英国の軍担当国務次官の扇動発言は弱さの表れ: ずくなしの冷や水

2022年05月01日

英国の軍担当国務次官の扇動発言は弱さの表れ



RTNews
Russia’s Ministry of Defense has stated that the UK is directly provoking Kiev to strike against targets inside Russian territory - but warned it will lead to an immediate and proportional response on the capital.

Russia Strike-Ready Around the Clock: Moscow hits back at UK's 'provocation' - giving greenlight for Kiev to fire across border

Western advisers "will not necessarily be a problem" for the response of the Russian Armed Forces, the ministry added.

The comments came in response to the UK Under-Secretary of State for Armed Forces claiming Ukraine has a legitimate right to strike military targets on Russian territory to disrupt logistics of Russia's army.

RT
UK support for attacks on Russian soil triggers response



Liz Truss's militant rhetoric is another sign that post-Brexit Britain is dangerously delusional
The Foreign Secretary’s campaign against China and Russia indicates that London has lost the plot
By Timur Fomenko, a political analyst
A fanatical Neoconservative, British Foreign Secretary Liz Truss presents world affairs in an uncompromising ideological struggle between "democracy" and "authoritarianism."

She also seems to be addicted to the fervour of Cold War.

Her address on Wednesday night in London bordered on showing desire for war against Russia and China simultaneously. By first calling to "push Russia out of the whole of Ukraine," Truss described the conflict as "our war," then proceeded to turn to China and taunt Beijing that its rise "was not inevitable." demanding that they "play by the rules" and even arguing that NATO should defend Taiwan in a potential contingency. Truss once again called for a "a network of liberty" and urged to avoid economic dependencies on undesirable countries (again a reference to Russia and China).

But, unfortunately for Truss and despite the climate we now exist in, none of this huffed-up rhetoric has any serious basis in reality. Yet, if she gets her way, the potential dangers are existential: The British Foreign Secretary’s rhetoric is spoiling for direct conflict not just against one but two nuclear superpower adversaries. To try and oust Russia from Crimea and to prevent China from taking Taiwan if it moves to do so are both scenarios which could result in a military response, potentially even a nuclear one. This doesn't seem to faze Truss, and European leaders will probably not be happy with this, even if her masters in Washington will be delighted to hear it. However, it ultimately speaks to a wider truth that the hubris and nostalgic vigour of Brexit is driving Britain off a cliff edge, deposing its foreign policy of any kind of reason, restraint, moderation or realism about its current place in the world.
狂信的な新保守主義者であるリズ・トラス英外相は、世界情勢を「民主主義」と「権威主義」の間の妥協のないイデオロギー闘争で表現している。

彼女はまた、冷戦の熱狂にはまっているようである。

水曜日の夜にロンドンで行われた彼女の演説は、ロシアと中国に対して同時に戦争したいという願望を示す境地であった。まず「ロシアをウクライナ全域から追い出す」と呼びかけ、この紛争を「我々の戦争」と表現したトラスは、次に中国に目を向け、北京の台頭は「避けられないものではない」となじり、「ルールを守る」ことを要求し、さらにはNATOは有事の際、台湾を防衛すべきと主張したのである。トラスは再び「自由のネットワーク」を呼びかけ、望ましくない国(これもロシアと中国を指している)への経済的依存を避けるように促した。

しかし、トラスにとって不幸なことに、そして我々が今置かれている状況にもかかわらず、このふてぶてしいレトリックのどれもが、現実には深刻な根拠を持っていない。しかし、もし彼女の思い通りになったら、潜在的な危険は実存する。英国外相のレトリックは、1つだけでなく2つの核超大国の敵との直接対決を台無しにするものである。クリミアからロシアを追い出そうとすること、そして中国が台湾を奪おうとするのを阻止することは、いずれも軍事的な反応につながりかねないシナリオであり、潜在的には核による反応もありうる。このことは、トラス首相には気にくわないようだ。ワシントンの彼女の主人たちは喜ぶだろうが、ヨーロッパの指導者たちはおそらくこれを快く思っていないはずだ。しかし、これは結局のところ、ブレグジットの傲慢さとノスタルジックな勢いがイギリスを崖っぷちに追いやり、世界における自らの現在の位置についてのあらゆる理性、抑制、節度、現実主義を外交政策から奪っているという、より広い真実を物語っているのである。
The story of Britain's foreign policy since 1945 might be summarized as that of a declining Empire going through stages of grief. If the Suez Crisis represented anger and denial, then Britain's bid to join the European Economic Community in the 1970s represented bargaining and acceptance. Yet, it didn't last. Britain's Anglophone exceptionalist identity, compounded of course by the geographic conditioning of separation from mainland Europe, produced a very different historical experience from that of its neighbours. While France and Germany have recent memories of widespread devastation from centuries of wars, Britain, unscathed and undefeated, sees its history as that of triumph and lacks the pragmatism of its counterparts.

