ウクライナ戦争は ロシアとNATOとの戦い 4: ずくなしの冷や水

2022年04月27日

ウクライナ戦争は ロシアとNATOとの戦い 4





TASS
Russia demands that US stop supplying arms to Ukraine − envoy
Russian Ambassador to the US noted that the US has been "striving to push the stakes up and escalate the situation"
MOSCOW, April 25. /TASS/. Moscow has sent Washington a note demanding that the US stop supplying weapons to Kiev, Russian Ambassador to the United States Anatoly Antonov told the Rossiya-24 TV channel.
"Eight hundred million dollars - this is how much <...> [worth] of weapons will be sent to Kiev from Washington. That’s a huge amount, and that does not contribute to any search for a diplomatic solution, or any settlement. Did we file a note? Yes, we stressed that the US plying Ukraine with weapons was unacceptable, and we demanded that these kinds of practices be stopped," he said.
The US has been "striving to push the stakes up and escalate the situation," Antonov said. "The goal is to prevent Russia, as [American] senators have been saying openly, from standing firm on its feet, and to bar Russia’s interests from being respected or Russia’s voice from being heard," the diplomat said.

TASS
US diplomats could return to Ukraine during this week - Reuters
That’s US Secretary of State Antony Blinken and US Secretary of Defense Lloyd Austin told Ukrainian President Vladimir Zelensky during their talks after they arrive in Kiev on Sunday, Reuters reported, citing a US official







https://t.me/levigodman/893
Ukrainians are starting to question their government‘s narrative
People are starting to compare the situation of Kherson and Mariupol.
There was no SBU in Kherson and the city quickly came under the control of the Russian Federation. Now life is already getting better there, people write that the Russians are collecting lists for the payment of social benefits and pensions, enterprises have partially started to work in some places, almost everything is available in stores.
Mariupol, ghost town. Everything has been destroyed
People are wondering if it would be more profitable to surrender the cities, saving them from complete destruction, if Russia still achieves its goal, and we cannot do anything against it (the promised de-blockade of Mariupol does not and will not happen). At the same time, people will save their lives, their property, and cities their beauty, while we will avoid many tragedies.
Such thoughts will intensify with every day of the Ukrainian crisis. So far, the authorities have made sweet promises, making ostentatious PR steps, but in reality the problems have not been resolved. Sooner or later, this can play very strongly against Kiev.
ウクライナ人は彼らの政府の物語に疑問を呈し始めています
人々はヘルソンとマリウポリの状況を比較し始めています。
ヘルソンにはSBUはなく、市はすぐにロシア連邦の支配下に置かれました。現在、生活はすでに良くなっています。ロシア人は社会福祉や年金の支払いのためのリストを集めていると人々は書いています。企業は部分的にいくつかの場所で働き始めており、ほとんどすべてが店で入手できます。
マリウポリ、幽霊の町。すべてが破壊されました
ロシアがまだその目標を達成し、私たちがそれに対して何もできない場合、人々は都市を降伏させて完全な破壊から救うことがより有益であるかどうか疑問に思っています(マリウポリの約束された封鎖解除は起こっていないし、起こらないでしょう)。同時に、多くの悲劇を避けながら、人々は自分たちの命、財産、都市の美しさを救うでしょう。
そのような考えは、ウクライナの危機の日々とともに激化するでしょう。これまでのところ、当局は派手なPR措置を講じて甘い約束をしているが、実際には問題は解決されていない。遅かれ早かれ、これはキーウに対して非常に強力に戦うことができます。


https://t.me/levigodman/879
As was said yesterday, the cancellation of a ground assault does not mean an end to the strikes against Azovstal. Today, they happily continued, as war correspondents report from the field. Aviation and Artillery is active.











