うーん 記録に残すのも気の毒な気がするが: ずくなしの冷や水

2022年05月28日

うーん 記録に残すのも気の毒な気がするが



思想信条の自由で発言は自由だが、結局この人はわかっていないまま発言していたと思わされる例が多いのは残念。

ある分野で抜きんでた見識を発揮していても、分野が異なればまったくの素人と同じです。




ウクライナ戦争をめぐる状況は、あまりに目まぐるしく変化していて、情報収集ができていないとこんな解説になる。



香港問題の時も米国に指図された暴徒を応援する声が強くて驚きました。日本人は、国際問題には米英に有利な論調に徹底的に洗脳されている。今は、ツイッターでリアルタイムの世論調査、思想状況調査がやられている。みんなが恥部を出していれば自分も同じでないと恥ずかしいと思うようなもの。日本は思想的には、ヌーディストクラブ。

日本の医師の常識の水準にも呆れたが、日本では感染症、国際関係の大学教授の学識水準にも驚く。これでよく大学教授が務まるものだ。本当に学ぶなら海外に行かないとダメなようだ。欧米のほかに中国は候補の一つ。



逢坂誠二氏は立憲民主党の副代表。立憲民主党の議員は全体として勉強が足りない。この捏造だけでなく、マリウポリでネオナチが避難しようとする市民を狙撃したことなど、まったくご存じない。ネット上には、証言の動画があふれているのに。立憲民主党の議員やスタッフの誰一人として副代表の認識を深めようともしない。この党はだめですね。


Christo Grozev@christogrozev
The story of Bellingcat, from arguing on forums to global accountability, is now available from all good book stores. Or get it online: https://amzn.to/3iiVkDU
・・・・ベリングキャットは、イギリスの調査報道ウェブサイトとされていますが、とんでもないデマサイト。そのストーリーを紹介することを主目的しているアカウントは、他の情報と合わせ読まないと間違います。




・・・ここまて事実誤認が進んで定着した高齢者は、もう治らないと思う。

「週刊新潮」2022年4月21日号 掲載
 筑波学院大学の中村逸郎教授(ロシア政治)の話。
「シリアで無差別攻撃をしたドボルニコフを軍事作戦のトップにしたことで、ナチスと思われる人は民間人でも殺していい、というやり方は今後も加速していくでしょう。実態としてプーチンはヒトラーに近づいてきていると思います」
 ヒトラーは戦況が悪化する中で側近らに見放され、最後、自殺の道を選んだ。
「プーチンの場合、軍のクーデターに斃れる可能性もありますが、今後も残虐なやり方を続けることで兵士の士気が低下し、民意が離れて孤立を深めていくことも考えられます。最終的にはプーチンが自分で命を絶つしかない、ということになるかもしれません」(同)
・・・現実と乖離したすごい見解だ。「1983年9月から1985年迄モスクワ国立大学、1988年9月から1990年迄ソ連邦科学アカデミー「国家と法研究所」に留学」と経歴にあるが。

事実認識が間違っている人は、大手メディアの情報しか読んでいない人が多い。ロシアの軍事面での優勢がはっきりしてきたので、ウクライナ戦争について次第に発信しなくなってきている。

ワクチンでもウクライナ戦争でも真実を見るのに何かが邪魔している。


・・・このジャーナリストは、シリア戦争でも西側メディアと同じことしか言っていなかった。情報価値ゼロ。

2022/5/4、ロシア外務省が日本人63人のロシア入国禁止者リストを発表しています。管理人はこれらの方の言説は読んでいません。例外は、上にある 中村逸郎 筑波大学教授。見事当選です。祝!!
下のリストは後ろの約3分の1、19人だけです。国会議員では志位和夫氏、森裕子氏や阿部知子氏もリストの中ほどに入っていますね。
日本が戦争に巻き込まれそうになった時、志位和夫氏、森裕子氏や阿部知子氏らの言説も大手メディアの洗脳に流されてしまう恐れが大です。真実を把握しようとする言論人や政治家は日本にはいないのか。

ОНО Хирахико
ОфициальныйпредставительМИД,директорДепартаментаинформацииМИД

ИИДЗУКА Хирохито
Президентмедиагруппы≪Санкэй≫

КОНДО Тэцудзи
Исполнительныйдиректор(главныйредактор)медиагруппы≪Санкэй≫,руководительресурса≪Санкэйдиджитал≫

САЙТО Цутому
Руководительтокийскойредакциигазеты≪Санкэй≫,вице-президентиздательства≪Санкэй≫

ЭНДО Рёсукэ
Колумнистгазеты≪Санкэй≫,заместительруководителямеждународнойредакции

ЯМАГУТИ Тосикадзу
Президентмедиахолдинга≪Иомиуригруп≫

ВАТАНАБЭ Цунэо
Исполнительныйдиректор(главныйредактор)≪Иомиуригруп≫

НИНОМИЯ Сэйдзюн
Спортивныйжурналист,руководительинформационногопортала≪Sportscommunications≫

ОКАДА Наотоси
Председательмедиахолдинга≪Никкэй≫

ХАСЭБЭ Цуёси
Президентмедиахолдинга≪Никкэй≫

ИГУТИ Тэцуя
Исполнительныйдиректор(главныйредактор)медиахолдинга≪Никкэй≫

ЮАСА Дзиро
Главныйредакторжурнала≪Сэнтаку≫

КАТО Акихико
Главныйредакторжурнала≪Сюканбунсюн≫

ХАКАМАДА Сигэки
ЧленСоветаповопросамбезопасности(Ампокэн),приглашенныйпрофессоруниверситетовАоямаиНиигата

КАМИЯ Матакэ
ПрофессорНациональнойакадемииобороны

САКУРАДА Дзюн
ПрофессоруниверситетаТоёгакуэн

СУДЗУКИ Кадзуто
ПрофессорТокийскогоуниверситета

ОКАБЭ Ёсихико
ПрофессоруниверситетаКобэгакуин,руководительобществаизученияУкраины

НАКАМУРА Ицуро
ПрофессорУниверситетаЦукуба

上のリストをwww.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

小野 浩彦
外務省報道官、外務省情報局長

飯塚博人
産経メディアグループ社長

近藤哲司
産経メディアグループ常務取締役(編集長)、産経デジタル社主

斎藤 勉
産経新聞社東京編集局長、産経新聞出版社副社長

遠藤亮介
産経新聞コラムニスト、国際ニュースルーム副編集長

山口利一
読売グループ本社社長

渡辺恒雄
常務取締役(編集長) よみうりグループ

二宮清純
スポーツジャーナリスト、スポーツコミュニケーションズ代表

岡田直敏
日経メディアグループ会長

長谷部 剛
日経メディアグループ社長

谷口 哲也
日経メディアグループ執行役員(編集長

遊佐二郎
雑誌「Sentaku」編集長

加藤 昭彦
週刊文春』誌上で編集長を務める。

袴田茂樹
安保理理事(アンポケン)、青山学院大学・新潟大学客員教授

KAMIA MATAKE
防衛大学校教授

櫻田 淳
豊 学 園 大 学 教 授

鈴木一登
東京大学教授

岡部好彦
神戸学院大学教授、ウクライナ研究会代表

中村逸郎
筑波大学教授





posted by ZUKUNASHI at 22:09| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。