もうコロナは亡くならない病気にできる IVMは大学病院が先行して使用していたらしい: ずくなしの冷や水

2021年09月24日

もうコロナは亡くならない病気にできる IVMは大学病院が先行して使用していたらしい



インドの感染者数と死亡者数。感染者のピークが5/8、死亡者のピークが5/23。2週間後。さらにその3週間後にもう一回死亡者のピークが来ています。



イベルメクチンの効果が出ている注目のインドネシア。新規感染者数でロシア、ベトナム、日本を下回りました。インドネシアの人口は日本の倍です。


管理人は、特定の治療法を勧めることはできませんが、これらのデータを見ると、尾身が「これまでは軽症者に対する治療もなかったので、具合は悪くてもすぐに検査をするというインセンティブはなかった」というのは、嘘です。

新進気鋭の若い医師が治療法を編み出してきました。臨床現場では昨年秋からイベルメクチンなどを使って治療しています。少なくともこの1年弱については軽症者に対する治療がなかったとは言えない。こういう人をいつまでも公職につけておいてはいけない。

感染者を減らせば死ぬ人は少なくなるのです。インドやインドネシアは抗ウィルス薬の普及を図ってこれを実現しました。

日本では、抗ウィルス薬の個人輸入が激増しています。国民の政府当局に対する不信任表明です。

そのような対応の余地のある人は、手を打ったらよいと思います。

抗ウィルス薬のイベルメクチンは、感染初期でないと効果がありません。ですが、軽度の症状も短期で消える例が多いのです。

インド産の薬の個人輸入?と鼻で笑っている人には笑わせておいたらよいです。日本で使っているワクチンは異物混入品ですよ。

ただ、抗ウィルス薬も過信は禁物。予防的にイベルメクチンを服用していた人が新コロナに感染した例やイベルメクチンの(おそらくは過度の)服用で障害の出た人もいるようです。

抗ウィルス薬を予防的に服用していても感染力の強いデルタ株に濃厚曝露すれば感染することもあるでしょう。FLCCCのプルロトコールは欧米人を基準に作られていて日本人には用量が多すぎるのではないかと声もあります。

抗ウィルス薬にしてもワクチンにしてもそれだけで重症化しなくなるとか、死ぬことはなくなるなどということはありません。そんなのは薬の常識でしょう。

管理人は、いろいろ情報を得て自分向けの処方箋を用意しましたが、それを実行するときも細心の注意が必要だと考えています。具合が悪い時に情報を収集するのも大変でしょうから、あらかじめ作ったのです。予定した薬は、大体揃いました。いずれも感染初期、軽症時に勝負に出るためのものです。

・・・・

早い時期にイベルメクチンの不足が伝えられました。フサンも一時入手困難とされました。本格的に使うために大量に仕入れていたところがあったんですね。

posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。