ワクチンは感染を防がない 集団免疫の概念破綻: ずくなしの冷や水

2021年08月28日

ワクチンは感染を防がない 集団免疫の概念破綻


Delta variant renders herd immunity from Covid ‘mythical’
Head of Oxford Vaccine Group rules out overall immunity, but also questions need for booster jabs
Reaching herd immunity is “not a possibility” with the current Delta variant, the head of the Oxford Vaccine Group has said.

Giving evidence to MPs on Tuesday, Prof Sir Andrew Pollard said the fact that vaccines did not stop the spread of Covid meant reaching the threshold for overall immunity in the population was “mythical”.

“The problem with this virus is [it is] not measles. If 95% of people were vaccinated against measles, the virus cannot transmit in the population,” he told the all-party parliamentary group (APPG) on coronavirus.

“The Delta variant will still infect people who have been vaccinated. And that does mean that anyone who’s still unvaccinated at some point will meet the virus … and we don’t have anything that will [completely] stop that transmission.”
Advertisement

Although the existing vaccines are very effective at preventing serious Covid illness and death, they do not stop a fully vaccinated person from being infected by the virus that causes Covid-19.




オックスフォード・ワクチン・グループの責任者ポラード教授の発言は、コロナウイルスに関する全党議会グループ(APPG)の会合でなされたものです。ワクチンは感染を防ぐことはできない、そのためワクチンによっては集団免疫は達成されない、と述べています。ワクチンは重症化や死亡を防ぐうえで非常に有用だとも述べており、「ブースターが必要になるのは、ワクチンを接種した人の間で入院やその次の段階である死亡が増加したという証拠がある場合です。今のところ、そのようなことはありません」とも述べています。








香港―社会
専門家、集団免疫の概念破綻と指摘
香港大学感染及伝染病中心の何栢良・総監はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の集団免疫の概念を否定した。8月26日の香港メディアによると、何氏は「ウイルスが急速に変異種となるにつれてワクチン接種率が高い地域でもウイルス伝播と大規模な集団感染の状況が現れている。このため集団免疫の概念はすでに破綻している」と指摘し、今は全市民のワクチン接種によって感染者が重症化する可能性を低減する必要があると提唱した。初期のころは専門家がウイルスの基本的繁殖率を基に社会の70%の人がワクチン接種すれば集団免疫を達成できると推計していた。だがウイルスの急速な変異でワクチンの効果に大きな影響が出ていることは事実が証明していると指摘。イスラエル、英国、米国は香港よりもワクチン接種率が高いものの、依然として感染が拡大していることを挙げた。
posted by ZUKUNASHI at 21:33| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。