2022/4/18からアゾフスタルではなく、ハリコフとザポロージャを結んだラインで激しい爆撃が続いているようです。ロシア軍はこの区域にいる数千人のネオナチとウクライナ軍を掃討すること。
同時にオデッサの近くで輸送機を撃墜、リボフをミサイル攻撃し、NATOから供与された武器弾薬を破壊しています。









日本時間2022/4/18、22時20分。マウリポリは16時20分。特に動きはありませんから、全面攻撃は当面ないでしょう。ロシア軍は、兵士が逃げられないように包囲しておけば、爆弾を落とさなくても敵を弱らせることができます。ウクライナ軍は、マウリポリに食物を届ける手段はない。そのうち「人道援助」を西側が言い出すでしょうが、食物が欲しければ武器を捨てて出てこいと言うだけです。ゼレンスキーは、兵士が飢餓で弱っていくのをどこまで放置するか。


日本時間、2022/4/18、15時40分、TASS、Sputnik、RTを見ていますが、アゾフタルに関する新たな情報がありません。
包囲された兵士は、弾薬のほか食糧も乏しくなっているはず。ウクライナの政権に働きかけを続けているはずで、それをロシアは見ている。

そして次の手を用意している。すぐに全面攻撃はやらないようです。

日本時間、2022/4/18、13時40分、ウクライナの時間は7時40分。ロシアは昨晩も爆撃を実行したようですが、アゾフスタルへの燃料気化爆弾の投下をいつ行うかです。
急激な気圧の変化による内臓破裂など身体を損傷したり、燃焼により酸素を消費しつくして窒息死させます。
米軍がイラク戦争で使ったほか、ロシアもシリアのパルミラでテロリストに対して使ったことがあると記憶しています。英軍も使っています。
2018年05月06日
英国ドローンがシリアで燃料気化爆弾を使用


次のツイートによるとアゾフスタルへの爆撃が始まったようですが燃料気化爆弾をいつ使うかに注目が集まっています。24時間の猶予を置くとの説も。

燃料気化爆弾FOAB

日本時間21時現在、兵士の投降が始まったというニュースは入っていません。ウクライナ政権の締め付けがきつくて投降できない。監視役はネオナチです。






Russian Armed Forces offer militants in Mariupol to surrender - Defense Ministry
The lives of all those who lay down their arms will be spared, Mikhail Mizintsev, chief of Russia’s National Defense Management Center, said
MOSCOW, April 17./TASS/. The Russian Armed Forces offer the militants from the nationalist battalions and foreign mercenaries blocked in Mariupol to end hostilities and lay down arms from 06:00 Moscow time on Sunday, April 17, their lives will be spared, Mikhail Mizintsev, chief of Russia’s National Defense Management Center, said on Saturday.

"Given the catastrophic situation at the Azovstal iron and steel works, and out of purely humane principles, the Russian Armed Forces offer the militants from nationalist battalions and foreign mercenaries to end hostilities and lay down arms from 06:00 Moscow time on April 17, 2022. The lives of all those who lay down their arms will be spared," the statement said.

The following algorithm is suggested - from 05:00, a constant communication is established between the Russian and Ukrainian sides to exchange information. A ceasefire is announced from 05:30 Moscow time. At 06:00, the sides raise flags - red flags from the Russian side and white flags along the whole perimeter of the plant by the Ukrainian side.

Besides, the fact of readiness for the ceasefire by the sides is confirmed through all channels of communication. From 06:00 to 13:00 - all without exception Ukrainian armed units and foreign mercenaries leave without any weapons or ammunition whatsoever.

The subject matter of radio communications of units of nationalists and mercenaries blocked at Azovstal testifies to their hopeless situation. They demand that the official Kiev give them permission to surrender, but in reply they are threatened with executions, Mikhail Mizintsev stressed.

