英米はテロリストの扱いに手を焼くことになる可能性: ずくなしの冷や水

2021年08月31日

英米はテロリストの扱いに手を焼くことになる可能性


Coalition Plans To Expand Giant ISIS Prison In Syria

The UK-funded effort signals no answer in sight to the thousands of foreign and Syrian detainees.
AT A COALITION MILITARY BASE IN NORTHEAST SYRIA − The U.S.-led anti-ISIS coalition is funding a dramatic expansion of a large detention facility in northeastern Syria, a move that may reduce the chance of breakouts but which signals that no better way is in sight to deal with captured foreign and local militants.

The effort will double in size the current facility at Hasakah, a series of three converted school buildings that holds roughly 5,000 prisoners, according to British Army Maj. Gen. Kevin Copsey, the coalition’s deputy commander for strategy.

The makeshift prisons are operated by America’s Kurdish partners, the coalition-backed Syrian Democratic Forces, or SDF. The international coalition has over the years offered funding and support to harden their security. A British Ministry of Defense spokesperson confirmed that the U.K. is funding the Hasakah effort, which Copsey called “quite a significant expansion.” Once completed, the now-crowded and crumbling facility will meet Red Cross standards, Copsey said.

Military officials have warned since the fall of ISIS’s territorial caliphate in 2017 that the SDF would not be able to maintain the prisons indefinitely, and that experienced fighters could break out from the ramshackle facilities and return to the battlefield. But the coalition appears to have no better solution than to shore up Hasakah, which is overcrowded and effectively run by inmates internally.

“We acknowledge that ISIS primarily in this region are sent to that institution,” Copsey said.

以下は機械翻訳のまま
米国主導の反IS連合は、シリア北東部の大規模な収容施設の拡張に資金を提供しています。これは、脱走の可能性を減少させるかもしれませんが、捕虜となった外国人や地元の過激派を処理するためのより良い方法がないことを示しています。

連合軍の戦略担当副司令官である英国陸軍のケビン・コプシー准将によると、ハサカの現在の施設は、学校の校舎を改造した3つの建物で構成されており、約5,000人の囚人を収容しており、その規模は2倍になるという。

その場しのぎの刑務所は、アメリカのクルド人パートナーである、連合が支援するシリア民主軍(SDF)によって運営されています。国際連合は長年にわたり、彼らのセキュリティを強化するために資金と支援を提供してきました。英国国防省の報道官は、英国がハサカでの活動に資金を提供していることを認めており、コプシーはこれを「かなり重要な拡張」と呼んでいます。この施設が完成すれば、赤十字社の基準を満たすことになると、コプシーは言います。

軍関係者は、2017年にISISのカリフ制領土が崩壊して以来、自衛隊が刑務所をいつまでも維持できるわけではなく、経験豊富な戦闘員が粗末な施設から脱走して戦場に戻ってくる可能性があると警告してきた。しかし、連合には、過密状態で事実上内部で受刑者が運営しているハサカを補強する以上の解決策はないようだ。

「我々は、この地域のISISが主にその施設に送られていることを認めています」とコプシーは言う。
posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。