アフガニスタン 2: ずくなしの冷や水

2022年06月29日

アフガニスタン 2





アフガニスタンで大来な地震があり、死傷者が多数出ています。



Situation in Afghanistan cannot be allowed to `collapse’, Lavrov says
Russia and China have been sending messages to the Taliban emphasizing the need to form an inclusive government
DUSHANBE, May 13. /TASS/. The situation in Afghanistan cannot be allowed to collapse, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said at a news conference in Dushanbe.

"The situation [in Afghanistan] cannot be allowed to collapse again, as this would be too hard for the Afghan people, who have suffered from the presence of NATO for 20 years," Lavrov said after a meeting of the CIS Council of Foreign Ministers.

Lavrov urged the international community to pay more attention to the mobilization of humanitarian aid and other assistance for Afghanistan, saying the US and its allies should bear the greater burden of expenditure on reconstruction of Afghanistan.

Commenting on the escalation in the Panjshir province, the foreign minister said Russia had always called for the situation in Afghanistan to be settled through nationwide dialogue.

Russia and China have been sending messages to the Taliban (outlawed in Russia) emphasizing the need to form an inclusive government. "We expect our allies in Tajikistan who have a major influence on Afghanistan, especially on northern Afghanistan, to continue helping us attain joint goals," Lavrov concluded.

The Taliban was designated a terrorist organization, according to a ruling of Russia's Supreme Court on February 14, 2003.



Statement condemning killing of 8 polio health workers in Afghanistan



共同2022/2/12
米、凍結資産でアフガン支援へ 国内8千億円の半分活用
 【ワシントン、イスラマバード共同】バイデン米大統領は11日、米国内の金融機関にあるアフガニスタン中央銀行の凍結された資産計約70億ドル(約8千億円)を、ニューヨーク連邦準備銀行の口座に集めるための大統領令に署名した。米政府はうち35億ドルを活用し、アフガン人道支援を行う方針を示した。
 アフガンで暫定政権を樹立したイスラム主義組織タリバンの政治部門の報道官は、米国がアフガンの資産を「盗んだ」とツイッターに投稿。「(米の)人間性と道徳性が最低レベルであることを示している」と批判した。

次は少し込み入った話です。アルジャジーラに勤めアフガンで勤務していたNZの女性がカタールにあるアルジャジーラの本社に退避した後妊娠していることを知り、カタールの法律で違法とされる前にNZに帰国しようとしたら、NZの衛生当局から検疫の履歴がないことを理由に入国を拒否され、アフガニスタンで出産しようとタリバンに受け入れを打診したら、OKが出たということです。
タリバンは、女性の権利などを抑圧していると西側から非難されていますが、実のところは違う面もあるということを示しています。
Pregnant woman denied re-entry to New Zealand offered refuge by Taliban
WELLINGTON - A pregnant New Zealand journalist denied re-entry to her home country to give birth due to strict Covid-19 regulations said she has been offered refuge by the Afghan Taliban.

"This just feels like such a breach of trust," Charlotte Bellis told Radio New Zealand on Sunday from Kabul.

Bellis had been working for Al Jazeera in Afghanistan, but said she didn't realize she was pregnant until she was at the media company's headquarters in Doha, Qatar.

It is illegal to be pregnant and unmarried in Qatar, so Bellis kept her pregnancy secret as she prepared to return to New Zealand.

Upon being told she did not qualify for an exemption under New Zealand's strict Covid border controls, Bellis said she called senior Taliban contacts and was told she could give birth there.

"We're happy for you, you can come and you won't have a problem," Bellis said in an interview about what the Taliban had told her.

They also said, "Don't worry. Everything will be fine," she told the New Zealand Herald

"In my time of need, the New Zealand government said you're not welcome here.

"When the Taliban offers you –- a pregnant, unmarried woman –- safe haven, you know your situation is messed up."

Bellis, who once questioned the Taliban about what they would do to ensure the rights of women and girls, said it was "brutally ironic" she was now asking the same question of her own government.

After going public with her situation, and involving lawyers, Bellis said she had been contacted by New Zealand officials who said her rejected application was under review.

The government's Covid Response Minister Chris Hipkins said in a statement that he had asked officials to check whether the proper procedures had been followed in Bellis' case, "which appeared at first sight to warrant further explanation".

Faced with an outbreak of the Omicron variant, New Zealand recently scrapped plans to ease entry for returning nationals and instead closed its borders -- except for emergency cases -- to anyone without an existing quarantine booking.


