大阪は構造的な問題がありそうだ 新規感染者で大阪が突出: ずくなしの冷や水

2021年10月18日

大阪は構造的な問題がありそうだ 新規感染者で大阪が突出

全国的に感染者数が減少する中、大阪が患者数などで突出しています。異常な事態が続いています。維新の政治家がいくら大口を叩いていても足元は、きわめて危ういです。2021/10/5時点

これは累積値ではありません。現在の姿です。
真っ先に疎開すべきは大阪ではないでしょうか。

いくら弁護士だといっても、イソジン事件を引き起こすようでは、保健衛生についての基本的知識が欠けている。

大阪の人は口論で勝つ人が偉い人と思っているようですが、そういう論駁だけに長けた人は行政の長には向かない。


2021/10/14の新規感染者で大阪が突出しています。


10/17の10万人当たり現在患者数

大阪や沖縄の用務は、できればオンラインで済ませたほうが良いです。観光?! 勇気ありますね。

上のグラフで青森が他県よりも高くなっていますが、次のように早くもリバウンドが生じている恐れがあります。


北海道も沖縄も構造的な問題があります。
2021年10月13日
北海道、札幌の市民はこのまま耐えるつもりですか

2021年09月16日
沖縄で感染者が多いのはそれなりの理由がある
posted by ZUKUNASHI at 10:54| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。