モンキーポックスで緊急事態宣言が出る見込み: ずくなしの冷や水

2022年07月18日

モンキーポックスで緊急事態宣言が出る見込み


India reports first case of monkeypox
The patient, who recently returned from the UAE, is in stable condition, the authorities say
インドでサル痘の感染者確認。UAEからの帰国者とのことですからUAEは汚染地域になっている。
























UK upgrades monkeypox threat
It will be considered a “notifiable” disease now that there are over 300 cases
300を超える症例があるため、「通知可能な」疾患と見なされます。
The monkeypox threat level has been ramped up in the UK and it is set to be listed as a “notifiable disease” in law starting from June 8, the UK Health Security Agency (UKHSA) announced on Tuesday. The move means doctors in England will have to notify local authorities when they detect a patient suspected to have the virus.
モンキーポックスの脅威レベルは英国で上昇しており、火曜日に発表された英国保健安全保障局(UKHSA)は、6月8日から法律で「通知疾患」としてリストされる予定です。この動きは、英国の医師がウイルスを持っている疑いのある患者を検出したときに地方自治体に通知しなければならないことを意味します。
“This new legislation will support us and our health partners to swiftly identify, treat, and control the disease,” the monkeypox incident director at UKHSA, Wendi Shepherd, said in a statement.

“It also supports us with the swift collection and analysis of data which enables us to detect possible outbreaks of the disease and trace close contacts rapidly, whilst offering vaccinations where appropriate to limit onward transmission.”

Moreover, monkeypox-related NHS testing and treatment will be free for everyone under the new guidance. The measure is expected to encourage people experiencing symptoms of the virus to come forward, including foreigners who would otherwise have to pay for treatment.

The announcement comes as Britain smashed past the 300 monkeypox cases mark. On Monday, 77 new cases of the disease were detected across the UK, with a vast majority of them identified in England.

Worldwide, the number of monkeypox cases has already surpassed 1,000, with the disease detected in some 29 non-endemic countries. On Monday, the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) stepped up its monkeypox guidance as well, upgrading its alert to level 2 and urging the public to “practice enhanced precautions” against the disease.





あれよあれよという間に世界中で感染者が増えてきました。空気感染で10m離れた人にも移る。感染者の10人に一人が死にます。

潜伏期12日。

これは容易でないです。










モンキーポックスは、1年前に英国で感染者が二人確認されていたようです。


First monkeypox quarantine ordered in EU
Belgian health authorities have mandated a 21-day self-isolation period after three cases were detected
Belgium’s Risk Assessment Group has announced a 21-day quarantine for patients with monkeypox after three people in the country were diagnosed with the virus, which has surfaced in over a dozen countries in the past week. The health authority issued the declaration on Friday.

A fourth case of monkeypox was diagnosed on Sunday, virologist Marc Van Ranst revealed on social media. He noted that, like the previous three instances, the individual in question was connected to the international gay fetish festival Darklands, which was held in early May in Antwerp.

“It is important that everyone who attended the Darklands Festival remains vigilant for any symptoms,” the doctor said, suggesting the scale of the outbreak was becoming “clearer and clearer” while claiming “this is unheard of before with monkeypox viruses.” The disease, which is incurable but typically resolves itself in a few weeks, is usually found in west and central Africa.
ベルギーのリスク評価グループは、国内の3人がウイルスと診断された後、サル痘患者に対する21日間の検疫を発表しました。このウイルスは、過去1週間に12か国以上で発生しました。 保健当局は金曜日に宣言を発表しました。

サル痘の4番目の症例は日曜日に診断され、ウイルス学者のマーク・ヴァン・ランストがソーシャルメディアで明らかにしました。 彼は、前の3つの事例と同様に、問題の個人は、5月初旬にアントワープで開催された国際的なゲイフェチフェスティバルDarklandsに関係していると述べました。

「ダークランズフェスティバルに参加したすべての人が症状に注意を払うことが重要です」と医師は言い、「これはサル痘ウイルスでは前例のないことです」と主張しながら、発生の規模は「ますます明確」になっていると示唆しました。 この病気は不治の病ですが、通常は数週間で自然に治りますが、通常はアフリカ西部と中央部で見られます。






[ロンドン 23日 ロイター] - 世界保健機関(WTO)高官は23日、先進国で発生しているサル痘について、大規模なワクチン接種は必要ないとの見解を明らかにした。

WTO欧州で病原菌対策を担うリチャード・ピポディー氏はロイターのインタビューで、サル痘のワクチンと抗ウイルス剤の供給は比較的限られると述べた。

このウイルスはそれほど簡単に広がるものではなく、今のところ深刻な病気を引き起こしているわけではないと指摘し、発生を抑えるための主な対策は接触者の追跡と隔離と説明した。またサル痘用のワクチンには一部重大な副作用があると述べた。

