ザポリージャ原発に兵器級の濃縮ウランとプルトニウムが大量に貯蔵: ずくなしの冷や水

2022年07月14日

ザポリージャ原発に兵器級の濃縮ウランとプルトニウムが大量に貯蔵

Ukrainian weapons grade nuclear materials prompt alarm
The Zaporozhye Nuclear Power Plant stores tons of enriched uranium and plutonium, the IAEA director said
The UN’s nuclear watchdog is worried that fissile materials that could potentially be used to produce a nuclear weapon may go missing in Ukraine. The nightmare scenario was shared on Wednesday by Rafael Grossi, the director general of the International Atomic Energy Agency (IAEA), at a panel at the World Economic Forum in Davos.

Grossi sounded the alarm over the Zaporozhye Nuclear Power Plant in the south of the country, which was captured by Russian troops in February, but is operated by Ukrainian nuclear specialists. The IAEA is concerned about the challenges it faces in monitoring Europe’s largest civilian nuclear site due to the ongoing conflict, he said.

“Six nuclear reactors, 30,000 kilograms of plutonium, 40,000 kilograms of enriched uranium. And my inspectors do not have access to that,” he said, describing the situation, which he called “unprecedented” and “unsustainable.”

The biggest concern, he added, is that when inspectors are eventually able to take inventory of the stock, “we end up finding out that there are a few hundred kilograms of nuclear weapon-grade material going missing. This is what keeps us awake at night at the moment.”

Commercial nuclear power plants generate plutonium from uranium isotopes as part of the normal operation. Both fuel rods in the reactor core and spent fuel rods contain some of the fissile material. According to various estimates, a ton of spent fuel may contain up to 10kg of plutonium. Theoretically, it can be extracted at a reprocessing plant and used in a nuclear device by a party possessing the necessary technology.

Responding to media coverage of Grossi’s words, Ukraine’s nuclear energy operator rushed to explain that the IAEA chief did not reveal some previously undeclared stockpile of ready-to-be-weaponized materials in Kiev’s possession.

Energoatom accused Wall Street Journal correspondent Laurence Norman of making false statements about the issue, without clarifying which. The journalist tweeted that the amount of nuclear fuel disclosed by Grossi was “striking” and reported that the agency wanted “to be sure no stocks [had] gone missing.”
Zaporozhye原子力発電所には何トンもの濃縮ウランとプルトニウムが保管されているとIAEA所長は述べた。
国連の核監視団は、核兵器製造に使用される可能性のある核分裂性物質がウクライナで行方不明になることを懸念している。この悪夢のシナリオは、国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長が水曜日にダボスで開かれた世界経済フォーラムのパネルで語ったものである。

グロッシ氏は、2月にロシア軍に占領されたものの、ウクライナの核専門家が運営している同国南部のザポロジイ原子力発電所について警鐘を鳴らした。IAEAは、紛争が続いているため、欧州最大の民生用核施設を監視する上で直面している課題を懸念しているという。

「6基の原子炉、3万キログラムのプルトニウム、4万キログラムの濃縮ウラン。そして私の査察団はそれにアクセスできない」と、"前例がない""持続不可能 "とする現状を説明した。

さらに、最大の懸念は、査察団が最終的に在庫を確認できたとき、「数百キロの核兵器級の物質が紛失していることが判明することだ」と付け加えた。これが、今、私たちが夜も眠れない理由なのです」。

商業用原子力発電所は、通常の運転でウラン同位体からプルトニウムを生成する。炉心の燃料棒と使用済み燃料棒の両方に、核分裂性物質の一部が含まれている。様々な推定によると、1トンの使用済み燃料には最大で10kgのプルトニウムが含まれている可能性がある。理論的には、必要な技術を持つ者が再処理工場で取り出し、核兵器に使用することができる。

グロッシ氏の発言が報道されると、ウクライナの原子力事業者は「IAEA事務局長は、キエフが保有する未申告の兵器化準備物質の備蓄を明らかにしたわけではない」と慌てて弁明した。

エネルゴアトムは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のローレンス・ノーマン記者がこの問題に関して虚偽の発言をしたと非難したが、その内容は明らかにされなかった。同記者は、グロッシ氏が公開した核燃料の量は「驚くべきもの」だとツイートし、同機関が "在庫が(行方不明に)なっていないことを確認したかった "と報じた。

Among the reasons that Moscow listed to justify its attack against Ukraine were statements made by Ukrainian President Volodymyr Zelensky during the Munich Security Council in mid-February, when he lamented Ukraine’s consent to relinquishing the nuclear weapons that the USSR had maintained on its territory, and indicated that his country may seek to become a nuclear power. Russia said it could not afford the luxury of dismissing his speech as mere rhetoric, considering Kiev’s hostility and nuclear expertise.
モスクワが対ウクライナ攻撃を正当化する理由として挙げたのは、2月中旬のミュンヘン安全保障会議でウクライナのゼレンスキー大統領が、ソ連が自国領土に保持していた核兵器の放棄に同意したことを嘆き、自国が核保有国になることを目指す可能性を示唆する発言であった。ロシアは、キエフの敵意と核の専門性を考えると、彼の演説を単なるレトリックと見なす余裕はなかったという。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

・・・ロシア軍がザポリージャ原発を占拠したのは、兵器級核物質の貯蔵を知っていて核兵器開発の進捗を把握し、それを阻止するためです。チェルノブイリも同様な目的があって占拠しました。ロシア軍が放射性物質の拡散につながるような攻撃をするわけがない。
ザポリージャやチェルノブイリが攻撃されて核物質が飛散すると警戒、煽っていた人たちは、国際関係の知識が不足しています。

posted by ZUKUNASHI at 22:00| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。