1/3の死者においてワクチンとの因果関係を確認: ずくなしの冷や水

2021年09月23日

1/3の死者においてワクチンとの因果関係を確認



COVID19ワクチン接種後に死亡した8名の検死結果は、20.09.20(月)にロイトリンゲンの病理学研究所で発表されます。微細な組織分析は病理学者のArne Burkhardt教授とWalter Lang教授によって行われました。この調査結果は、ピーター・シルマッハー教授が解剖したCOVID19ワクチン接種後2週間以内に死亡した40体以上の死体のうち、約3分の1がワクチン接種との因果関係で死亡していたことを裏付けるものです。記者会見では、組織の変化を微視的に確認することができます。Werner Bergholz教授は、予防接種イベントの統計的記録の現在のパラメータについて報告します。

今回の記者会見では、オーストリアの研究グループによるCOVID-19ワクチンサンプルの分析結果も発表され、日本と米国の研究者の調査結果と一致しています。ワクチンに未申告の金属含有成分が含まれていた。視覚的には、ワクチンエレメントはその特異な形状で目を引きます。

調査の結果、COVID-19ワクチンが住民にもたらす健康上のリスクを評価できるように、当局が直ちに情報を収集することを求めるなど、法的・政治的な要求が出されています。例えば、ワクチンを接種した人の受胎能力が低下していることを示す早期のシグナルは、IVF登録を調べることで確認できます。癌登録を通じて、ウイルスRNAの遺伝子改変による癌の発症についての知識を得ることができます。COVID-19の予防接種の中止を検討すべきである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。