ザポリージャ原子力発電所で3月4日未明火災が発生: ずくなしの冷や水

2022年03月06日

ザポリージャ原子力発電所で3月4日未明火災が発生

ウクライナのザポリージャ原子力発電所で3月4日未明、火災が発生したとの情報があります。ロシア軍の攻撃によるとの見方が出ているそうですが、この原発は何年も前からトラブル続きなのです。

この上流にダムがあり、それが破壊されると原発のサイトに浸水します。ウクライナ人が必要ならダムを破壊すると述べていたことがあります。

管理人は個人的には、ロシアの管理下になれば、安全面ではプラスだろうと考えています。

ウクライナの核兵器計画が、ザポリージャ原発で発見されたとの情報が出ました。そういう背景があったのですね。


2014年12月30日
ウクライナ ザポロジェ原発で緊急停止 11月末に続き2回目 注意を要するかも

2014年12月31日
ウクライナ ザポロジェ原発から放射能漏れか

04.03.2022, Moscow.
Russian Defense Ministry explains the purpose of the failed provocation by the Ukrainian army at the Zaporozhzhye NPP
gor Konashenkov
A quote from the video "Briefing by an official representative of the Russian Ministry of Defense," by the Russian Ministry of Defense ,

The purpose of the Kiev regime’s provocation at the Zaporozhzhye nuclear power plant is an attempt to blame Russia for an environmental disaster, Russian Defense Ministry spokesman Igor Konashenkov said on March 4, RIA Novosti reported.

“The aim of the Kiev regime’s provocation at the nuclear facility is an attempt to accuse Russia of creating a hotbed of radioactive contamination,” he said.

The Defense Ministry spokesman pointed out that such actions could indicate a criminal plot by the Kiev regime or Ukrainian President Vladimir Zelensky’s loss of control over the actions of Ukrainian saboteurs involving foreign mercenaries.

Konoshenkov said that on Friday night, a mobile National Guard of Russia patrol was attacked with small arms in the area adjacent to the Zaporozhzhye nuclear power plant.

After returning fire at the location of the Ukrainian sabotage group, it set fire to the building of a training complex located outside the nuclear power plant.

Source: Rossa Primavera News Agency

posted by ZUKUNASHI at 19:51| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。