なぜフランスから英国を目指す? 聞くとみるとではまるで違うが: ずくなしの冷や水

2021年10月13日

なぜフランスから英国を目指す? 聞くとみるとではまるで違うが



金曜日、フランスの警察官たちは、イギリス海峡を渡るために数十人の移民たちがディンギーに乗り込むのを見守っていました。

しかし今回は、真夜中に行われることが多い同様の試みとは異なり、真っ昼間に渡りました。

フランス北部のアンブルテューズ村近くの海岸で、8人のフランス人警察官が見守る中、イラクのクルド人とされる移民たちは、まず大型のディンギーを海に運び、乗り込んだとSkyは報じた。

Skyのチームは、通行人とともに、3人の小さな子供を含む約40人の移民が必死に英国を目指す姿を目撃しました。

Skyによると、暴動用の盾とヘルメットをかぶった8人のフランス警察官が約100メートル離れた場所から見ていたが、関与しなかったという。彼らは後にSkyに、反応しなかった理由を「多勢に無勢だったから」と語った。

その約30分前には、さらに多くの移民を乗せたボートが、警察の監視下で同じビーチを出発した。

一人の男性がSkyに語ったところによると、2,000ポンド(2,722米ドル)を払ってベラルーシを経由し、ポーランド、ドイツを経てフランスまでEUに行くための旅をしていたとのことです。

海では他にもボートが目撃されており、その中には200ユーロ(231米ドル)のカヌーがあり、スーダンから来たという男性が操縦していました。

彼らは救命胴衣も着用しておらず、旅はさらに危険なものとなっています。

フランスの沿岸警備隊がSky Newsに語ったところによると、フランスの海岸線では移民を救出するための複数の活動が行われており、金曜日には少なくとも20隻のボートが海峡を渡ろうとしていたとのことです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:12| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
時代遅れの特攻自衛隊の改造軽空母「いずも」に米軍のF-35Bがきましたテストをしています。軽空母いずもは、中国のマッハ20の対艦弾道ミサイル1発で海のもくずになりますね。中露軍の同盟化により敵艦の動きは、中国軍にすぐに伝わります。ロシア軍の偵察、監視能力は凄いですよ。ロシア海軍のヤーセン攻撃型原子力潜水艦から極超音速ミサイル「ツイルコン」の水中発射試験は、見事に成功しました、来年から極超音速ミサイル「ツイルコン」の量産が始まります。特攻自衛隊は、なぜ国民の税金でガラクタ兵器をつくるのでしょうか?特攻自衛隊 破滅 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2021年10月06日 11:01
米軍は、グアムにある空軍基地を守るためにガラクタ玩具の兵器パトリオットの配備をやめて、イスラエルから買ったアイアンドーム防空システムを配備することに決めました。パトリオットでは、無人機とドローンと巡航ミサイルの攻撃に対応できません。米軍は、まだまともですね。日本は、大金で買ったパトリオットを使い続けますね、最後は狂って精神力で敵の攻撃を打ち落とすと言うでしょう。日本は、方向転換ができません、お猿さんの国です。特攻自衛隊は、無敵です。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2021年10月10日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。