As a result, the British Empire faded away as opposed to facing a “reckoning” of sorts, meaning British public opinion was never “reset” and continues to believe it was a force for good, allowing the political right to continue to iconize it, and it is precisely this nostalgia of Imperialism which has manifested itself in the form of Brexit amongst many in the Conservative Party. Given in reality that Brexit itself has brought no economic benefits whatsoever, the Johnson government has sought to compensate for this by doubling down on nationalistic rhetoric and the euphoria of "Britannia rules the waves". The slogan of "Global Britain" is essentially a code word for Empire, the connotation of a country aloof from the internal squabbling of European politics that instead pursues ambitious trade ventures all over the world and seeks to militarily dominate all in the name of moral and ideological exceptionalism.
1945年以降のイギリスの外交政策は、衰退した帝国が悲しみの段階を経てきたといえるかもしれない。スエズ危機が怒りと否定を表しているとすれば、1970年代のイギリスの欧州経済共同体への加盟は、交渉と受容を表している。しかし、それは長続きしなかった。イギリスが持つ英語圏の例外主義的アイデンティティは、もちろんヨーロッパ本土から切り離されているという地理的条件も相まって、近隣諸国の歴史的経験とはまったく異なるものとなったのです。フランスやドイツは何世紀にもわたる戦争で荒廃した記憶が残っているが、イギリスは無傷で無敗のまま、自分たちの歴史を勝利の歴史と捉え、他の国々のようなプラグマティズムが欠けている。

その結果、大英帝国はある種の「清算」に直面することなく衰退し、英国の世論は「リセット」されることなく、それが善の力であったと信じ続け、右派がそれを象徴し続けることを可能にした。そして、まさにこの帝国主義へのノスタルジアこそが、保守党の多くの人々の間でブレグジットという形で現れているのである。ブレグジット自体が何の経済的利益ももたらさない現実を踏まえ、ジョンソン政権はナショナリスティックなレトリックと「ブリタニアが波を支配する」という陶酔感を倍加させることでこれを補おうとしている。グローバル・ブリテン」というスローガンは本質的に帝国の合言葉であり、欧州政治の内輪揉めから距離を置き、その代わりに世界中で野心的な貿易事業を行い、道徳的・思想的例外主義の名の下にすべてを軍事的に支配しようとする国という意味合いを持っているのである。
It should be no surprise that this rhetoric is getting worse as the UK economic environment deteriorates. Inflation is at a 30-year high, energy prices are out of control, Covid-19 has scuppered the economy and, worse still, Boris's own government is deeply unpopular after being rocked by an ever-recurring series of scandals, and is looking for whatever distractions it can muster. Against this backdrop, and with the conflict in Ukraine, is it really surprising that Liz Truss is being allowed to thunderously call for Cold War and, potentially, even a hot one? This is not a manifestation of Britain's strength, as dangerous as these comments may be, but a display of Britain's weaknesses. The current government has nothing else going for it than to appeal to nationalist and Imperialist sentiment by entertaining the possibility of war with other great powers and invoking the historically offensive Opium-wars-style rhetoric against China. But reality of course is different. Truss won't admit it, but the UK needs China as a critical post-Brexit economic partner, and of course we all know there is no chance Russia will be driven out of Ukraine. It seems implausible that despite her position and given not even Boris himself is so staunchly anti-China, that she has the actual influence to singlehandedly achieve her vision.

So, while this rhetoric may be dangerous, it's also empty talk at best from an increasingly unpopular government that wants to create as much noise as possible before the local elections, but that isn't stopping Truss from doing as much damage as possible to Britain's standing in the world as she can in her own aspirations for leadership first. Yet the fact the Foreign Secretary has been reduced to this kind of talk is emblematic of the broader problems Britain is facing, a country whose identity and aspirations are chronically out of touch with reality. It is no longer a projection of triumph, but one of woes.
英国の経済環境が悪化するにつれて、このようなレトリックが悪化しているのは当然である。インフレ率は30年ぶりの高水準、エネルギー価格は制御不能、Covid-19は経済を破綻させ、さらに悪いことに、ボリス自身の政府は、度重なるスキャンダルに揺さぶられて深く不人気であり、できる限りの気晴らしをしようとしているのだ。このような背景のもと、ウクライナでの紛争もあり、リズ・トラスが冷戦、そして潜在的には熱戦を呼びかけることが許されているのは、本当に驚くべきことなのだろうか。これは、これらの発言が危険であるとしても、英国の強さの現れではなく、英国の弱さの表れである。現政権は、他の大国との戦争の可能性を考え、中国に対して歴史的に不愉快なアヘン戦争風のレトリックを持ち出すことによって、ナショナリストや帝国主義者の感情に訴える以外にないのである。しかし、現実はもちろん違う。トラスは認めないだろうが、英国はブレグジット後の重要な経済パートナーとして中国を必要としているし、もちろんロシアがウクライナから追い出される可能性がないことは誰もが知っている。彼女の立場やボリス自身さえもそれほど強固な反中国主義者ではないことを考えると、彼女が単独で彼女のビジョンを実現する影響力を持っていることはありえないように思える。

つまり、このレトリックは危険かもしれないが、地方選挙の前にできるだけ騒ぎを起こしたいという、ますます不人気になっている政府のせいぜい空言でもある。しかし、それでもトラスは、まず自分がリーダーシップを取りたいという願望のために、世界におけるイギリスの地位にできるだけダメージを与えることを止めないのである。しかし、外務大臣がこのような話に終始しているのは、アイデンティティと願望が慢性的に現実と乖離している英国が直面している広範な問題を象徴している。それは、もはや勝利の予想ではなく、苦悩の予想なのだ。

posted by ZUKUNASHI at 18:42| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。