクチンの副症状は決して小さくないので、日本では70年代に訴訟があり国が敗訴していますので。
Posted by 水源 at 2022年05月29日 22:51
こんばんは 水源さん
日本でもワクチンは少しは保有しているようですね。
ロシアは、天然痘の予防接種が効くといっていますが、WHOは今のところ予防接種を推奨する動きは示していませんね。
コロナワクチンで免疫力が低下しているのに、ここに天然痘のワクチンを打ったら副作用は大きくなりますね。
私の子供のころのツベルクリン反応とBCG接種は、先生も緊張していましたし、確か接種部が化膿したとかの症状の出た人もいたような記憶があります。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年05月29日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。