モンキーポックスの拡大に警戒強まる: ずくなしの冷や水

2022年05月20日

モンキーポックスの拡大に警戒強まる

サル痘は、1980年に根絶された人間の天然痘に似ており、水痘と混同される可能性がある。その初期症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、腰痛、リンパ節の腫れ、悪寒、倦怠感などがある。発疹はしばしば顔から始まり、その後体の他の部分に広がる。

英国、ポルトガル、スペイン、米国で感染者確認。イタリア、スウェーデン、オーストラリア。

呼吸器感染。潜伏期が12日と長い。

感染者10人に一人が死亡。




US buys millions of vaccine doses for dangerous virus
Officials have rushed to secure vaccines as cases of the rare monkeypox virus continue to crop up in the US and Europe
The US health authorities have signed a deal for $119 million in vaccine doses against the monkeypox virus, after a Massachusetts man was diagnosed with the rare but potentially serious illness earlier this week.

The Biomedical Advanced Research and Development Authority (BARDA) – a government agency devoted to combating pandemics and bioterrorism – signed the multi-million-dollar contract with Danish pharma firm Bavarian Nordic on Wednesday, the company announced in a statement.

The $119 million deal is one in a series of contract options which could ultimately reach a total value of $299 million if exercised, in exchange for around 13 million freeze-dried doses of the Jynneos vaccine. It was originally created for smallpox, but was approved for use against monkeypox by the Food and Drug Administration (FDA) in 2019, just months before the first cases of Covid-19 were detected in China.

Initial deliveries for the Jynneos shot won’t come until 2023, the company said, noting that the full 13 million doses are expected to be ready sometime between 2024 and 2025 should BARDA agree to extend the contract.

The first monkeypox case in the US was confirmed on Wednesday in a man who had recently traveled to Canada. Federal health officials have since said they are monitoring six others after they came into close proximity to an infected traveler during a flight from Nigeria to the UK earlier this month, while another possible case is being investigated by the New York City Health Department.

A number of suspected or confirmed infections have also been observed in Britain, Canada, Spain, Portugal, Italy, and Sweden in recent weeks. Australia has just detected its first case.

On Thursday, Bavarian Nordic announced that it had also reached a deal with an “undisclosed European country” for the same dual-use smallpox vaccine – though offered under different branding – “in response to new cases of monkeypox.” The company did not elaborate on how many doses would be procured or provide an overall price tag for the contract.

In addition to vaccines, the US government also moved to buy up doses of tecovirimat, the standard antiviral treatment for monkeypox, with the Department of Defense signing a $7.5 million contract for the drug with American pharmaceutical firm SIGA Technologies last week.

An intravenous form of the same antiviral received FDA approval for treatment of smallpox on Thursday, though SIGA said the IV version was also “cited in the recent US president’s budget request as being used to treat a patient in the US with monkeypox.”

While rare, monkeypox has been detected in the US before, with a Texas resident becoming hospitalized from the virus last summer after traveling to West Africa, where the pathogen is endemic. In 2003, more than 70 cases were confirmed in the US, marking the first outbreak seen outside of Africa, according to the World Health Organization.

Initial symptoms include fever, head and muscle aches, swollen lymph nodes, chills, and exhaustion, and though most infections resolve without serious illness, the virus is lethal in a small percentage of cases.

まれなサル痘ウイルスの症例が米国とヨーロッパで発生し続けているため、当局はワクチンを確保するために急いでいます
マサチューセッツ州の男性が今週初めにまれではあるが深刻な可能性のある病気と診断された後、米国の保健当局はサル痘ウイルスに対するワクチン投与量1億1900万ドルの契約に署名しました。

パンデミックとバイオテロとの闘いを専門とする政府機関である生物医学先端研究開発局(BARDA)は、水曜日にデンマークの製薬会社バイエルンノルディックと数百万ドルの契約を締結したと同社は声明で発表した。

1億1,900万ドルの取引は、一連の契約オプションの1つであり、行使した場合、Jynneosワクチンの約1,300万回の凍結乾燥用量と引き換えに、最終的に合計2億9,900万ドルに達する可能性があります。もともとは天然痘用に作成されましたが、中国でCovid-19の最初の症例が検出されるわずか数か月前の、2019年に食品医薬品局(FDA)によってサル痘に対する使用が承認されました。

