シリアの今: ずくなしの冷や水

2021年10月28日

シリアの今











イドリブのコロナ感染者病棟



戦争が始まる前、私の人生はボールガウン、パーティー、そして夕日でいっぱいでした。私は美しい人生を送りました。しかし、時間が厳しいとき、あなたはあなたの本当の友達が誰であるかを学ぶようになります。


・・・アルコール飲料らしきものが見えます。イスラム教徒だけとは限らないし、麻薬を使うのに比べれば健全です。ロシア兵ではないですね。シリア軍兵士でしょうか。


イスラエルの空爆、シリアはロシアの防空システムで迎撃
現地時間で8日夜にイスラエル空軍がシリアの首都ダマスカス郊外に空爆を実施した軍事行為で、シリア軍はロシア製の対空防御システム「パーンツィリ-S(鎧)」を運用し、発射されたミサイル12発のうち、8発の撃墜に成功した。シリア各派和解調整センターで副所長を務めるヴァジム・クリチ少将がブリーフィングで明らかにした。
イスラエル空軍は8日、ヨルダンとの国境に米軍が置くアルタンフ基地の方角からシリア領空を侵犯し、首都ダマスカス郊外にあるティーヤース空軍基地に空爆を行った。
国防軍は12発のうち8発の撃墜に成功した。ただし、ミサイルの一部は着弾し、これによりシリア兵6人が負傷したほか、施設の一部が破壊された。
ティーヤース空軍基地はホムズ県にあり、これまでもイスラエル空軍による空爆の対象となってきた。
イスラエル側はこの空軍基地内に親イラン勢力が活動していることを口実に攻撃を正当化してきた。ただし、この親イラン勢力はシリアでテロ組織「ダーイシュ」(イスラム国、ISIS)の撲滅作戦に参加している。

反米サドル師派が第1勢力を維持
イラク総選挙、連立交渉へ
【バグダッド共同】イラクの国営通信は11日、国会(定数329)総選挙の暫定開票結果として反米強硬のイスラム教シーア派指導者サドル師派が73議席を獲得、第1勢力を維持したと伝えた。新政権発足に向け、サドル師派が首相選出などの主導権を握る。単独過半数には至らず、連立交渉の進展が次の焦点となる。

 サドル師は2003年のイラク戦争でフセイン政権が崩壊した後、民兵組織を率いて駐留米軍と武力闘争を展開した。過激派組織「イスラム国」(IS)掃討で駐留していた米軍の戦闘任務終了が今年12月に迫る中、完全撤退を求める声が強まる可能性がある。


Bellingcat funded by US and UK intelligence contractors that aided extremists in Syria
Kit Klarenberg・October 9, 2021
Supposedly “independent” website Bellingcat raked in money from scandal-ridden Western intelligence firms that wreaked havoc – and reaped massive profits – in Syria.

Since its launch in July 2014, the self-styled open-source investigations website Bellingcat has cemented itself as a darling of mainstream Western media, with its dives into alleged Syrian government chemical weapon attacks and Russian intelligence operations showered with praise, puff pieces, and glitzy awards.

While vehemently insisting that it is independent of government influence, Bellingcat is funded by both the US government’s National Endowment for Democracy and the European Union. CIA officials have declared their “love” for Bellingcat, and there are unambiguous signs that the outlet has partnered closely with London and Washington to further the pair’s imperial objectives.

Now that the media consortium has obtained access to high-tech satellites capable of capturing 50cm resolution imagery of any place on Earth, it is time to place these connections under the microscope.

To explore the relationship between Bellingcat and centers of imperial power, look no further than its officially published financial accounts from 2019 to 2020. According to these records, Bellingcat has accepted enormous sums from Western intelligence contractors.

These war-profiteering firms have in turn provided direct support to Al Qaeda-allied jihadist groups in Syria – the same elements that have provided Bellingcat with “evidence” to convict Damascus in absentia on all manner of dubious charges.





posted by ZUKUNASHI at 10:20| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。