南オセチアがロシアへの加盟の国民投票を準備: ずくなしの冷や水

2022年05月14日

南オセチアがロシアへの加盟の国民投票を準備

South Ossetia to hold referendum on accession to Russia on July 17 − presidential decree
The decree comes into effect on the day of its signing
TSKHINVAL, May 13. /TASS/. South Ossetia’s incumbent President Anatoly Bibilov has signed a decree appointing a national referendum on the republic’s accession to Russia on July 17.

"In line with provision 16 of article 50 of the South Ossetia’s constitution, I hereby resolve that South Ossetia’s referendum [on unification with Russia] be appointed on July 17, 2022," according to the presidential decree posted on the website of the South Ossetian president on Friday.

The decree comes into effect on the day of its signing.

According to earlier reports, South Ossetia’s Central Election Commission on Friday approved and referred to the president a package of documents concerning the referendum on joining Russia. Kristina Avlokhova, the Central Election Commission secretary, told TASS earlier that the president is to consider this package within ten days and submit it to the republic’s Supreme Court with a corresponding request to check it against current laws.

Bibilov said on March 30 that South Ossetia would take legal steps to join Russia. Parliament speaker Alan Tadtayev said that a referendum on the accession to Russia would be organized in the near future.

Signature lists in support for the referendum were submitted to the South Ossetian Central Election Commission on May 6.

Meanwhile, South Ossetia’s President Elect Alan Gagloyev said in an interview with TASS that a referendum on his country’s accession to Russia is to be organized when Moscow gives to understand that it is time for that.

5月13日、ツヒンバル。/TASS 南オセチアの現職大統領アナトリー・ビビロフは、同共和国のロシアへの加盟に関する国民投票を7月17日に行うことを定める政令に署名した。

金曜日に南オセチア大統領のウェブサイトに掲載された大統領令によると、「南オセチア憲法50条16項に従い、南オセチアの(ロシアとの統一に関する)国民投票を2022年7月17日に設定することをここに決議する」という。

この政令は署名したその日に発効する。

先の報道によると、南オセチアの中央選挙管理委員会は金曜日、ロシア加盟に関する住民投票に関する文書一式を承認し、大統領に回付した。中央選挙管理委員会秘書のクリスティナ・アヴロホヴァ氏はタス通信に、大統領は10日以内にこのパッケージを検討し、現行法との照合依頼とともに共和国の最高裁判所に提出することになっていると述べた。

ビビロフ氏は3月30日、南オセチアはロシアに加盟するための法的措置を講じると述べた。国会議長のアラン・タダエフは、ロシアへの加盟に関する住民投票を近いうちに実施すると述べた。

住民投票を支持する署名簿は、5月6日に南オセチア中央選挙管理委員会に提出された。

一方、南オセチアのアラン・ガグロエフ大統領選挙人は、タス通信とのインタビューで、ロシアへの加盟に関する住民投票は、モスクワがその時期であることを理解したときに実施される予定である、と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ドネツク、ルガンスクのウクライナからの離脱に続いて、ヘルソンの住民投票、南オセチアの住民投票です。南オセチアは人口53,000人、

ジョージアは、米国が事実上管理する生物研究所があり、米国の援助が入っています。
posted by ZUKUNASHI at 09:48| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。