兵庫県では7月中旬時点で累計感染者の100人に3人が亡くなっていた: ずくなしの冷や水

2021年09月25日

兵庫県では7月中旬時点で累計感染者の100人に3人が亡くなっていた

2021年に入ってからの各日時点の累積感染者数に対する累積死亡者数の割合です。感染者致死率になります。
一都三県


東京都神奈川を大阪と兵庫に置き換えます。


兵庫の致死率が大きいですが、2021年の年初来の推移はどうでしょう。


7月中旬時点で累計感染者の100人に3人が亡くなっていました。

最近時点の世界各国の感染者致死率。7月中旬時点で兵庫県は感染爆発を経たインドネシア並みの致死率だったのです。


台湾や中国も高いです。感染初期に感染者がばたばたと亡くなった。それで強力なロックダウンや仮設病院を建設して対処した。その後の感染者の発生が抑えられたので今でも致死率は高いままですが、中国の当局はよくやったと言えます。

東京都の感染者数はオリンピックのインパクトで爆発的増加を見せました。人々の気持ちが緩むとこれほどに急増するのだと思い知らされましたが、感染者の急増で現在の致死率は0.01を大きく下回っています。


これまでの推移をみると、死亡数はじわりじわりと増えてきます。この先致死率はまずは0.01を目指して上がってくるでしょう。

それは感染歴のある人の中からコロナが原因で亡くなる人が続くということです。
posted by ZUKUNASHI at 18:33| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。