ウクライナの軍人は機会があれば降伏することを好む: ずくなしの冷や水

2022年05月04日

ウクライナの軍人は機会があれば降伏することを好む

Russia reveals number of captured Ukrainian POWs
Many Ukrainian servicemen see resistance as “futile” and prefer to lay down arms, Russia’s top investigator told RT

Russia is holding about 2,000 Ukrainian servicemen “who have voluntarily laid down their arms,” including five brigade commanders who “were fighting against the Donbass population,” the head of the Investigative Committee Alexander Bastrykin announced on Tuesday.

In an interview with RT, Bastrykin said that investigators were working with prisoners of war and were getting “many details about the circumstances of the Ukrainian regime’s crimes.”

“Everyone sees that Ukrainian servicemen, no matter how it sounds in the Western media and propagandist social media, prefer to surrender when a good opportunity arises. They understand the futility of resistance,” Bastrykin claimed.

The testimonies of those captured have provided the Russian authorities with information about the Ukrainian forces’ work with foreign advisors, as well as about foreign mercenaries, the Investigative Committee’s head revealed.

“Based on the available data, criminal cases have been initiated against 75 mercenaries who are participating in hostilities on the side of Ukraine. We know that they came from the UK, the US, Norway, Canada, Georgia and other countries,” Bastrykin said.

As an example, he mentioned a Georgian national who is said to have created an armed formation called Georgian National Legion on Ukrainian territory, which included at least 24 of his compatriots as mercenaries.

“Some of them also surrendered and were questioned by investigators,” Bastrykin added.

Commenting on the reports of alleged torture of Russian prisoners of war by the Ukrainians, Bastrykin said that “a number of such crimes” are currently being investigated. He cited two examples of such incidents: first, when the Ukrainians allegedly “systematically used physical violence” against several Russian servicemen whom they captured in Zaporozhye Region and “illegally held” for ten days.

“They tried to beat information out of them about the progress of the special military operation,” Bastrykin explained.

The second incident involved two groups of Russian soldiers who were captured in the Nikolayev Region and were allegedly also subject “to physical and psychological violence.”

“There are always chances to determine those involved, because there are no crimes without traces,” Bastrykin underlined, adding that the Investigative Committee was coordinating its efforts with officials from the Donetsk and Lugansk People’s Republics.

ロシア、捕虜となったウクライナ人捕虜の人数を公表
多くのウクライナ軍人は抵抗を「無益」とみなし、武器を置くことを好むとロシアトップの調査官がRTに語った。

ロシアは、「ドンバス住民と戦っていた」5人の旅団長を含む、「自発的に武器を捨てた」約2000人のウクライナ軍人を拘束していると、調査委員会のアレクサンダー・バストリキン部長が火曜日発表した。

RTとのインタビューで、バストリキン氏は、調査委員会は捕虜と協力しており、「ウクライナ政権の犯罪の状況について多くの詳細を得ている」と述べた。

"誰もが、ウクライナの軍人は、西側メディアやプロパガンダのソーシャルメディアではどうであろうと、良い機会があれば降伏することを好むと見ている "と述べた。彼らは抵抗が無駄であることを理解している」とバストリキンは主張した。

調査委員会の責任者は、捕らえられた人々の証言から、ロシア当局に、ウクライナ軍が外国の顧問と協力していることや、外国の傭兵に関する情報を提供したと明かした。

「入手可能なデータに基づいて、ウクライナ側で敵対行為に参加している75人の傭兵に対して刑事事件が開始された。彼らは英国、米国、ノルウェー、カナダ、グルジアなどの出身であることが分かっている」とバストリキン氏は述べた。

その一例として、グルジア人がウクライナ領内でグルジア国民軍団という武装集団を作り、その中に傭兵として少なくとも24人の同胞が含まれていたとされることを挙げました。

「そのうちの何人かは自首し、捜査官の尋問を受けた」とバストリキン氏は付け加えました。

ウクライナ人によるロシア人捕虜への拷問疑惑の報道について、バストリキン氏は、「そのような犯罪が数多く」現在捜査中であると述べた。まず、ウクライナ人がザポロジェ州で捕らえ、10日間「不法に拘束」したロシア兵数名に対して「組織的に身体的暴力を行使」したとされる事件である。

「彼らは、特別軍事作戦の進捗状況について、彼らから情報を引き出そうとしたのです」とバストリキンは説明した。

2つ目の事件は、ニコラエフ州で捕らえられた2組のロシア兵が、同じく「肉体的・心理的な暴力」を受けたとされるものです。

バストリキン氏は、「痕跡のない犯罪は存在しないので、関係者を特定するチャンスは常にある」と強調し、調査委員会がドネツクおよびルガンスク人民共和国の当局者と連携して取り組んでいることを付け加えました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:08| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。