ロシアとドネツクによって解放された自国船員に冷淡なブルガリア: ずくなしの冷や水

2022年04月17日

ロシアとドネツクによって解放された自国船員に冷淡なブルガリア

DPR says its attempts to reach out to Bulgaria about saved seamen went unanswered
They had been evacuated and can be brought back home

MOSCOW, April 17. /TASS/. The Foreign Ministry of the Donetsk People’s Republic sent a diplomatic note to Bulgaria that Bulgarian seamen were saved from the Tsarevna ship and can be returned home but it went unanswered, Minister Natalia Nikonorova said on Rossiya-24 television.

"We have officially sent an official letter, a note, to the embassy of Bulgaria and, what’s more, we called the Bulgarian Foreign Ministry to say the seamen had been saved, evacuated and can be brought back home," she said. "We, and the seamen, have so far received no answer."

Nikonorova described the lack of reaction by the government of Bulgaria a demonstration of a Russophobic policy. She said there are fake news reports that Ukrainian nationalists allegedly hadn’t seized the Tsarevna and that the Bulgarian seamen went missing. The minister stated the seamen are put up in a Donetsk hotel and are provided with meals but they have no clue about how they will be able to get home.

Ukrainian forces from the Azov nationalist battalion seized ships, including foreign ones, in the port of Mariupol. On April 11, DPR People's Militia and Russian armed forces evacuated 47 crew members, including citizens of Russia, Azerbaijan, Egypt, Syria, and Ukraine. Later, the release of the crew of the Tsarevna cargo ship, including 14 Bulgarian and one Ukrainian citizen, which had been seized by Ukrainian security forces, was reported. On April 13, Russian Defense Ministry Spokesman Major General Igor Konashenkov reported that the Mariupol commercial port had been fully liberated and all hostages held by Azov aboard ships in the port had been released. The Bulgarian government has said it will tell the story of the operation to liberate the seamen after they return home.
DPRは、救助された船員についてブルガリアと連絡を取ろうとしたが、回答が得られなかったと述べている。
彼らは避難しており、帰国させることができる

モスクワ、4月17日。/ドネツク人民共和国外務省はブルガリアに、ブルガリア人船員がツァレヴナ号から救出され、帰国することができると外交文書を送ったが、回答がなかったとナタリア・ニコノロワ大臣がRossiya-24テレビで明らかにした。

「我々はブルガリア大使館に公式に書簡を送り、さらにブルガリア外務省に電話をして、船員が救助され、避難し、帰国できることを伝えた」と述べた。「我々と船員は、今のところ何の回答も得ていない。

ニコノロワは、ブルガリア政府の反応のなさは、ロシア恐怖症の政策の実証であると述べた。彼女は、ウクライナの民族主義者がツァレヴナ号を押収していなかったとされ、ブルガリアの船員が行方不明になったという偽の報道がなされていると述べました。同大臣は、船員はドネツクのホテルに泊めてもらい、食事も提供されているが、どうやって帰れるのかの手がかりがないと述べた。

アゾフ民族主義大隊のウクライナ軍は、マリウポリ港で外国船を含む船舶を押収した。4 月 11 日、DPR People's Militia とロシア武装勢力は、ロシア、アゼルバイジャン、エジプト、シリア、ウクライナの市民を含む 47 名の乗組員を避難させた。その後、ウクライナ治安部隊に拘束されていたブルガリア人 14 名とウクライナ人 1 名を含む貨物船「ツァレヴナ号」の乗組員の解放が報告された。ロシア国防省報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将は 13 日、マリウポリ商業港が完全に解放され、同港の船舶に乗 っていたアゾフの人質が全員解放されたと報告した。ブルガリア政府は、船員解放作戦について、帰国後に伝えるとしている。

・・・・・

ブルガリアは、なぜ応答できない?
posted by ZUKUNASHI at 17:39| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。