アフリカではサル痘がエンデミック(一定期間で繰り返される流行)となっている。ピポディー氏は先進国で確認された症例のほとんどはアフリカへの渡航とは関係がないとし、確認されていない感染者が多く存在する可能性があるとの見方を示した。

しかし、手洗いなど衛生管理に注意すれば夏の大規模イベントやパーティーなどへの参加をやめる必要はないと述べた。





posted by ZUKUNASHI at 23:15| Comment(6) | Covid19
この記事へのコメント
お久しぶりです。

こいつは病名の付け替えですかね?
ターゲットとなった病気は帯状疱疹
と思われます。
ワクチン接種三回目、四回目を既に終えた国では帯状疱疹の罹患率が激増しており、これの病名の付け替えを企図しているのではと
愚考します。

病名の付け替えはワクチンや新薬の有効性を
粉飾する際によく使われるスキームですが
あからさまですね。

帯状疱疹は免疫不全の著明なシグナルです
御用論文でも免疫疲労という現象を認めているくらい、同一の抗原を複数回投与するのは
個体を死に至らしめるものとして禁忌とされています。(これを無視したのが今のワクチン事業ですが)
筋注で逆血確認もしないでという
トチ狂ったお達しは殺意MAXとしか
思えませんが、ワクチン事業の停滞(群集心理の限界)を悟って次のマッチポンプに
移行したのだと思います。

サル痘を演出するために
色々やってくると思いますので
警戒しておきましょう。
Posted by 刹那 at 2022年05月23日 15:46
刹那さん こんばんは
本当に久しぶりです。たまによって声を聞かせてください。

水痘とは、水痘‐帯状疱疹ウイルスによる感染症で、一般には「みずぼうそう」として知られている。小児によく見られる疾患で、特に2〜8歳で多い。と東京都のサイトにあります。

問題の病気は、本来「帯状疱疹」ウィルスによるもの。免疫不全でこれが暴れて、帯状疱疹の増加、さらにモンキーポックス類似の症状に。モンキーポックスがこんなに流行るのはおかしいという専門家もいます。英国で1年前に見つかったモンキーボックスの患者は海外で感染したようです。
謎が一杯のモンキーポックス、動向に注意ですね。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年05月23日 19:28
ずくなしさん
お世話になっております。
モンキーポックスはサル痘感染者はゲイやバイセクシャルの男性に集中との見方をしているようです。
ECDC,欧州疾病管理予防センターはリスク評価で「人と人の間で簡単には広がりません」と結論づけているみたいです。
https://www.ecdc.europa.eu/en/publications-data/risk-assessment-monkeypox-multi-country-outbreak
タイメディカルニュースも同様の記事を載せています。
https://www.thailandmedical.news/news/monkeypox-should-not-be-declared-a-global-pandemic-as-it-is-presenting-as-a-new-sti-among-the-gay-community-only-and-can-be-controlled-uk-now-has-793-
参考になれば幸いです
Posted by グレートリセットを危惧する者 at 2022年06月24日 16:34
こんにちは
欧州当局の発表では、当初、ゲイやバイセクシャルの男性に集中との見方を示しましたが、その後もその傾向があるかはわかっていません。専門家の中には、根拠なしとして「大笑い」だとしている人もいます。
感染者との接触感染で移る例が多いのは確かでしょう。
でも、空気感染するとの主張もありますし、まだまだ分かりません。
当局はパニックを回避すべく、当初はリスクが低いと発表しますから様子を見てみたいです。
米国学者グループは、パンデミック防止の対策をWHOなどに求めています。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年06月24日 18:04
返信ありがとうございました。
なんにせよ、これ以上の疾病蔓延は勘弁してほしいところです。
Posted by グレートリセットを危惧する者 at 2022年06月24日 23:05
そう願いたいのですが、不安要因があります。
コロナ感染、あるいはコロナワクチンで免疫力が低下しています。自己免疫性水疱症は、サル痘とは別途の非感染性の疾患ではないかと思いますが、このような疾患が増える恐れがあります。もちろん感染性の疾患もこれまで抑えられてきたものが感染拡大する恐れがあります。
もう一つは、コロナについて私は研究所で作出され、散布された可能性が強いとみています。武漢とコムで早い時期に大きな感染爆発があったのは、そのためだと考えています。コムはイランのIRGCの施設があるとされています。
ウクライナでも確認されていますが、バイオラボで研究された病原菌なとは、米国に運ばれています。
これらの病原菌が生物兵器として使われたり、管理ミスで外部に流出することがありうるでしょう。
もうパラダイムは変わった、グレートリセットになっているのかもしれません。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年06月24日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。