Jynneosショットの最初の配達は、2023年まで行われない、と同社は述べ、BARDAが契約の延長に同意した場合、2024年から2025年の間に1300万回の全用量が準備できると予想されていると述べた。

米国での最初のサル痘の症例は、最近カナダに旅行した男性で水曜日に確認されました。連邦保健当局は、今月初めにナイジェリアから英国への飛行中に感染した旅行者の近くに来た後、他の6人を監視していると述べ、別の可能性のある症例がニューヨーク市保健局によって調査されています。

英国、カナダ、スペイン、ポルトガル、イタリア、スウェーデンでも、ここ数週間、感染の疑いや確認が多数見られます。オーストラリアはちょうど最初のケースを検出しました。

木曜日に、バイエルンノルディックは、「サル痘の新しい症例に対応して」、異なるブランドで提供されているものの、同じデュアルユース天然痘ワクチンについて「非公開のヨーロッパの国」とも合意に達したと発表しました。同社は、何回の投与量を調達するかについて詳しく述べたり、契約の全体的な値札を提供したりしませんでした。

ワクチンに加えて、米国政府はサル痘の標準的な抗ウイルス治療薬であるテコビリマットの購入にも動き、国防総省は先週、アメリカの製薬会社SIGATechnologiesと750万ドルの薬の契約を結びました。

同じ抗ウイルス剤の静脈内投与形態は、木曜日に天然痘の治療についてFDAの承認を受けましたが、SIGAは、IVバージョンも「米国のサル痘患者の治療に使用されたとして最近の米国大統領の予算要求で引用された」と述べました。

まれではありますが、サル痘は以前に米国で検出されており、テキサス州の住民は、病原体が流行している西アフリカに旅行した後、昨年の夏にウイルスで入院しました。世界保健機関によると、2003年に米国で70を超える症例が確認され、アフリカ以外で最初に発生したことがわかりました。

初期症状には、発熱、頭と筋肉の痛み、リンパ節の腫れ、悪寒、倦怠感などがあり、ほとんどの感染症は深刻な病気なしに解決しますが、ウイルスはごく一部の症例で致命的です。

Vector Center creates test system for detection of monkeypox
The agency stressed that the test is simple enough to be used outside of a laboratory, that is, in a "bedside" format
MOSCOW, May 20. /TASS/. The Vector State Research Center of Virology and Biotechnology of the Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing created an autonomous test system for the detection of the possible cases of the monkeypox infection, the press service of the sanitary watchdog told journalists on Thursday.

"In order to quickly detect the possible cases of monkeypox, the Vector State Research Center of Virology and Biotechnology of the Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing has rapidly developed an autonomous test system and successfully conducted its laboratory trials," the statement said.

The agency stressed that the test is simple enough to be used outside of a laboratory, that is, in a "bedside" format. Additionally, it is sufficiently efficient and specific since it does not cause cross-reactions with measles, rubella or chickenpox viruses.

The agency maintains working contacts with international organizations and foreign countries in order to obtain up-to-date information on the unfolding epidemiological situation, the press service specified.

Monkeypox is a rare viral disease transmitted to humans by animals.

Recently, the instances of monkeypox were detected in the UK, Portugal, Spain and the US.
モスクワ、5月20日。/TASS/。消費者権利保護と人間の健康を監視する連邦サービスのウイルス学とバイオテクノロジーのベクター州研究センター(ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センター)は、サル痘感染の可能性のある症例を検出するための自律テストシステムを作成した、と衛生監視員の報道機関は木曜日にジャーナリストに語った。

「サル痘の可能性のある症例を迅速に検出するために、消費者権利保護と人間の幸福に関する連邦サービスのウイルス学およびバイオテクノロジーのベクター州立研究センターは、自律試験システムを迅速に開発し、その実験室試験を成功裏に実施しました。」声明は言った。

機関は、テストが実験室の外で、つまり「ベッドサイド」形式で使用できるほど単純であると強調しました。さらに、はしか、風疹、水痘ウイルスとの交差反応を引き起こさないため、十分に効率的で特異的です。

当局は、展開している疫学的状況に関する最新情報を入手するために、国際機関や外国との協力関係を維持していると、報道機関は指定している。

サル痘は、動物が人間に感染するまれなウイルス性疾患です。

最近、サル痘の例が英国、ポルトガル、スペイン、米国で検出されました。




posted by ZUKUNASHI at 23:42| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。