ロシアが友好国に貿易に使うドルとユーロを捨てろと働きかける中 日本ではドル急伸: ずくなしの冷や水

2022年04月30日

ロシアが友好国に貿易に使うドルとユーロを捨てろと働きかける中 日本ではドル急伸

Russia urges allies to dump dollar and euro in trade
Moscow has called on trading partners to switch to national currencies
Russia should increase settlements in national currencies with partner countries, Denis Manturov, head of the Russian Ministry of Industry and Trade, said at the plenary session of the Innoprom international exhibition in Uzbekistan on Monday.

He was addressing countries within the Eurasian Economic Union (EAEU), BRICS and the Shanghai Cooperation Organisation (SCO), of which Russia is a member.

According to the minister, in 2021, the growth of Russia’s trade turnover with partners within these associations amounted to about 38%, while together these unions make up roughly half of the global economy. According to Manturov, the future of their successful cooperation depends on how fast Russia’s partners move away from the US dollar and the euro toward national currencies in mutual settlements.

“What is happening today in the global economy and in the world gives us a hint about how we need to rebuild our logistics, industrial cooperation, in what directions we can develop our economies. This [is] de-dollarization, and now we have added de-euroization, that is, the transition to our own currencies in order to be as independent as possible in terms of mutual settlements,” Manturov said.
READ MORE: Sanctions push BRICS states towards closer ties – Moscow

The minister added that Western Europe and the US are now experiencing hyperinflation, which “affects the development of industrial sectors and the economy as a whole.” And reorienting cooperation within alliances which do not include the EU and the US to national currencies will give Russia’s partners maximum independence in the development of joint projects, he added.
ロシア、貿易でドルやユーロを捨てるよう同盟国に要請
モスクワは貿易相手国に対し、自国通貨への切り替えを呼びかけました。
ロシア産業貿易省のデニス・マントロフ大臣は、月曜日にウズベキスタンで開催されたイノプロム国際展示会の全体会議で、ロシアはパートナー国との間で自国通貨による決済を増やすべきだと述べました。

彼は、ロシアが加盟しているユーラシア経済連合(EAEU)、BRICS、上海協力機構(SCO)内の国々を対象に講演を行いました。

同大臣によると、2021年、これらの連合内のパートナーとのロシアの貿易高の伸びは約38%に達し、これらの連合を合わせると世界経済のおよそ半分を占めるという。マントゥーロフ大臣によると、ロシアとの協力関係の成功の未来は、ロシアのパートナーたちが、米ドルやユーロから、いかに早く相互決済のための自国通貨に移行するかにかかっているという。

「今、世界経済や世界で起きていることは、物流や産業協力をどう再構築し、どのような方向で経済を発展させるべきかを考えるヒントになる。これは脱ドルであり、さらに脱ユーロ、つまり相互決済の面で可能な限り独立するために自国通貨への移行が加わった」とマントロフ氏は述べた。

同大臣は、西ヨーロッパと米国は現在ハイパーインフレを経験しており、これは "産業部門と経済全体の発展に影響を与える "と付け加えた。また、EUと米国を含まない同盟内での協力を自国通貨に方向転換することは、ロシアのパートナーに、共同プロジェクトの開発における最大の独立性を与えると、大臣は付け加えました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

2022/4/28、昼過ぎにドル円が急伸、130円目前になっています。日経平均も後場に急伸です。ダウの時間外取引は小高い。

日銀が国債の指値オペを通告し、金利抑制姿勢を示したことが原因らしい。

4/27の後場遅くなってダウの時間外取引が上げてきています。日本株の急伸は、外国人投資家の買いですね。経済の混乱はさらに拡大するとしてもそれには時間がかかるとみている?

Russia Offers Dual-Payment Scheme To India
Moscow has offered a dual payment plan to India whereby New Delhi will be allowed to pay for Russian oil in USD or Euros, while using a rupee-ruble mechanism for other trade.

Russian Central Bank and Sberbank representatives met with their Indian counterparts to discuss the plan last week - with no decision formally announced yet.

India currently has a reported $5.5BN trade deficit with Russia, including $3BN in oil and petroleum products.
ロシア、インドに二重支払い方式を提案

モスクワはインドに対し、ロシアの石油を米ドルまたはユーロで支払い、その他の貿易はルピー・ルーブル建てで行うという二重支払い制度を提案した。

ロシア中央銀行とスベルバンクの代表者は先週、インドの代表者と会談し、このプランについて話し合ったが、まだ正式には決定していない。

インドは現在、石油と石油製品の30億ドルを含む55億ドルの対ロ貿易赤字を抱えていると報告されている。
posted by ZUKUNASHI at 20:24| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。