ファイザーが2020年に日本の保健当局に提出した架空のmRNAワクチンの配布と廃棄を含む動物実験の結果の要約: ずくなしの冷や水

2021年08月03日

ファイザーが2020年に日本の保健当局に提出した架空のmRNAワクチンの配布と廃棄を含む動物実験の結果の要約


この記事の前半のみをGoogleで翻訳

概要

ファイザーが2020年に日本の保健当局に提出した、架空のmRNAワクチンの配布と廃棄を含む動物実験の結果を要約します。この研究が、血液凝固やその他の副作用の深刻なリスクをどのように明確に示しているかを示します。その後の臨床試験でこれらのリスクを監視および評価できなかったため、非常に怠慢なレビューメカニズムと緊急使用許可が組み合わされて、前例のない健康災害が発生することが予想されました。

1はじめにと背景

COVID mRNAワクチンの毒性に関する重要な考慮事項は、他の薬剤と同様に、体内の正確な分布と滞留時間を知ることです。薬物動態の分野で扱われるこれらの問題は、通常、医薬品開発中に注意深く精査されます。初期の薬物動態および毒性試験は動物で実施されます。結果が良好な場合は、少数の人間のボランティアに対して同様の実験が行われます。これらの予備研究が成功裏に終了した後にのみ、問題の薬物またはワクチンが望ましい臨床効果を有するかどうかを決定する実際の臨床研究が承認されます。

いわゆる緊急事態への突入とCOVID-19ワクチンの開発と承認における深刻で体系的な過失のために、それらの薬物動態に関する私たちの知識はやや大雑把です。一般に公開されている詳細な動物実験は、ファイザーワクチンに関するものだけです[1、2]。このデータは、ファイザーが日本の保健当局にワクチンの緊急使用許可を申請する際にその国に寄託した後、一般に知られるようになりました[*]。これらのデータは、特に投与後の体内でのワクチンの生体内分布と代謝に関するものです。完全または適切とはほど遠いものの、この文書には広範囲にわたる影響があります。ファイザーとこのデータを知らされていた当局は、臨床試験が始まる前でさえ、ポストの深刻なリスクを認識すべきだったことを示しています。 -ワクチン接種の有害事象。それにもかかわらず、ファイザー自身の[その後の]臨床試験は、[日本の当局に提出された作業から]すでに明確に強調された臨床リスクのいずれも記録できず、規制当局は適切な監督基準を適用していませんでした。人口に最大の被害をもたらしたのは、この二重の失敗でした。

この研究とその意味を詳細に説明する前に、ファイザーのmRNAワクチンの操作のメカニズムを簡単に調べます。これらの説明はModernaのmRNAワクチンにも当てはまりますが、AstraZenecaとJohnson&Johnsonのワクチンはいくつかの点で異なります。

ファイザーとモダーナのmRNAワクチンは、通常コロナウイルスの表面に見られるSARS-CoV-2スパイクタンパク質をコードする合成メッセンジャーRNA(mRNA)で構成されています。このmRNAは、合成脂質(脂肪に類似した分子)の混合物でコーティングされており、体内での輸送中に保護し、エンドサイトーシスのメカニズムを通じて標的細胞への吸収を促進します。

ワクチンが細胞に入った後、それは最初に膜小胞、細胞膜から分離した小さな泡に囲まれています。その後、この気泡内に酸が蓄積すると、脂質が除去され、mRNAが細胞質ゾル(細胞内液)に放出されます。この放出は、カチオン性脂質ALC-0315によって促進されます(以下を参照)。次に、mRNAはリボソーム(細胞の小タンパク質工場)に結合し、スパイクタンパク質の合成を誘導します。これらのスパイクタンパク質のほとんどは、細胞の外表面に輸送されます。

細胞の外面に到達すると、スパイクはBリンパ球(B細胞)によって認識され、それに対する抗体の産生を開始します[**]。さらに、スパイクタンパク質の一部は、細胞表面に存在するプロテアーゼによって切断され、細胞から放出されます。これが血管内​​腔内で発生した場合、放出されたフラグメント(S1と呼ばれる)が血小板(血小板)に結合してそれらを活性化する可能性があります。このように、スパイクタンパク質は血液凝固を直接促進します。

細胞内で合成される他のタンパク質と同様に、少数の分子が断片化され、その断片は特定の担体タンパク質(HLA-)によって細胞表面[外部]に運ばれます。このメカニズムの目的は、免疫監視を活性化することです。免疫系が「その」[「自己」]として認識しないように見えるタンパク質の断片が現れるとすぐに、そのタンパク質と産生細胞に対して免疫応答が活性化されます。それ。この応答は、細胞傷害性Tリンパ球(CTL、Tキラー細胞)によって媒介されます。

細胞毒性反応を活性化する際に、免疫系は真のウイルス感染とmRNAワクチンの発現を区別しません。スパイクタンパク質フラグメントが[外面]細胞に現れ続ける限り、キラー細胞はその仕事を続けます

ワクチンが血管の内側を覆う細胞(内皮細胞)で発現している場合、免疫攻撃によって引き起こされた血管病変も血液凝固を引き起こします。したがって、ワクチン接種後に血液凝固を引き起こす少なくとも2つの異なる経路があります。
posted by ZUKUNASHI at 15:48| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。