"Within April 16, 2022, a sharp increase was recorded in the intensity of radio communications of militants from nationalist units and foreign mercenaries blocked in Mariupol at the Azovstal metallurgical plant," he reported. "The content of radio interceptions (there were 367 of them alone in the past 24 hours) indicates that the militants offering resistance are in a hopeless situation, practically without food and water. They urge permission to lay down arms and surrender from the Kiev authorities. Meanwhile, representatives of the Kiev authorities categorically forbid them to do this and threaten with subsequent executions under the ‘wartime’ conditions," the statement said.
モスクワ 4月17日/タス/. ロシア国防管理センターのミハイル・ミジンツェフ主任は土曜日、マリウポリに封鎖された民族主義大隊の過激派と外国人傭兵に対し、モスクワ時間4月17日(日)6時から敵対行為を終了して武器を置くよう申し出れば、彼らの命は救われると述べました。

「アゾフスタル製鉄所の壊滅的な状況を考慮し、純粋に人道的な原則から、ロシア軍は民族主義者の大隊と外国人傭兵の武装勢力に対し、2022年4月17日のモスクワ時間6時から敵対行為を終了し武器を置くよう申し入れる。武器を置くすべての人の命は助かるだろう」と声明は述べている。

次のようなアルゴリズムが提案されている。05:00から、ロシア側とウクライナ側の間に常時通信を確立し、情報を交換する。モスクワ時間05:30から停戦を宣言する。06:00に、ロシア側は赤旗、ウクライナ側は白旗をプラントの全周囲に掲揚する。

また、あらゆる通信手段を通じ、停戦の準備が整っていることが確認されている。6 時から 13 時まで、ウクライナの武装部隊と外国の傭兵は例外なく、武器や弾薬を一切持たずに退去する。

アゾフスタルに封鎖された民族主義者と傭兵の部隊の無線通信の主題は、彼らの絶望的な状況を証言している。彼らは、キエフ当局に降伏の許可を得るよう要求しているが、それに対して処刑の脅しを受けている、とミハイル・ミジンツェフが強調した。

"2022年4月16日の内に、マリウポルのアゾフスタル冶金工場で封鎖された民族主義部隊の過激派と外国人傭兵の無線通信の強度が急激に上昇したことが記録された "と彼は報告している。「無線傍受の内容(過去24時間だけで367件)から、抵抗を申し出ている武装勢力は絶望的な状況にあり、実質的に食料も水もない状態であることがわかる。彼らは、キエフ当局から武器を置いて降伏する許可を得るよう求めている。一方、キエフ当局の代表者は、彼らにこれを断固として禁じ、『戦時』条件下でのその後の処刑で脅している」と声明は述べている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

