West declared total war on Russian world – Moscow: ずくなしの冷や水

2022年05月27日

West declared total war on Russian world – Moscow

West declared total war on Russian world – Moscow

The confrontation between Western nations and Russia amounts to “total war,” Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Friday during a meeting with the heads of Russian regions.

Russian society and major political forces support the government’s decision to face this challenge, he added.

Western nations “are doubling, tripling, and quadrupling their efforts to deter our nation. They use a wide array of tools, from unilateral economic sanctions to totally deceitful propaganda in the global media,” Lavrov said, noting that “low-level Russophobia, which to our deepest regret is promoted by a number of governments, has risen to unprecedented levels.”

“The West has declared total war against us, against the entire Russian world. Nobody even hides this fact now,” Lavrov stated.

The ‘cancel culture’ targeting everything connected to our nation has become absurd.

Russia responded to the pressure with a uniting of “all healthy patriotic forces” and a surge of public support for Russia’s foreign policy, the foreign minister said.

Lavrov also noted that the crisis has exposed the true nature of the promises given to Russia 30 years ago, after the collapse of the USSR. “We now see the value of all the talk about universal values and the need to turn Europe into a common home from the Atlantic to the Pacific.” No one should have illusions about the attitude of the US and its allies towards Russia, he added.
西側諸国とロシアの対立は「全面戦争」に相当すると、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は金曜日、ロシアの地方首長との会談で述べた。

ロシア社会と主要な政治勢力は、この難題に立ち向かう政府の決定を支持していると、ラブロフ外相は付け加えた。

西側諸国は、「わが国を抑止するための努力を2倍、3倍、4倍にしている。彼らは、一方的な経済制裁から、世界のメディアにおける完全に欺瞞的なプロパガンダまで、幅広い手段を用いている」とラブロフ氏は述べ、「私たちが最も残念に思うのは、多くの政府によって推進されている低レベルのロシア恐怖症が、前例のないレベルまで上昇している」ことに言及した。

「西側諸国は、我々、そしてロシア世界全体に対して全面戦争を宣言している。この事実を隠している者はいない」とラブロフは述べた。

我が国に関係するあらゆるものを標的にする『キャンセル文化』は不条理なものとなっている。

ロシアはこの圧力に対し、「すべての健全な愛国的勢力」が結束し、ロシアの外交政策に対する国民の支持が急増したと、外相は述べた。

ラブロフ氏はまた、今回の危機は30年前、ソ連崩壊後にロシアに与えられた約束の本質を露呈したと指摘した。"我々は今、普遍的な価値観と、ヨーロッパを大西洋から太平洋までの共通の家にする必要性についてのすべての話の価値を理解しています。" 米国とその同盟国のロシアに対する態度について、誰も幻想を抱いてはならない、と彼は付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 18:24| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。