米国は経済制裁が自らの地位を崩すことに気づいた?: ずくなしの冷や水

2022年04月04日

米国は経済制裁が自らの地位を崩すことに気づいた?



ツイート主も情報を確認できないようですが、ブリンケンが言ったとありますから米国内部でそんな説が流れているということでしょう。

経済制裁が成功せず、逆にドル覇権を切り崩す結果を招いていることは、彼らもわかっている。そして、欧州諸国からは悲鳴が上がっている。

それなら経済制裁の幕引きを図らなければならないが、そのタイミングとしては停戦合意しかない。

このまま経済混乱が続くのかとみられましたが、米国の出方によっては、旧秩序への短期間での復帰もありうる? 難しくなってきました。

ただ、コモディティ商品のルーブル払い、あるいは各国通貨による決済への移行、ロシアのルーブルと金とのリンクは続くのではないでしょうか。

金融市場、商品市場の見通しがまったく不透明になりました。

ブリンケンの発言が確認されました。

Zelensky can offer Russia sanctions relief for peace, US says
Secretary of State Antony Blinken says Washington will “allow” lifting of sanctions to help Ukraine negotiate end to the war

Ukrainian President Volodymyr Zelensky got a green light from Washington to offer Russia relief from international sanctions in exchange for ending its military offensive against the former Soviet republic.

US Secretary of State Antony Blinken opened the door to such an offer on Sunday, confirming in an NBC News interview that Zelensky has the ability to negotiate sanctions relief for peace. He said President Joe Biden’s administration will support whatever the Ukrainian people want to do to bring the war to an end.

“We’ll be looking to see what Ukraine is doing and what it wants to do,” Blinken said. “And if it concludes that it can bring this war to an end, stop the death and destruction and continue to assert its independence and its sovereignty – and ultimately that requires the lifting of sanctions – of course, we will allow that.”

The US and its allies are doing everything possible to strengthen Kiev’s hand at the negotiating table, but the sanctions are meant to influence Russia’s behavior – not to remain in place indefinitely, Blinken said. He brushed aside suggestions by NBC host Chuck Todd that now isn’t the time to negotiate away concessions to Russia, saying it’s up to Ukrainians how to end the war in Ukraine. He also rejected Todd’s assertion that the Russian president shouldn’t be allowed to remain in power, saying Vladimir Putin’s future is up to the Russian people.

Although Blinken argued that Putin has failed to accomplish his alleged objectives in Ukraine – subjugating Kiev, demonstrating Russia’s military prowess and dividing NATO members – he said it still makes sense to pursue a negotiated settlement. “Even though he’s been set back, even though I believe this is already a strategic defeat for Vladimir Putin, the death and destruction that he’s wreaking every single day in Ukraine . . . are terrible, and so there’s also a strong interest in bringing those to an end.”

Other leaders have suggested that the West should be stingy with promises of sanctions relief to avoid rewarding Russia or letting Putin come through the crisis unscathed. In fact, Biden raised eyebrows last weekend by saying that Putin “cannot remain in power,” a comment that Blinken was forced to walk back, saying the US isn’t pursuing regime change in Russia or anywhere else.

Later in his show, Todd asked former Secretary of State Hillary Clinton, “Can we really live in a world where Putin’s let back into the new world order?” Clinton agreed with Blinken, saying the US should support Ukrainians as they choose “the best way forward” for their country.

米国はゼレンスキーに停戦合意を急がせますね。

次の記事は内容は同じで見出しが修正されています。

Ukraine can offer Russia sanctions deal – US
Secretary of State Antony Blinken says Washington will “allow” lifting of sanctions to help Ukraine negotiate end to the war

ゼレンスキーは、経済制裁を強化しろと言っています。もともと経済制裁は米国が同盟国に働きかけてやったもので、ウクライナは経済制裁の解除に関する当事者ではない。ブリンケンは、ロシアとの交渉の中で経済制裁の解除を交渉のカードとして使っていいと言っています。

ロシア側が経済制裁の解除を交渉事項として扱うかは疑問です。ロシアの対抗措置は、ドル覇権を崩すことを狙いとしており、効果が出てきたところでやめることはないでしょう。

米国が経済制裁を交渉のカードをして使えと言っているのは、使ってもらわないと困るからです。停戦が実現して経済制裁が続くことになったら同盟国との間で足並みの乱れが生じます。

米国が自分の発案した経済制裁の跳ね返りのどれに最も困惑しているかははっきりわかりませんが、
米ドルの支配が終わることが最も大きいでしょう。米国の金融支配が終わりかねない。民主党はウォール街と深いつながりがあります。

ブレトンウッズ体制で始まった金・ドル本位制は、ニクソンショックによって金とのつながりが断たれましたが、ロシアがルーブルを金とリンクすることにより、価値保存手段としてドルよりもルーブルが選好されることになりかねません。

米ドルが貿易の決済手段として使われない比率が高まれば、需要減によりドルが下落することもありうるでしょう。そうなったら、米国債券などは売られます。

今回の経済制裁で、米国などの銀行に預けているドルが凍結されたことも大きな影響があるでしょう。米英の銀行に外貨を預ける国が減る、預けても最少限にとどめる国が相次ぐでしょう。ベネズエラ、アフガニスタンですでに外貨準備を凍結ないし押収された例があります。

直接、ガスや石油のロシアからの輸入を禁止したわけではありませんが、事実上ロシアからの輸出が困難になるような制約が課されましたから、エネルギー価格が大きく上昇。欧州を中心に物価上昇が強まっています。米国の指図で経済制裁に加わった国はたまりません。国内で反政府運動が燃え盛ったとき、米国は助けてはくれません。

同盟国からの苦情も強いものがあるはずとみられます。

ブリンケンは、「ジョー・バイデン大統領の政権は、戦争を終わらせるためにウクライナの人々が望むことなら何でも支援すると述べた」とされていますが、ずっと戦争を扇動し、武器を与えて戦争を推進してきたのは米国です。何を言っているのか、という感じですが、米国は、今、戦争を終わらせ、経済制裁も終わらせないと、米国自身が最も甚大な痛手を被ると分かったのです。
posted by ZUKUNASHI at 18:56| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。