All those who lay down arms at Azovstal and surrender on Sunday are guaranted life, the Russian Ministry of Defense said.
Earlier in the week, 1,160 Ukrainian soldiers, including 176 officers, of the 36th Marine Brigade surrendered in Mariupol. The Russian Defense Ministry said it was ready to allow all Ukrainian troops to withdraw through humanitarian corridors and promised to spare Ukrainian nationalists who agree to lay down arms. The Ukrainian side declined the offer.
Mariupol, a coastal city in the breakaway Donetsk People's Republic (DPR) with a population of 450,000, went under the control of Ukrainian troops during the 2014 offensive. On March 7, a senior DPR military said that Russian and DPR forces have surrounded the city and are clearing it of Ukrainian troops, including the neo-Nazi Azov battalion.
Russia launched a military operation last month with the stated goal of putting an end to war crimes committed by Ukrainian troops against civilians during an eight-year offensive against Donbass.
ロシア国防省は、日曜日にアゾフスタルで武器を置いて降伏する者はすべて生命が保証されると発表した。
週明けには、マリウポリで第36海兵旅団の1,160人のウクライナ兵(うち将校176人)が降伏した。ロシア国防省は、人道的回廊を通じてすべてのウクライナ軍を撤退させる用意があると述べ、武器を置くことに同意するウクライナの民族主義者を助けると約束した。ウクライナ側はこの申し出を断った。
マリウポルは、離脱したドネツク人民共和国(DPR)の沿岸都市で、人口45万人、2014年の攻防でウクライナ軍の支配下に入った。3月7日、DPR軍幹部は、ロシア軍とDPR軍が同市を包囲し、ネオナチのアゾフ大隊を含むウクライナ軍の掃討を進めていると発表した。
ロシアは先月、8年にわたるドンバスへの攻勢でウクライナ軍が市民に対して行った戦争犯罪に終止符を打つことを目的に、軍事作戦を開始した。
Zelensky Wants to 'Gain Time' While Turning to NATO for Assistance, Russian Lawmaker Says
Volodymyr Zelensky, who recently expressed his alleged readiness to discuss the Crimean issue and Ukraine's refusal to join NATO with Russia, actually wants to buy time, while turning to NATO for military assistance, the chairman of the Russian parliament's lower house, Vyacheslav Volodin, said on Sunday.
Volodin recalled that Zelenskyy had said the same before the talks in Turkey, when Russian forces had almost reached Kiev. According to the Russian lawmaker, Moscow reduced its activity in the area, withdrew its troops, after which a staged provocation in Bucha took place and Kiev refused to honor its obligations.
"Today, the same scenario is being proposed. The reason [for it] is obvious. He [Zelenskyy] wants to gain time while simultaneously turning to NATO for military assistance," Volodin said on Telegram.
Volodin noted that Ukrainian forces have already lost 23,367 people. In addition,1,464 Ukrainian soldiers surrendered during the liberation of Mariupol on Saturday.
Volodin also stressed that Zelenskyy must withdraw Ukrainian troops from the Donetsk and Luhansk people's republics, recognize Russia's sovereignty over Crimea and make a commitment not to join NATO if he really cares about Ukrainian citizens.
ゼレンスキーはNATOに支援を求める一方で「時間を稼ぎたい」とロシア人議員が発言
ロシア議会下院議長のヴャチェスラフ・ヴォロディンは、最近クリミア問題とウクライナのNATO加盟拒否についてロシアと話し合う用意があると表明したが、実はNATOに軍事支援を求める一方で時間を稼ぎたいのだと日曜日に述べた。
ヴォロディン氏は、トルコでの会談の前、ロシア軍がキエフにほぼ到達していたとき、ゼレンスキー氏が同じことを言っていたことを思い出した。このロシア人議員によると、モスクワはこの地域での活動を縮小し、軍隊を撤退させた。その後、ブカで演出された挑発行為が行われ、キエフはその義務を果たすことを拒否した。
「今日、同じシナリオが提案されている。その理由は明白です。彼(ゼレンスキー)は時間を稼ぐと同時に、NATOに軍事支援を求めたいのだ」とヴォロディンはテレグラムで語った。
ヴォロディン氏は、ウクライナ軍はすでに23,367人を失ったと指摘した。さらに、土曜日のマリウポリ解放の際には、1,464人のウクライナ兵が降伏している。
また、ヴォロディン氏は、もしゼレンスキー氏が本当にウクライナ国民のことを考えるなら、ドネツクとルハンスク人民共和国からウクライナ軍を撤退させ、クリミアに対するロシアの主権を認め、NATOに加盟しないことを約束する必要があると強調した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官によると、ロシア軍による特殊軍事作戦開始以降、マリウポリではこれまで1464人のウクライナ兵が投降した。現在、アゾフスタリ製鉄所には依然として2500人近くの兵士が籠城を続けている。一方、3月11日の時点でマリウポリには8100人近くのウクライナ兵が展開していた。
マリウポリ市内の掃討作戦は完了しており、市内にウクライナ兵は1人も残っていない。
ロシア軍がマリウポリから退避させた市民は16日だけで945人に達し、その数は合計で13万9678人となった。







マリウポルと日本の時差は6時間。日本時間正午から武器弾薬の放棄と投降が始まるはずです。アゾフスタルには、弾薬も食料もない。隣の地域では投降せず逃亡しようとしたグループに多くの死者が出ています。
posted by ZUKUNASHI at 19:58| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。