Ukraine can now seize property from Russians: ずくなしの冷や水

2022年04月02日

Ukraine can now seize property from Russians

Ukraine can now seize property from Russians
A law allowing Russian government property to be seized has been expanded to cover Russian citizens and supporters of Moscow

Ukraine’s Verkhovna Rada (Parliament) voted on Friday to expand a law allowing Russian government property to be nationalized by the Ukrainian state. The law now extends to Russian citizens in Ukraine, those with a “close relation” to Russia, and Ukrainians who publicly support or ignore Moscow’s military operation.

The measure passed with 305 out of 450 votes, lawmaker Yaroslav Zheleznyak announced in a Telegram post.

According to Ekonomichna Pravda, a Ukrainian news outlet, the amendment will allow the Ukrainian government to seize and nationalize the property of Russian citizens in Ukraine, people with “a close relationship” with Russia, and legal entities operating in Ukraine but whose beneficiary is the Russian Federation, or in which the Russian Federation owns shares.

In addition, the amendment will also allow for the seizure of property from those who “publicly deny or support” Russia’s “aggression,” regardless of their citizenship or place of residence, the newspaper reported. This could also include those who support “the temporary occupation of a part of the territory of Ukraine,” the paper added, likely referring to anyone supporting the independence of the Donbass republics of Donetsk and Lugansk, or Russia’s sovereignty over Crimea.

Seized property will be used to finance “future reparations in favor of Ukraine,” the newspaper continued.

An earlier version of the law was signed by Ukrainian President Volodymyr Zelensky last month. However, this first version only applied to assets owned by Russia and companies owned by the Russian state.

In Russia, the ruling United Russia party has proposed the nationalization of foreign companies leaving the country in response to the conflict in Ukraine. President Vladimir Putin has also signed a law allowing Russian airlines to keep planes leased from Western companies and pay for them in rubles, rather than handing them back as the companies have demanded.
ロシア政府の財産を差し押さえることができる法律が、ロシア国民とモスクワの支持者にまで拡大されました

ウクライナのヴェルホブナ・ラダ(国会)は金曜日、ロシア政府の財産をウクライナ国家が国有化することを認める法律を拡大することを議決しました。この法律は現在、ウクライナにいるロシア人、ロシアと「密接な関係」を持つ人、モスクワの軍事作戦を公に支持または無視するウクライナ人にまで及んでいる。

ヤロスラフ・ジェレズニャク議員がテレグラムで発表したところによると、この法律は450票中305票を獲得して可決された。

ウクライナのニュースメディアEkonomichna Pravdaによると、この修正案は、ウクライナにいるロシア人、ロシアと「密接な関係」を持つ人々、ウクライナで活動しているが受益者がロシア連邦の法人、またはロシア連邦が株式を所有している法人の財産を押収し国有化できるようにするものである。

さらに、改正案では、国籍や居住地に関係なく、ロシアの「侵略」を「公に否定・支持」する人からの財産差し押さえも可能になると、同紙は報じている。これには「ウクライナ領土の一部の一時的な占領」を支持する者も含まれる可能性があり、ドンバス共和国のドネツクとルガンスクの独立や、クリミアに対するロシアの主権を支持する者を指しているようだ、と同紙は付け加えている。

押収された財産は、「ウクライナに有利な将来の賠償金」の財源として使われると、同紙は続けている。

この法律の初期版は、先月ウクライナのVolodymyr Zelensky大統領によって署名された。しかし、この最初のバージョンは、ロシアが所有する資産とロシア国家が所有する企業にのみ適用された。

ロシアでは、与党「統一ロシア」がウクライナ紛争を受け、国外に出る外国企業の国有化を提案している。また、プーチン大統領は、ロシアの航空会社が欧米企業からリースした飛行機を、企業が要求しているように返還するのではなく、ルーブルで支払うことを認める法律に署名した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。