ウェリントン - ニュージーランドの妊娠中のジャーナリストが、厳しいCovid-19の規制により、出産のための母国への再入国を拒否され、アフガニスタンのタリバンに避難を申し出ていると述べた。

「シャーロット・ベリスは、日曜日にカブールからラジオ・ニュージーランドに語った。「これは信頼に対する背信のように感じる。

ベリスはアフガニスタンでアルジャジーラのために働いていたが、カタールのドーハにあるメディア企業の本社に行くまで妊娠していることに気づかなかったという。

カタールでは未婚で妊娠していることは違法なので、ベリスは妊娠を秘密にしたままニュージーランドに帰国する準備をした。

ニュージーランドの厳しい国境管理の下で免除を受ける資格がないと言われたベリスは、タリバンの高官と連絡を取り、そこで出産してもよいと言われたという。

「ベリスはインタビューで、タリバンが彼女に言ったことについて、「私たちはあなたのために喜んでいる、あなたは問題なく来ることができる。

彼らはまた、「心配しないで。すべてうまくいくから」とも言われたそうです。

"私が困っているときに、ニュージーランド政府は、あなたは歓迎されないと言った。

「タリバンが妊娠中の未婚の女性であるあなたに安全な避難場所を提供するとき、あなたは自分の状況がめちゃくちゃであることを知るのです。

ベリスは、かつてタリバンに、女性と少女の権利を保障するために何をするのかと質問したことがあるが、今自分の政府に同じ質問をするのは「残酷なほど皮肉なことだ」と言った。

自分の状況を公表し、弁護士を介入させた後、ベリスはニュージーランド当局から連絡を受け、却下された申請は審査中であると言われたという。

政府のコビド対応担当大臣クリス・ヒプキンスは声明の中で、ベリスのケースについて「一見、さらなる説明が必要と思われる」適切な手続きが取られていたかどうかを確認するよう当局者に依頼したと述べた。

オミクロン種の発生に直面したニュージーランドは最近、帰国者の入国を緩和する計画を中止し、代わりに緊急事態を除いて、既存の検疫予約のない人には国境を閉ざした。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



‘I Believed in the U.S. But That Turned Out to Be Such a Big Mistake’
An Afghan journalist in hiding in Kabul talks about what it’s like in the capital city as the Taliban seize control.
On Sunday, as the Taliban moved into the capital city of Kabul with stunning speed, President Ashraf Ghani fled the country − a sign the Afghanistan government is on the verge of complete collapse. Nearly 20 years after the U.S. invaded Afghanistan in the wake of Sept. 11, the State Department is burning classified documents and scrambling to evacuate embassy employees. The Kabul airport is reportedly under attack.

We reached an Afghan journalist who has worked with American media outlets. Now in hiding with his family, the journalist, who asked not to be identified to protect his safety, described a city where fearful citizens are both shocked by the sudden turn of events − and bitterly disappointed by the Biden administration’s decision to pull out of Afghanistan.

There’s a lot of panic and fear in the city. There is a curfew, so it’s completely empty and quiet in the streets of Kabul right now.

So many journalists are calling me. I’m scared for their lives. It’s the worst night of my life for me and thousands of others.

It turned out to be against the expectations of everybody. We thought the Americans would not ditch us, which seems to be the case right now.

We could never have imagined and believed that this would happen. We could never imagine we could be betrayed so badly by the U.S. The feeling of betrayal… I dedicated my life to the [American] values.

There was a lot of promise, a lot of assurance. A lot of talk about values, a lot of talk about progress, about rights, about women’s rights, about freedom, about democracy. That all turned out to be hollow.

Had I known that this commitment was temporary, I wouldn't have risked my life. I could have left Kabul or stayed and not [pushed for freedom of the press in Afghanistan] at all. I would've had the freedom to go anywhere in Afghanistan. But right now, I'm just talking to you from hiding. This is the first time I'm experiencing this in my life.

I’m trying to find a way to leave. I’ve probably got like a big target on my back. If I said “I'm not scared,” I would be lying.

People here are shocked [by the U.S. pulling out of Afghanistan]. They never could imagine they would do this. If they abandon us, probably thousands of people would be killed. And you know no longer would the U.S. have the moral authority to go places to say, “We believe in human rights. We fight for human rights and democracy.”

I don't care if it's the Trump administration or the Biden administration. I believed in the U.S. But that turned out to be such a big mistake in my opinion.

[When the U.S. first invaded Afghanistan], there was a lot of hope.

I want the American lawmakers to know it’s not good to ditch your allies. This was the most irresponsible act, ever. It’s just like taking us and putting us before wolves.

