ゲラシモフとミリーが電話会談: ずくなしの冷や水

2022年05月21日

ゲラシモフとミリーが電話会談

Russian and US top generals hold talks
Russian and US chiefs of staff have discussed the ongoing crisis in Ukraine

Russian Chief of General Staff Valery Gerasimov and chairman of the US Joint Chiefs of Staff Mark Milley held a rare series of phone calls on Thursday.

The two top military officials discussed various “issues of mutual interest,” including the ongoing conflict between Russia and Ukraine, the Russian Defense Ministry said in a statement. The talks were held at the request of the American side, it noted. The Pentagon remained tight-lipped as well, providing no details on the conversation.

“The military leaders discussed several security-related issues of concern and agreed to keep the lines of communication open,” a spokesman for Milley has said. “In accordance with past practice, the specific details of their conversation will be kept private.”

Speaking in Brussels on Thursday, NATO’s Supreme Allied Commander Europe, Tod Wolters, expressed his hope that the talks between Gerasimov and Milley would bring a diplomatic solution to the ongoing crisis one step closer.

The high-profile talks come less than a week after US Defense Secretary Lloyd Austin and Russian Defense Minister Sergei Shoigu spoke for the first time since the beginning of Moscow’s military operation in Ukraine in late February. Few details on the top level talks have emerged since then, with both sides only confirming that Austin and Shoigu discussed assorted security issues including, but not limited to, the Ukraine crisis.

・・・2022/5/19、ショイグとオースティンの電話会談から1週間も経たないうちにまた米国側の発意で参謀総長レベルの電話会談が行われました。

会談の内容は示されていませんが、話し合われた可能性があるのは
@ アゾフスタルで投降したNATO側の捕虜の扱い。米国は裁判で幹部軍人が証言させられることを避けたいはずです。

A 戦闘では、ウクライナ側が劣勢で、戦闘継続も難しくなっているはずです。ウクライナを仕掛けてきたNATOとしてどう軟着陸させるかが差し迫った課題になっているでしょう。セベロドネツクで包囲された1万6千人ともされる、ウクライナ兵士の扱い。

B バイオラボのロシア側による追及、公開が進んでいますので、それを食い止めたい。

C ウクライナから小麦を搬出したい。これはバイデンが言っています。

D ロシア側は、ウクライナに対する武器、資金の提供停止を要求したでしょう。

戦闘当事国でない(はずの)米国が、国防大臣レベルに続いて、参謀総長レベルでも話し合うのは、そもそもおかしいのですが、もはや米国は、なりふりにかまっていられないところまで追い込まれているということになりましょう。

同じ「木曜日にブリュッセルで講演したNATOのヨーロッパ最高連合国遠征軍司令官トッド・ウォルターズは、ゲラシモフとミリーの間の会談が進行中の危機に対する外交的解決策を一歩近づけることへの希望を表明した」とありますから、外交的な解決に向かっているのであれば、良い動きで歓迎できますが。

posted by ZUKUNASHI at 00:50| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。