ウクライナに関連した各種情報 5 : ずくなしの冷や水

2022年06月07日

ウクライナに関連した各種情報 5


















高性能の重火器を使うのは、ウクライナ軍兵士やテロリストですから、米国の手が及ばないところで使われます。ロシアは、それらで自国の都市を攻撃した場合は、西側のdecision centerを攻撃するとしています。米国は危険なことをやっています。

















Top Ukrainian adviser suggests alternative to mobilization
Able-bodied men could pay the state to legally leave Ukraine, the official has suggested
Ukrainians who are eligible for military service should be allowed to leave the country in defiance of an active travel ban – if they can pay several thousand dollars, an Interior Ministry adviser suggested on Monday.

Most male Ukrainians aged between 18 and 60 cannot legally travel outside their homeland due to martial law.

The adviser, Viktor Andrusiv, said Ukraine needed to mobilize “several hundred thousand soldiers” to fight Russia. However, the current near-total ban on leaving the country for those subject to mobilization was a bad policy, he added.

“I suggest introducing an insurance payment, for example $3,000 to $5,000. And free passage for those who pay,” he wrote on social media.

Although he used different terms, the mechanism Andrusiv described appears similar to bail, assuming that the money would be paid back to those who return to Ukraine.
ウクライナのトップアドバイザーが動員への代替案を提案
健常者は国にお金を払って合法的にウクライナを離れることができる、と関係者は提案している。
兵役に就く資格のあるウクライナ人は、数千ドルを支払えば、渡航禁止令に反して国外に出ることができるはずだと、内務省の顧問が月曜日に示唆した。

18歳から60歳のほとんどの男性ウクライナ人は、戒厳令により合法的に国外へ旅行することができない。

ヴィクトール・アンドゥルシフ顧問は、ウクライナはロシアと戦うために「数十万人の兵士」を動員する必要があると述べた。しかし、動員対象者の出国をほぼ全面的に禁止している現状は悪政であると付け加えた。

「例えば3,000ドルから5,000ドルの保険金を導入してはどうだろう。そして、支払った人には無料で渡航できるようにする」とSNSに書き込んだ。

言葉は違うが、アンドルーシブ氏が述べた仕組みは、ウクライナに戻った人にお金が返ってくるという前提で、保釈に近いと思われる。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




KIA;戦死者

Lavrov rejects rumors of Putin’s worsening health
Russian President makes public appearances on a daily basis, Foreign Minister noted

















・・・セルビア周辺国のラブロフの飛行機通過拒否は、EU
・Natoとしてそんなことしかできないということでしょう。EU・NATOは大変な窮地
posted by ZUKUNASHI at 20:11| Comment(1) | ウクライナ
この記事へのコメント
忍者プーチン大統領のウクライナ首都キーウ攻撃の忍者戦術は完全に失敗しました、今の東部ドネック攻撃では戦術をソ連軍がナチスのSS機甲師団を撃破した焦土攻撃に切り替えました。ロシア人の軍隊は、戦いながら進歩しますが、日本人の軍隊は戦いながら発狂して破滅します。日本人は、戦いにむかない民族ですね。
Posted by ピカドン 西 at 2022年05月29日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。