The U.S. needs to be robust in terms of their actions. They need to be consistent and vigorous and say to the Taliban, ‘You cannot kill people.’ It needs to be communicated in a very vigorous and serious manner.

Would sending more U.S. troops help? Of course, it helps. I was really shocked when I heard the Taliban was in town. That was not part of the agreement.

Afghan journalists are able to broadcast, but not as much as they normally do. Many media outlets were out; even now, not all of them work. People have run to their houses, they’re staying in their houses.

I’ve left my destiny to the Almighty. Because I can no longer trust anybody.

n 日曜日、タリバンが首都カブールに驚くべき速さで進攻する中、アシュラフ・ガーニ大統領は国外に逃亡した-アフガニスタン政府が完全に崩壊する寸前であることを示している。米国が9月11日にアフガニスタンに侵攻してから約20年、国務省は機密文書を燃やし、大使館員を避難させるために奔走している。カブール空港は攻撃を受けていると伝えられている。

アメリカのメディアと仕事をしていたアフガニスタンのジャーナリストと連絡を取りました。現在、家族とともに身を潜めているこのジャーナリストは、身の安全を守るため匿名を条件に、恐怖に怯える市民が突然の出来事にショックを受け、バイデン政権のアフガニスタン撤退の決定に激しく落胆している街の様子を語ってくれました。

街はパニックと恐怖に包まれている。夜間外出禁止令が出ているので、今、カブールの街には誰もおらず、静かなものです。

多くのジャーナリストが私に電話をかけてきている。私は彼らの命が心配だ。私にとっても、他の何千人もの人々にとっても、人生最悪の夜だ。

皆の予想に反してしまった。アメリカ人は我々を見捨てないだろうと考えていたが、今まさにそのような状況になっているようだ。

このようなことが起こるとは想像もできず、信じていなかった。アメリカからこれほどまでに裏切られるとは想像もできなかった。裏切られたという感覚...私は自分の人生を(アメリカの)価値観に捧げてきた。

多くの約束があり、多くの保証があった。価値観について、進歩について、権利について、女性の権利について、自由について、民主主義について、たくさんの話があった。しかし、それはすべて空虚なものであることが判明しました。

この約束が一時的なものだと知っていたら、私は命を危険にさらすことはなかったでしょう。カブールを離れることも、そのまま留まり、アフガニスタンでの報道の自由を主張することもなかったでしょう。アフガニスタンのどこにでも行く自由があったはずだ。でも今は、隠れて話しているだけです。こんな経験は人生で初めてです。

どうしたら帰れるか考えている。多分、背中に大きな標的があるようなものだ。怖くない」と言ったら嘘になる。

ここの人たちは(米国がアフガニスタンから撤退したことに)ショックを受けている。まさかこんなことになるとは思ってもみなかったのだろう。もし私たちを見捨てたら、おそらく何千人もの人が殺されるでしょう。そして、もはやアメリカには、「我々は人権を信じている」と言えるような道徳的権威はないだろう。我々は人権と民主主義のために戦う"

トランプ政権だろうが、バイデン政権だろうが関係ない。私は米国を信じていました。しかし、それは私の考えでは、それほど大きな間違いであることがわかりました。

[米国が初めてアフガニスタンに侵攻したとき)多くの希望があった。

アメリカの国会議員には、同盟国を見捨てるのは良くないと知ってほしい。これは最も無責任な行為だ。私たちを連れて行き、狼の前に置くようなものだ。

米国は、その行動において強固である必要がある。一貫した強い態度で、タリバンに『人を殺してはいけない』と言う必要がある。それは非常に勢いのある、真剣な方法で伝える必要がある。

米軍をさらに派遣することは有効ですか?もちろん、助けになる。タリバンが街にいると聞いたときは、本当にショックだった。あれは合意事項ではなかったのです。

アフガニスタンのジャーナリストは放送をすることができますが、通常の放送ほどはできません。多くのメディアが停止していました。今でも、すべてのメディアが機能しているわけではありません。人々は自分の家に逃げ込み、家にこもっている。

自分の運命を全能の神にゆだねたのだ。なぜなら、もう誰も信用できないからです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
'Surprise move': U.S. stunned by Poland's fighter jet offer
Trump plane made emergency landing after weekend speech to GOP donors
House Dems clear $1.5T spending deal after stripping Covid aid
MAGA-world fails to flock to Truth Social
RonJohn, the GOP thorn who might grow McConnell a majority


posted by ZUKUNASHI at 14:42| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。