住民がロシアに帰属したいと希望があるとしてもえらく早い: ずくなしの冷や水

2022年05月08日

住民がロシアに帰属したいと希望があるとしてもえらく早い

日本語:マリウポリ
英語:mariupol
ロシア語:мариуполь
ウクライナ語:маріуполь

Pはrです。iがиとіで違っています。地元の標識工場は操業を続けていた。

ヘルソンでは通貨をルーブルに切り替え、ドンバスではルーブルでの年金支払い開始。ドンバスの国際電話の地域番号がロシアの一部の扱いに変わりました。インターネットの提供系統も変わったらしい。

ヘルソンは、ロシア連邦の一部になる意向を表明。この戦争でウクライナの統治能力のなさ、国民殺害実態が知られてウクライナからの離脱を求める地域は多い。



アゾフスタルでウクライナ側とロシア軍が直接対面接触したとされています。この接触の結果はまだ見ていませんが、女性と子供、高齢者がほぼ解放されたようです。残る戦闘員は、トルコなどへの移動を求めているでしょう。

2022/5/7、ウクライナ軍の司令部がドンバス領域を離れ、ドニエプロペトロフスク(ドニプロ)に出発した。直属の部下たちは、緊急協議のために出発したことを知らされた。部下は置き去りにされ、どうやって抜け出すか考えているという。



ロシア軍、ドネツク軍の支配地域を見るとスラビャンスクは三方を囲まれています。司令部が逃げていますから兵士は逃亡します。ロシアが支配地域のさらなる拡大を図らなければ、戦争の行方は決まったようなものです。
posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。