米国のコロナ流行は終わった? 米国当局は実態をうやむやにしようとしている: ずくなしの冷や水

2022年05月01日

米国のコロナ流行は終わった? 米国当局は実態をうやむやにしようとしている

Covid pandemic over – Fauci
The Covid czar said “intermittent vaccinations” could keep the virus at a “low level” in the US
White House Covid-19 adviser Anthony Fauci has said that the “pandemic phase” of the coronavirus outbreak is finally over in the United States, citing a fall in daily infections and hospitalizations, while warning the health crisis itself is not over yet.

In an interview with PBS NewsHour on Tuesday, Fauci offered some optimism about the pandemic outlook in the US.

“We are certainly right now in this country out of the pandemic phase,” he said. “Namely, we don't have 900,000 new infections a day and tens and tens and tens of thousands of hospitalizations and thousands of deaths. We are at a low level right now.”

So if you're saying, 'Are we out of the pandemic phase in this country?' − we are.

Nonetheless, Fauci cautioned that “we're not going to eradicate this virus,” but suggested it may be possible to keep infections at a “very low” level through intermittent vaccinations. He did not clarify how often new the new shots would be needed, however.

“That might be every year, that might be longer, in order to keep that level low. But, right now, we are not in the pandemic phase in this country,” Fauci continued, adding, “pandemic means a widespread, throughout the world, infection that spreads rapidly among people.”

Despite his rosier assessment while speaking with PBS, last month Fauci warned that new coronavirus variants emerging in the United States could force the country back under sweeping restrictions such as lockdowns, arguing that Americans could not simply say “We’re done. We’re going to move on.”

In separate comments to the Associated Press on Wednesday, the Covid adviser said the US is “much, much better off” than it was last year, and despite a surge in cases last winter, “we’ve now decelerated and transitioned into more of a controlled phase.”

Still, he insisted “we can’t take our foot off the pedal,” urging health officials to be on the lookout for “another variant which could lead to another potential surge.”

Covid-19 infections, hospitalizations and deaths in the US have each dropped to their lowest level in months, gradually declining since the appearance of the Omicron variant. Around two-thirds of eligible Americans are now vaccinated, and compared to earlier phases of the pandemic, effective treatments are increasingly available, including monoclonal antibodies, convalescent plasma and antiviral therapies.

次の機械翻訳はラフですが、ファウシの発言を丁寧に読んで受け止める必要もないだろうと思い、そのままにしています。米国の統計は途中で変更され今どんな数字かよくわかりません。

コビドパンデミックは終わった-ファウシ氏
Covidの皇帝は、「断続的なワクチン接種」によって、米国内のウイルスを「低レベル」に保つことができると述べた。
ホワイトハウスのCovid-19アドバイザーであるアンソニー・ファウチ氏は、米国におけるコロナウイルス流行の「パンデミック期」がようやく終わったと述べ、1日の感染者数と入院者数が減少したことを理由にしながら、健康危機そのものはまだ終わっていないことを警告している。

火曜日に行われたPBS NewsHourのインタビューで、ファウシは米国でのパンデミックの見通しについて楽観的な見方を示した。

「我々は今、この国でパンデミックの段階を脱したことは確かだ。「つまり、1日に90万人が新たに感染し、何万人もが入院し、何千人もが死亡するようなことはない。今は低いレベルにあるのです。"

つまり、"この国ではパンデミックの段階を脱したのか?"と言われれば、脱したということです。

それでもファウチ氏は、「このウイルスを根絶するつもりはない」と注意を促しつつも、断続的なワクチン接種によって感染を「非常に低い」レベルに抑えることは可能かもしれない、と示唆した。しかし、彼は新しい予防接種がどれくらいの頻度で必要になるかは明らかにしなかった。

「毎年かもしれないし、もっと長いかもしれない。しかし、今現在、この国ではパンデミックの段階にはない」とファウシは続け、「パンデミックとは、世界中で、人々の間に急速に広がる感染症を意味する」と付け加えた。

PBSのインタビューでは、より楽観的な評価をしていたが、先月ファウチは、米国で出現した新しいコロナウイルスの亜種は、米国を閉鎖などの大規制下に追いやる可能性があると警告し、米国人は単に「もう終わりです。とは言えないと主張した。

水曜日にAP通信に寄せられた別のコメントで、コビッド顧問は、米国は昨年よりも「ずっと、ずっと良い」状態にあり、昨年の冬に患者が急増したにもかかわらず、「今は減速して、より制御された段階へと移行している」と述べました。

それでも、彼は「我々はペダルから足を離すことはできない」と主張し、保健当局に「別の急増につながる可能性のある別の亜種」に警戒するよう促しました。

米国におけるCovid-19感染、入院、死亡はそれぞれ、オミクロンの亜種の出現以来、徐々に減少し、ここ数カ月で最低のレベルにまで落ち込んでいます。現在、対象となる米国人の約3分の2がワクチン接種を受けており、パンデミックの初期段階と比較して、モノクローナル抗体、回復期血漿、抗ウイルス療法など、有効な治療法がますます利用できるようになってきています。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。









米国は、新コロナウィルス感染者の実態を公表する意欲を失っていることが明らかです。これだけの人的な被害が出て、対策に巨額の費用と手間をかけたのにその成果の評価も行いません。起源の追究もなされないまま。

新コロナウィルスは、このまま最近出現して世界を席巻した感染症の一つとして、対策を講じられる人は講じ、それが難しい人はこの感染症の餌食となっていく。その差異は、経済力であり、社会的地位ということになっていくのでしょう。中国がどこまで戦えるか。中国がこれまで進めてきた所得水準の向上、都市と地方との格差の縮小の成果を吹き飛ばしかねない感染症を徹底的に抑え込もうとするのは、合理的です。

日本など、先進国といわれる国々は、対策徹底に伴う経済損失を恐れて禍根を残すことになります。

個々人が目覚めて、どのように自らを守っていくのか、考えた人だけが生き残ることになりそうです。
posted by ZUKUNASHI at 12:06| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。